宮本直美著「コンサートという文化装置」

宮本直美著「コンサートという文化装置

クラシックファン必見。

いやぁ、私って、うんちく苦手なもので。ワインも、音楽も、好きだけど、苦手意識高いんですよね。うんちくおぼえられない。おいしかったり、楽しかったり、感動するだけじゃダメですか?あの各楽章の間に咳をゴホゴホするのもなんか変な感じでしょう(笑)。

本では、19Cくらいからあとを中心に語られています。当時、オペラ、交響曲がどのように演奏されていたかかかれています。今のように交響曲が全部続けて演奏されることはなかったとか。もっと騒がしく聴いていたとか。そもそも、一番よく聞こえるわけでもないボックス席は、聞く場所ではなく、見せる場所だったとか。モーツワルトが神童というのも、ある意味「見世物」的な意味で神童と呼ばれたなんていうお話は、今までの理解をかえてくださいました。バッハの公共強を書いていない理由なんて、てっきりまだ交響曲がないからと思っていたら違いました。皆様、詳しくは、本でご覧ください!

観客が沈黙するようになった理由、交響曲が通しで演奏されるようになった理由、繰り返し聞かれることの意味、教養・ステイタスとしての位置づけへの変化するということを、当時の演目や、パンフレットに記載されている内容や、その他の論文の引用で書かれています。

これから先、ネットワークやコンピュータを通して発されるオーディオや映像の質-いわゆるヴァーチャルリアリティの質が上がった時、何が起こるんでしょうね。舞台とか、存在しうるのでしょうかね。

でも、そうやって変化するのが面白いなと、最近思います。文化遺産とタグをつけても、お金がなければやはり手放さざるを得ないです。その時代にあった位置づけをうみださなければ、ただの荷物になってしまい、最後は捨てざるを得ないのだろうと思います。

歌舞伎も、大衆芸能から、明治時代に高級化されました。繰り返し演じられる古典と、新作と。新作は、繰り返されるうちに、きっと古典になります。私はやっぱり古典が好きです。浄瑠璃の中に(昭和生まれの私から)観る江戸時代理不尽とか、正義とか、それが私には面白いですし。見目麗しかったり、美しい衣装だったりも、楽しいですけどね。一方、新作は、歌舞伎である必要性・・・現代劇ではダメな理由がわからなくて。これから先どうあるべきかなんていうのも、まだまだ楽しみですぅ。
スポンサーサイト

クロワッサン 2017年 4/25 号[創刊40周年 記念特大号2 仏をたずね、京都・奈良へ。

雑誌久々に買いました。ただひとつの対談を読むために買いました。

まだその記事しか読んでませんでしたけど。

音声で聴きたい。

ある意味、書き下ろした方が、二人の息遣いを上手にあらわしているのかもしれません。

マイケル・コウ/ソフィー・コウ著「チョコレートの歴史」

マイケル・コウ/ソフィー・コウ著「チョコレートの歴史」

おもしろいです。

先に読んだ本に比べると、出だしからずいぶん違います。アステカ族のみならず、マヤでのチョコレートの飲まれ方の話がかかれております。そして、ヨーロッパへの伝わり方についていくつか検証されたプロセスがみられます。もうここで読み応えたっぷりです。

でも、やはり、ここでチョコレートは、各時代で、誰にのまれたのか、またどういう栄養学的評価だったのか。17世紀以降、なんだか怪しい栄養学....冷・温・乾・湿だとかいう分類でヨーロッパにおいても物事が語られたこと。しかし、チョコレート/カカオというよりは、砂糖やら、様々な混ぜ物によってできた加工品としての評価なのではないかとか。あるいは、性欲とおおいに関連して語られたこと、その歴史が何度となく繰り返されたことなどが歴史を追って、また場所を移動しながら描かれています。17世紀、フランス人がすでに砂糖菓子をたくさん食べて肥満気味だったこと、マリーアントワネットは実は質素な食生活を送っていただろうことなども中に出てきますよ。

さらに最後の方は、ミルクチョコレートはイギリス人の発明ですが、スイスで作られるようになったこと、ハーシーズの始まりという流れもなかなか楽しいですね。

チョコレートひとつで、これだけ色々語れるんだなぁと、しみじみ。まだまだチョコレートを違う観点で語れそうな気がしますけど、他の本もさがしてみようかしら。

サラ・モス、アレクサンダー・バデノック著「チョコレートの歴史物語」

さきほど、Amazonをみたら、あまり評価が良くないですね。確かに妙に細かいところと、かなり雑な感じがするところと。共著に関係あるのかはわからないです。

自分としては、知らなかったことなので、素直に面白かったです。割と新しい本で、新しいフェアトレードに言及しているなんていうのもメッセージを感じました。

なにより、西洋におけるチョコレートを楽しむ人々の絵画や、パッケージの写真。美しくて楽しいです。

先日ジャガイモが南米からヨーロッパへ広がったのを本で読んだばかり。カカオも南米なんですね。たしかに、カカオはヨーロッパでとれるイメージないですし、考えるまでもなく外から入ってきたものなんでしょうけれど。

17cくらいから、スペインに入ってきて、18cくらいに広がっていきます。その間も、飲むという行為から、固形のチョコレートへの変化。高級なチョコレートとしてヨーロッパの広い範囲、国々で楽しまれます。ようやく19cに、大衆化。ヴァンホーテン、ネスレなど、耳慣れた企業の名前が。

ノイハウス、ゴディバ・・・などの、いわゆるナッツ等をチョコレートでくるんだものがでてきます。

コートドールのチョコレート好きなんですけど、実はそんな大衆的な会社だったのですね、なんてことも学んだりして。

第二次世界大戦後、「give me chocolate」という風に米兵に言っておいかけたという話を、母からきいたことも、思い出します。アメリカでも大衆化されていたということを指しており、のちに、アジアへもカカオがということなんでしょうか。

アントニー・ローリー著「美食の歴史」

アントニー・ローリー著「美食の歴史」

この本から様々な本が引用されており、また興味が広がってしまいました。やはり、サヴァランの美味礼讃から読むべきでしょうか。

個人的には、ジャガイモが1600年代くらいまでほとんど食べられていなかったというのは驚きです。どちらかというと南アメリカからもってきたんですね。フレンチフライとかそんな名前や、フィッシュアンドチップなんていうと、古い食材かと思っていたのに。

さて、しばらくは食べ物にはまっていようと思います。でも、すでに、第二次世界大戦の文化財の話は頭から抜けて行っています。あんなに読んでも、年号も何も覚えていない私ってどうなんだろう・・・(笑)
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク