多田富雄著「イタリアの旅から」

アメリカにももって行きながら、読み終えられなかった本。

ここ数週間は、6月の旅行、夏休み、10-11月のオケ来日チケットと心がわらわらとして何も手につかなかったのです。夏休み、海外にいくのはやめておこうということにしたら、なんとなく心の平静をたもてるように。

昨年の梅酒の梅を上げたり、そろそろ味噌甕の蓋を開けなければいけないのですが・・・ちょっと、味噌甕のカビが怖くてまだあけられずグダグダしながらこの本へ。

おもしろく拝読。

いや、こんな風に旅をしてみたい。ゆるりと。いつも、一週間でとんぼ返り。退職したらできるかなぁ?

色々、歴史と地理、その美術に関して言うと、全然ばっちりではないのですが・・・。エッセイの締めが、丁度、おとづれたことのあるタルクイーニアだったので、その不思議な地形、お墓、色々記憶がよみがえってきました。 

ほんと、エトルリア人にうまれてみたかったわぁ。楽天的、享楽的で、でもロジカルで。美しいものがいっぱいございました。

そして、もう一つ、なぜか強くに頭に入ってきたお話は、ボッティチェリの春。実は、パッツィ家の反乱(Wikiですと、「パッツィ家の陰謀」となっています。イタリア語: Congiura dei Pazzi)に関連しているらしいということ。1478年、フィレンツェのパッツィ家(Pazzi)がライバルであるメディチ家当主のロレンツォ・デ・メディチらを暗殺しようとした事件だそうです。ロレンツォは逃れますが、ロレンツォの弟のジュリアーノは殺害されます。この絵は、そのジュリア―ノと、その恋人シモネッタの物語とこの中には書かれています。

他のページをみると、ボッティチェリの「ヴィーナス」も、フィレンツェ一の美女と呼ばれたシモネッタがモデルともありますね。シモネッタさんが亡くなってずっとあとの作品のようですが。

ちなみに、色々なサイトをみると、この後、ロレンツォは、パッツィ家関係者らへの報復は容赦の無いもので、パッツィ家当主をはじめ100人近くが捕らえ、処刑したようです。特に、ジュリアーノを最初に刺したるベルナルド・バンディーニ・バロンチェッリ(Bernardo di Bandino Baroncell)はコンスタンティノーポリまで逃れたものの捕らえられ、フィレンツェに送られて絞首刑にされました。その様子は、ダ・ヴィンチによるバロンチェッリ(イタリア語版)処刑のスケッチ (1479年)が有名のようです。

華やかにみえるようで、パトロンの思いがわかると、ちょっとこわくなったりするような。

フィレンチェというと、ローマの休日♪なんだけどなぁ。しかも、英語読みはフローレンス。いってみたい場所ではあるけれど、こんな事件もあったのですね。

お金持ちって大変。最近一般人でよかったなぁとつくづく思う日々でした。
スポンサーサイト

今村ひとみ著「教育はよくなっているのか?: 現職教師が語る"不都合な真実”」

教育は、未来の子供たちに影響することだから、とても重要な話題だし、課題だと考えます。

貧困家庭、学習障害、目次にあるどの項目も、少なくとも自分の児童だった頃には起こっていたと感じています。当時長時間労働はあったかわかりませんけれども。ようやく、学校の問題が、表に出始めたというのが真実のような気もいたします。

また、教員という観点で現れてくる奥底に、日本の社会の問題の本質が潜んでいるような気がいたしました。ニュースでは、ここまでまとめて目にすることはないので、本のような形で読むのはよいと思いました。

少しずつこうして現場から問題解決しようという声があがるのはいいですね。また提言があるのも。

民間企業に勤めていますが、変えたいと思わないことが怖いと思うわたくしです。

毎週NHKは、朝から、暗い特集。お墓のこと、老人の生活。ボケてしまったら、病気になってしまったら、先の不安ばかり考えて生きていたら、生産的な発想が生まれてこないような気がします。

60才まで毎日必死に働いて、身体も弱って、病気がちな余生。親の介護で、自分の老後の貯蓄が残るかもわからない。子供はいない。いくらためても、いつ死ぬかわからない、恐怖におびえて、必死にお金ためて・・・。っていうなんとなく利己主義を促進するような・・・。社会がそうなれば、その影響を学校もうける。

できれば、60才超えても健康で、できるだけ最期まで自分の生活を支えるような生産をできるような生き方をできないかなぁ・・・と願いますが~。

日本の未来をポジティブに考えるのは楽しいですね。

ブリア サヴァラン著 「美味礼讃」 岩波文庫

最近読んだ本に引用されていたので手に取りました。

岩波文庫、翻訳は1962年くらいなんですかね。もう少し新しいものを買えばよかったでしょうか。

出だしの「本を書くにあたっての経緯」を読むだけで、微笑んでしまう私です。高校時代は、倫理の資料集に出てくる引用書籍を片っ端から読むというわけのわからないことを楽しんでいましたが。しばし忘れていた、あのとき感じた愉快な気分を思い出しました。あの時もう少しまじめに世界史を学んでいれば、もっと違う世界が広がっていたのにね、というのはさておき。長いこと忘れていた世界観です。

サヴァラン氏は、1755-1826年の方らしい。名前は、あのケーキのサヴァランの名前の由来も彼にあるらしいですね。最近、アルコールヒタヒタのケーキをみかけることが少なくなりました。

フランス革命前後にこんなことを書いていたり、ニューヨークをぶらぶらしていた理由はなんなのだろうと、Wiki Pediaをみてみました。「革命末期、自分の首に賞金がかけられたことを知ったブリア=サヴァランは、まずスイスに亡命。後にオランダ、生まれたばかりの東部アメリカへと亡命。アメリカには3年間滞在。その間、フランス語とヴァイオリンの教師としてボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、ハートフォードを渡り歩く。ニューヨークのパーク・シアターでは第一バイオリンを務めたこともある。」とありました。なるほど。そのあと、パリに帰って亡くなる直前、1825年くらいに本著作を書いているようです。

取り扱う内容は、栄養学のようなもの、食材についての説明、健康-もちろん肥満と拒食、歴史、多岐に渡ります。自分の経験に基づく話がはしはしに挿入され、エッセイとしても面白いです。「世間には、生まれつき鋭敏な器官ないし持続的な注意力を持たない人がいる。・・・」なんて書いちゃっているその感覚ももちろん楽しいです。

そして、あとがきを見てびっくり。花森安治さんに勧められて翻訳されていたのですね。普段みていない朝ドラですが、「とと姉ちゃん」だけは、当時夜の再放送を見ておりました。ふぅん、花森氏、こんなのも読まれていたんですね。

池田理代子 「ベルサイユのばら」 11-13

友人が貸してくれました。中学生以来はじめてあったのに、借りるなんて!またすぐあわなきゃ~(笑)。

とりあえず、この11-13巻はエピソード編ということになっているらしく、読みきりの物語です。

11巻エピソード1は・・・少女漫画の歴史的名作『ベルサイユのばら』が連載終了から40年余の時を経て、ついに蘇る! アンドレ、ジェローデル、フェルゼン、アラン…オスカルを巡る人々のその後や、知られざる過去を描いた新作エピソード4編を収録。

12巻エピソード2は・・・約40年の時を経て、再び動き出した「ベルサイユのばら」エピソード編の2冊目となる今巻には、ジェローデルの瞳に映った革命までの日々、そしてオスカル誕生にまつわる秘話を描いた大長編エピソードを収録。

13巻エピソード3は・・・約40年の時を経て、再び動き出した「ベルサイユのばら」エピソード編の3冊目となる今巻には、ファン待望の「オスカル編」「マリー・アントワネット編」の2大長編エピソードを収録。

13巻のオスカル編には、一番目が点になりました。けど、まぁ、わかるようなわからないような。いえ、ネタバレするのでこれ以上は書けませんが。オスカル像がいっきに崩れました。

最後のアントワネット編はブレゲ “No.1160 マリー・アントワネット”にまつわるお話です。そんな時計があったことすら知りませんでしたので大変興味深く拝見いたしました。

これらはみんな池田さんの中で温まっていたのでしょうか。やっぱり、1-9巻をもう一度読みたくなりました。だって、隠れた物語、今なら読めそうですもの。復刻版だの、Kindle版だの、文庫本版だのいろいろあるんですね。ううう。悩みます。

ミュシャ展 @ 新国立美術館

中学生から一度もあっていない友人と再会することになり、ミュシャ展が選ばれました。

めずらしく、展覧会解説が詳しい。
http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/alfons-mucha/
http://www.mucha2017.jp/

スラブ抒情詩、その友人の世界史解説を聞きながらみることができ~、とっても楽しかった。日曜美術館はちゃんとみてからいったんですけれども。ひとりでみていたら、おそらく、大きい!すごい!ミュシャの絵の一番目立つのは女性の姿よね・・・というにとどまっていたかと思うんだけれども。

まず、スラブ語という言語がどう分化したのかというところからはじまります。「スラヴ式典礼の導入」の右上の四人は誰なのか?スラブ語派の国の人々なのだそうです。支配するときに、言語から支配するかどうかということが問題だったのではないかということでした。(Wikiにスラブ語派という項がありましたが、思ったより広範な地域を指すのですね)

また、フス戦争なんて習ったかなぁというかすかな記憶も残っていなかったのですが。世界史ではかなり重要らしいです。キリスト教改革派のフス派(プロテスタントの先駆)のと、それを異端としたカトリック、神聖ローマ帝国の間で戦いだそうです。

これらは、親チェコ派のアメリカ人チャールズ・クレイン(Charles R. Crane 1858-1939)の支援で書かれているそうです。なぜ、アメリカ人?ここはまだ謎なので、そのうち調べてみようと思います。

そのあとは、パリのアールヌーボーの時代。展示が時代順には並んでなかったのですが、サラ・ベルナールのポスターからはじまっていること、ロスチャイルド家がパトロンだった作品があることを知りました。我々が、どこぞの出版社だか、本屋のしおりとして手にしていたミュシャの「四つの花」や「四芸術」はサラ・ベルナールのポスターで成功したあとの作品でした。あんなに、いっぱいコピーが出ていた理由は、リトグラフに版権とかなかったのかな・・・なんて悩んじゃいますけど。ほんと、色彩も、デザイン性の高さも、よいなぁ。

20170507 (1)_mini
ちなみに、この青年は、自画像なんですって。彼、意外とカッコイイ。息子と娘も画中にでてくるんですが、とってもうつくしいです。

そして、プラハの市民会館。いつか、みにいきた~い!あ、ことし、ウィーン→プラハなんていう夏休みにしちゃおうかな。
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク