映画「マレフィセント」

眠れる森の美女に出てくる、呪いをかける魔女の名前なんて知らなかった。マレフィセント。

女優は、アンジェリーナ・ジョリーなのね。この人、ホント、不思議ですね。この表情っていうか?

そして、ディズニー、このストーリーすごい。切なくうまくできてますねぇ。


備忘録:
観たい映画・・・
https://www.hollowcrown.jp/

そして、絶対録画を忘れてはいけないのは、シャーロック4
http://www4.nhk.or.jp/sherlock4/
スポンサーサイト

飛行機で見た映画

La La Land

Hidden Figures




飛行機でみた映画

珍しく4本みた。私は意外とどこでも寝られる方なんですが、今日はあまり寝ないできてしまった。
ラッキーなことに、もうホテルに入れて休めているので、問題なし・・・。ちょっとプレミアついたせいかな~。

1本目は、カンバーバッチ様の「ドクター・ストレンジ」

ストーリーは、ちょっとファンタジーっぽいので、原作を要チェック。
ドラマの「シャーロック」といい、映画の「イミテーション・ゲーム/エニグマ」ーチューリングといい、天才役がはまりになっているのかなー。カンバーバッチを見る映画としてはいいかも。

2本目は、「モニュメントマン

字幕がなくてちょっとわからないところがあったし、先日読んだ本の感覚と違ったりもしたのですが。
読み飛ばしていたシーンの意味をもう少し考えさせられました。やっぱり戦争だったのだなと。
と、感想を持ったけど、一方でWikiをみると、映画なりの脚色もあるようですね。

ジョージクルーニーにマットデイモンといい味出してました。実は要所でも買ってあるからまた読まなければ。

3本目は、「マリアンヌ

ラブストーリーでした。
意外と、マックス演じるブラット・ピットいいわね~。
いや、なんとなくブラット・ピットは苦手な俳優だったんですけど。なんとなく、こきたない感じで(笑)。
このパーティーや社交が苦手な几帳面な雰囲気の中尉役もできるのですね。
そして、マリアンヌ演じるマリオンコティヤールがきれいなのがいいのでしょう~。
こんなスパイいるかしらん。

4本目は、「The Accountant

これは、最後の落ちがスゴいわね。
意外と好きでした。今ネットを見ると、映画の評価自体はさほど高くないみたいですけど。
高機能アスペルガーという表現も初めて知りましたが、こういうのほんとなのかなー。
このあたりの研究について、色々知りたくなる映画です。

「Walk The Line」 @ DVD

ジョニー・キャッシュの物語

どんな方かも知らないまま、拝見。

出だしがすごい。大好きな兄が死に、父親に「悪魔はできる子のほうを奪った」といわれたら、ほんとどれだけ傷つくんでしょうね。親に言われた言葉はいやでも覚えているし、その言葉がどのように自分の生活や性格に表れているのか考えさせられることがあります。映画では、その台詞から始まる上に、さらに映画の中のジョニーは、神経質そうで、無表情にさえ見えるキャラクター。どちらかというと、冷たい感じでちょっと怖い・・・

しかし、You Tubeな映像を見ると、ご本人の若いころ、もう少し優しげなイケメンさんですね。甘いマスクといいますか。そして声はとてもバスで、ほんと人気が出る要素のあふれた方でした。

ストーリーに戻りまして。大人になり、軍隊にいったり、結婚したりというイベントを経て、歌手になるときのオーディションのシーンがあります。映画の中でプロデューサーに言われていたのは、本当だったのかしら?すごいプロデューサーですね。かっこいいです。凄腕だったのではないでしょうか。

そのあとは、麻薬と、ジューンとの物語です。離婚のシーンは、衝撃的には書かれていました。でも、ドロドロしたものは描かれておらず、麻薬の苦しみと、回復と、そして衝撃のプロポーズという、心地の良い物語です。

ジョニーとジューンの歌声が、どちらも少し本物より高音できれいすぎる感じになっています。本物を知っている方は、もしかすると物足りなく感じるかも・・・とあとからYou Tubeをみて思いました。

ロバート・M・エドゼル著「ミケランジェロ・プロジェクト」 (角川文庫)

わかりにくい邦題。「ミケランジェロ・プロジェクト ナチスから美術品を守った男たち」 (角川文庫) 映画版のタイトルから来ているのかしら。

原題を横につけてくれないと、間違えて、文庫版になる前のハードカバーと、この本両方手に取ってしまいましたよ。。

ついでにいうと、原書のペーパーバックまで手に入れてしまったのでした。英語の本何冊も積読(ほぼkindleだけど)なのに。

しかし、中身はとてもおもしろうございました。前回読んだ本に比べると、ドキドキ感が減っているのは、私がすでに、少しだけ内容を把握していたからでしょうか。

この本は、美術品そのものよりも、活動した人たちの人となりやその置かれた立場を中心に書かれていることが面白いのです。戦線の中、自分のいる部隊が何なのか、車もない、色々なものもない中で、自分で活動していく・・・。また、爆撃後の街、そこにいた子供、あるいは人々を置き去りにして、任務を続けるつらさなどもかかれています。家族にあてる手紙とか。

また、戦後まで活動が続いていたこと。ザルツブルクの最後のところは、改めて読み、数年前に知っていれば、どこだったか確認したのに!と思いました。

はぁ、しばし満足。色々な人が書いている本、いつか読めるかなぁ。
同一の著者のSaving Italy
https://www.amazon.co.jp/Saving-Italy-Rescue-Nations-Treasures/dp/0393348806/ref=pd_sim_14_3?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=P7B87NJAVGQJW9C86S1F
Hector Feliciano / The Lost Museum: The Nazi Conspiracy To Steal The World's Greatest Works Of Art
https://www.amazon.co.jp/Lost-Museum-Conspiracy-Worlds-Greatest/dp/0465041914/ref=pd_rhf_dp_s_cp_1?_encoding=UTF8&pd_rd_i=0465041914&pd_rd_r=7JKZZ4FYT4FQT33NBK0N&pd_rd_w=inISw&pd_rd_wg=88GY8&psc=1&refRID=7JKZZ4FYT4FQT33NBK0N
Salt Mines and Castles: The Discovery and Restitution of Looted European Art
https://www.amazon.co.jp/Salt-Mines-Castles-Discovery-Restitution/dp/1495443841/ref=pd_rhf_dp_s_cp_4?_encoding=UTF8&pd_rd_i=1495443841&pd_rd_r=PKYP6CZCSY50B8KKYTAM&pd_rd_w=nQb0M&pd_rd_wg=co50x&psc=1&refRID=PKYP6CZCSY50B8KKYTAM
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク