胡蝶蘭の植え替え

 胡蝶蘭の寄せ植えの花が終わりました。それで、植え替えです。

 寄せ植えって“水苔”タイプと、"プレサブ"というのがあるのですね。よく知らずに、プレサブというのを植え替えセットとして購入してしまいました。

 結局はそれでも問題はなかったのですが....

 自分の家にある寄せ植えが水苔タイプだったというのも、今日鉢から出して初めて気が付きました。

(1).鉢から寄せ植えをはずします。

(2).株をそれぞれに分け、茎の3節目から2cmくらいのところで切ります。

(3).根から水苔をとりのぞき、根腐れしている部分や枯れている部分を切ります。

 実は、これがかなり大変で・・・。水苔を取るのも大変ですし、根腐れがどこまでかがよくわかりません。病気の原因になるということで全部cutしてしまいました...。そうしたら根っこがほとんどないのです!どうしましょう...

(4).プレサブ(土)をプレスチックの鉢の底に敷きます。マグアンプ(白い小さな栄養剤)をいれます。そして、そこに株をたてます。

(5).たてた株のまわりにプレサブ(土)をいれていき、しっかりたつようにします。

20110701.jpg



 あとでよく読んだら、2点問題がありました。①土はへらなどを使ってギッシリ入れるべきだったが、手で入れただけにしてしまった。②病気にならないように水を1週間はやらないべきだったのにあげてしまった。

 どうやら②のほうは、蘭が病気にならないようにだそうです。はさみも火であぶってから使うようにということが説明書にありました。でも、オール電化の我が家には、火がないんです(笑)。ってわけで、よく洗って使いました。


 ふぅ、これを外で作業していたら、お隣の方とトラブルがありました。ふぅ、せっかくのお休みが、ちょっと悲しい気分。心がガサガサになりますね。せっかく植物の手入れで、少しだけこの忙殺DAYSからリリースされた気分を味わっていたのに。休みたい気分でいっぱいでした・・・

 そして、レッドロビンに白い不思議な綿みたいなのが付いていたり、梅の木の新芽が茶色くなってしまったり、したのに気が付きました。あわてて手入れ。ウーム、そうえば水を上げてなかった。愛が足りないですね。植物は生き物だなぁとつくづく感じます。
スポンサーサイト

和菓子

 和菓子はいただいているのですが、記録が面倒になっていました。写真もとっているのですが、もう少し写真のクオリティをあげたい!とか考えるとなかなか手につきません。出町ふたばの豆大福、先日京都出張の帰りに買ってきていたんですよ。

 そんな中、BSフジの「和菓子で巡る京の四季」という番組を偶然見つけました。随分長い番組だったのですね。

 三條若狭屋の「ちごもち」を、「食べたい」といったら、「食べたでしょう」と相方君からお叱りをうけました。そう、この包みを見てようやく思い出しました。これかぁ...。

 大極殿本舗の「吉兆あゆ」もこうやってみるといただきたいですね。求肥と皮がなじむとおいしいらしいです。占出山の故事、神功皇后が魚釣りで吉兆を占った話も面白いです。

 そして、末富さんの「稚児提灯」は京都でしかいただけないんでしょうねぇ。「最近お菓子が小さすぎる」というお話にも惹かれます。満足のボリュームのお菓子のようです。とはいっても、涼しげで素敵。関東のデパートで生菓子はおいていただけないものでしょうか。 

 祇園祭。暑い暑い京都の夏、目も口も少しでも涼しく楽しめるもの、元気をくれるもの、そんな思いが感じられる和菓子が楽しいです。

教習所に通うの巻(4)

 今日は、時間配分がちょっとよくなかったみたいです。

 坂道発進と、バックの練習。

 バックは2回しかできませんでした。1回は、後ろを見てまっすぐすすむだけ。2回目は、右側のラインによせてといわれました。右の窓から顔を出してよせようとします。しかし、これが....。逆にハンドル切ってる~!と思ったら終わってました。

 テキストでは、ちゃんと左に寄せるときは左にハンドルを切るとわかっていたのですが。もう一回練習したいなぁ。次も練習させてもらえるのかしら。

 坂道発進は、教習所では、カーブからいきなりアクセルを踏むので、ちょっと踏みかえるのがこわい。くだってすぐ右左折なのですが、そのハンドルの切り具合がちょっといやでした。「坂を下りてすぐかなり深くハンドル切って!優先道路の車が見えないでしょう。」っていわれるんですけど....。

 もうギアを2にいれたと思うとすぐハンドル切る。なんだか気持ちワタワタだったんです。はぁ~つかれたぁ。

 まだ、"Keep left"できてません。"Tend to keep right"らしいです。きをつけないけませんね・・・

教習所に通うの巻(3)

 今日の技能実習は、女性の教官で、ロジカルな説明、かつ、量を走らせてくれました。

 今日は停止の練習。左にあるポールの前後30cm程度の位置に止めるのが課題です。しかし、どうも手前に止めすぎる模様。今度はもう少し前に行かねばいけない様子。ウムム。

 今日の収穫!「左足のフットレスト」です。この存在を先生にご指摘いただきまして初めて知りました。右足がかなり楽になりますね。左足でちょいふんばりながらブレーキを押すので、骨盤の右側が変に前にでてきません。忘れずに次からも使わなくては。

 そして、今日のポイントは2点

 1.カーブ時のブレーキング

 速度にばらつきがあったので、時々速すぎてハンドルをとられそうになり手がバタバタに。こういうときって、目は前を向いているけれど、結構とっさに人が飛び出して来たらになっているので危険だな~と思いました。でもなんとなく次からは大丈夫と思います。

 またカーブしはじめたあとの足位置を先生に聞いたら、柔軟に。次が直線なのか、カーブなのか、前に車両がいるのか...状況をみつつ決定してほしいと言われました。なるほど...。

 2.ハンドルの持ち方

 時計の10時と2時くらいの間隔にしましょうとのこと。急ブレーキのときに、あまり広げてもつと頭を打つ可能性があるとのこと。納得。

 言われてすぐは直しているのだけれども、気が付くとハンドルの9時と3時に親指をしっかりからませてます。極度の力の入れすぎだと言われましたけど、逆にもち方を変えるとリラックスできるのかも。



 ふぅ~。日曜日からはしばらくお休みです。会社に行ったりしなければならないので。明日は坂道上り下りです。どんなことやるのかな。

 そして、学科もかなり受けたけれど、まだ全く復習していません。そろそろはじめないと仮免通りませんね。授業はゆっくり進んでいるのに、授業中に全部理解できないんだろう。眠気が襲うのをこらえつつ、目を開けてテキストに下線を引いてます。

オンライン英会話の巻(1)

 さて、今日も、21才の若い女の子との25分の会話です。

 この時間は彼女しかあいていなかったからなのですが、かなり楽しかったです。

 若い女の子たちは、声も高くて聞き取りやすく、また礼儀正しく、かわいらしくて、良い子たちでした。

 2回ともとてもとりとめのない会話で、またそれがいいんですね。たとえば、こんな話題が出ました。

 ・日本では子供はナニーに預けないのか?ナニーなんてシステムはなくて、保育園に預けるんだって説明したけど通じたかな。

 ・フィリピンでは女性が働いて、男性が家にいるケースもあるけど。これはどう思う?とか。私は、共働きで、両方が残業なしで帰ってこれる生活だと、それなりに楽しめていいんじゃないかな~ということがいいたかったのですが...。こちらも通じたかな。

 彼女は、ボランティアナースなんだそうです。もっと話を聞きたいわ~。なぜボランティアなのかとかその辺から。

 また何日かたったら彼女につなげてみよう~(^^)

 楽しいけど、しゃべりがうまくなるのかはまだわかりません。とにかく毎日1回何があってもつなげるということだけは続けてみましょうか。

教習所に通うの巻(2)

 とりあえず、2時間の技能教習クリア。明日も無事に乗り切れるだろうか。右足のふくらはぎの筋肉痛と、右肩が猛烈に痛い。緊張しすぎた様子。


 今日の注意点は

 1.ブレーキをなめらかにすること

 ×そもそもかかとをついて踏んでいる。
  →足全体でふむこと
 ×時々土踏まずや、足先で踏んでいる。
  →母指球のあたりでふむ
 ×遊びの部分から本当に効く部分になるとき急に力を入れすぎている。
  →上記二つができていれば自然にゆっくりになるはず。

 2.アクセルをなめらかにすること

 ×急激に踏み込んで弱めている。
  →踵と地面の角度をイメージしながら同じ角度で少しずつすすめるとよい。

 3.道の真ん中を走ること
 
 ×基本カーブ側によりすぎている。
  →とにかく遠くを見て車が道の真ん中にいることを確認すること。

 4.ウィンカーを出し忘れても落ち着くこと

 ×まがりはじめてからパニックに陥って出す
 →とりあえず落ち着こう。

 5.サイドブレーキを引くときはボタンを押さない!

 6.カーブでの減速、加速

 ×ブレーキに足をかけっぱなし
 →直角に曲がる場合は車1台分くらい前に十分減速し、曲がり始めたらアクセルの方に足を移す。

 ×ハンドルを早く切り始めない
 →直角に曲がる場合は前輪がカーブに差し掛かったところできりはじめる。

 またハンドルを切るスピードは車のスピードにあわせて!早く切りすぎると...どうなる、云々といわれましたが忘れてます...。


 
 3は、指導員から"右/左によりすぎてます"といわれても、時々そう感じないことがあります。後輪を縁石に乗り上げたりすると、なんかおかしかったんだ...と初めて気が付く状況。
 
 あぁ、人が居なくてよかった。もっと遠くを観なくてはですね。特にカーブが2回連続であるときなどは、かなりあせっている感じがします。

 アクセルはこわくて最初の教習では20キロしかだしていなかったようです。もう少し出そうね~といわれようやく40キロだせるようになりました。でも、メータはみていません(^^;

 ハンドルさばきはあまり怒られませんでした。これからいろいろあるのだろうなぁ。 

自動車教習所に通い始めたの巻

 自分の年齢の半分くらいの子たちに囲まれて、ちょっぴり恥ずかしい気分で通い始めました~。

 今日は最初の説明会、安全性診断、学科1個、発進練習と4時間教習所に缶詰です。疲れたぁ。

 発進の練習は、ゲーム機のようなシミュレーション用のシートに座って行いました。

 恐ろしい!きゃぁ、これ本当の道路だったらどうなっちゃうの。反対車線にどんどん入っていく、ハンドルに気を取られるとアクセルが弱くなりすぎて10kmとかしかでてなかったりしまして。そんなスピードで走っているものですから、隣の人が2回練習する間に1回しか練習できません(涙)

 また、以下のルーチンを練習するのですが...。

 ①サイドブレーキを引く。
 ②チェンジレバーをPにいれる。
 ③ブレーキペダルを踏む。
 ③キーをいれる。
 ④エンジンがかかっているか確認する。
 ⑤チェンジレバーをDにいれる。
 ⑥ハンドブレーキをもとにもどす。
 ⑦ブレーキペダルをゆっくりはずす。
 ⑧アクセルを踏む。
  

 本来なら、⑦⑧→停車プロセス(①②)となるべきなんでしょうが、私の頭は完全に混乱していました。サイドブレーキを引いているのが止めているのか、倒しているのが止めているのかすらわからなくなりました。ガイドがしゃべるままにただ動かしてました。

 家に帰ってテキストを見てようやく理解。もうクタクタだ~。ちゃんと卒業できるか心配です。合格したい!昨日のヨガは久々な運動だったのも加わって、本当に眠くてたまりません。


話す練習開始

 あせってきました~。これから生きていけるのでしょうか?ビジネスに使えるような英語とは程遠い状況です。

 よく考えれば、始まる前にスキル診断結果を渡され、この3ヶ月の英語研修のミッションは、"しゃべる"だったはずでした。何にも考えずに、忙しくて疲れてただ日々を生きることに精いっぱいになってました。ネイティブが1人いましたが、彼女が私たち日本人に合わせるようになりました。終わってみると...(笑)。


 また、今の時期、雑用に忙殺されて、ぼんやり過ごしてしまいそうです。どうやって勉強しようか悩んでいました。友人が1つ解決方法を紹介してくれました。

 フィリピン人の先生とのSkypeレッスンです。とっても安いんですよ。100円~300円/25分くらいが相場のようです。1回ごと支払ではなく、毎月10回/20回/30回等まとめた支払いが多いようです。いくつかのサイトでかくにんしてもそうなっていました。


 月曜日にそのサイトを教わったのですが、申し込むのも腰が重いわたくし。1日ねかせ、さらに昨日の朝も3時間うだうだし、ようやく2回無料トライアル申込みました。実際は楽しかったんですけどね。

 昨日は、22才の女性を選択。そうしたら、カンボジアの友人の発声方法に似ていて、特に名前の呼び方が彼女を思い出させてくれます。なんだかほっとしてリラックスして受講しちゃいました。

 彼女は、Skypeとメッセンジャー機能をうまくつかって教えます。言い回し等のアイディアもどんどんくれます。メッセンジャーで送ってくれた分は、あとからも復習できるので便利。
 
 今日は、年も近い女性を選択。彼女はメッセンジャはあまりつかいませんが、言い回しは随分直してくれました。何を直されたかあまり思い出せないのは難点ですが、今度から、メモ用紙をもって受講しようかなぁ。

 また、今日は、自己課題として、自己紹介を準備してのぞみました。説明が終わった後、説明した内容とかぶる質問をされたので、通じてなかったのだなぁと実感。もっと自己紹介自体を改善して別の先生でのぞんでみます。余った時間は、先生が日本のニュースを選択してくださいました。それについていろいろ質問されたことに答えます。

 そして、ついに入会しました!他のスクールのフリートライアルで、無料を満喫しながら比較するのもありですが。同じサイトに決めました。(初Paypal。大丈夫かなぁ。ほんと、インターネット決済ってこわいです。Amazonでだいぶ慣れましたけれども。)ここに宣言することで、続けられるようにします...。

 
  
 最後に、"偉い"と言われる方々にあってみると、あらゆる質問に関して意見を仰るし、とっさの質問に対してもすぐに判断して答えることができるなと、実感しました。私は、普段考えている守備範囲が少ないし、日本人的でみんなの意見をまってから答え始める性質がある、と理解しました。仕事に関しては断定的な進め方をするほうではあると思っていたのですが...。あまり高い目標はつらいので、まずは、英語を話しながら文章を構築できない状況を打開することが先ですね。

今日のYOGA

 3ヶ月ぶりにヨガスタジオにいってきました。

 先生が体調を崩し入院されているので、代行の先生です。先生の状態を伺い、また、先生の快復を祈るヨガをす目標で行ってきました。自分が病気の時にもそうしてくれた友人のマネですが...

 しかし、足の指を開くと足の小指がつったり、足首をのばすと土踏まずがつったり。ヘッドスタンドでも、逆立ちしたままこむら返りをおこしていました。そうだ、足がパンパンにはっている3ヶ月でした。こんなんじゃ、先生の快復を祈るより、自分の方に意識が行ってしまいます。

 なさけのないことです。太ってしまった上に、身体がいやがるアメリカンな食物ばかり食べて顔中ぶつぶつでしたからねぇ。少し、生活を元に戻さなければ。

 また、気付きもありました。やはり先生は私たちと長いので、言葉にださないことが沢山あるのです。要所要所はおさえてくださるものの、細かい足の向きやらなにやら...。今日はそんなちょっとしたことが助けになるレッスンでした。

 最後に、ハンディキャップヨガのことを話して下さいました。たとえば親指を下に向けることができないのであれば、小指を上に向ければよいということ。"できない"と思う前に、どうすればそうなるのか別のアプローチを常に考えると意外とできることがたくさんあるとのことです。

 人生のメタファー的にとらえてもよいお話だなぁとつくづく思う今日この頃。心に沁みました。

 明日も、新しいアプローチを見つけて、無事に1歩すすめますように。

明日は、わがやの父の日

 明日は、我が家にとっての父の日です。


 せっかく新しい家にお呼びするので、まずは庭掃除からはじめました。庭掃除とはいっても、雑草むしりです。二人で庭仕事をしながら、果実をみたり、虫を見つけて楽しんだりしていると、こんな生活を望んで、この家を買ったのだけれどなぁ、と思ってしまいます。

 そんなわけで、この庭に対しては、もう少し植物の居心地の良い環境をつくってあげたい思いがあります。元気をなくした植物を見ると、私の身勝手でここにつれてきたことを申し訳なく思うような。ようやく毛虫が落ち着いてあまりみえなくなりましたが、何か生き生きしていないのです。

 まわりに何かを植えて、他の植物や土との関係性を上げる方法を探そうと思います。福岡正信著「わら一本の革命」の影響を若干うけているようです。自分としては、植物が虫に食われるのは、植物に元気がない証拠だという言葉を、論理なく信じているのです。人間も免疫がないと病気になりますが、そんなイメージです。とりあえず、今日は木酢液を木全体にふきかけるのをしてみました。

 ブルーベリーは、下の方は死んでしまったようにすら見えます。葉っぱの生えているところをきって差し木にしたらどうかということもぼんやり考えていますが。また、ローズマリーとゼラニウム(植物分類上のゼラニウム類。)も、虫がきにくいという理由でお勧めに上がっていたので、うえてみようかなぁとも思っています。

 

 それから、デパートへお出かけしました。

 義父は、こじゃれたレストラン好まないので、大概は中華街におつれいたします。しかし、自分達がつくるとなると、何が好きだったか・・・と悩みます。

 手作りをするにしても、1品は失敗しにくく、高級感の出るものを入れておきたいものです。今日は。浅田屋の鯛めしのもとを購入いたしました。あとは作りなれたもので固めればなんとかなるでしょう。お肉料理もいれなければなりませんが。

 そして、プレゼント。一枚のポロシャツ。いつも夫に買っているお店で、店員さんが黙っていても、自分たちの好みに合いそうなものを勧めてくれます。そのなかから、ベストチョイスできたような気がします。しかも、セールに先駆けて、30%オフしてくれました。ラッキ~です。

本日のコーヒー

 フフフ、Royal Kona, Hezelnut 10% Kona Coffee Blend



うーん、この香りについつい飲みすぎてしまうんですけれども....。意外とすぐになくなってしまって悲しい。日本で買うと値段が2倍なんですね。ほとんどお土産は買わないようにしていたのですが、この減りの速さを見ると、もうちょっと買っておけばよかったかな。またいけばいいか...?!


 一方で...Royal Kona, Mocha Latte Kona Coffee Blend



こちらは、少し粉っぽいような?ミルクを入れていただいてます。

 残るはVanilla Macademia nutです。

How unpredictable my life is!

 勤続15年となりました。最初の4年間は泣いてばかりで、同期女性の一番最初に辞めると思っていたのに!いまや残った30%の側につくことになってしまいました。

 大嫌いな言葉、「意思あるところに道あり」。

 コントロールできない。意志と関係ない方向にに流されてます。今の状況も、希望もしなければ、予想だにしていなかったこと。Small Decisionというのはしたけれど。つまり、抗うという選択肢もあったけれど、受け入れたということだけなのです。

 そして、今回の研修は、Leadership。Leaderになりたいという意思そのものが、何かをコントロールしようとしているように思えて、受け入れがたいものに思えます。

 ただ、Leadershipという言葉で語られる中に、人間力を高めるためのエッセンスがたくさんあるなぁとつくづく実感します。

 たとえば、Leaderと呼ばれる人たちの特性は、Passionと習います。でも、魅了されるPassionとはなんなのでしょうかね。Passionがあっても引きめない人との差はどこにあるのでしょうか。私は、情熱的な人を見ても「No thank you, don't involve me to your passion」と思うたちです。私個人のそのleaderとの嗜好の違いによるのか?あるいは、その方のpassionが、self-sacrificeなのか、self-interestなのかということなのか?

 あるいは、Emotionalな反感に関しては、logicalではなく、intuitionによってpersuasionしたほうが効果的という話もありました。確かに、頑なに拒否している人に、ロジックは通用しないこともあったのかなぁと思い出す出来事もたくさんあります。個人としてはロジックがない場合の方が受け入れにくいのですが。今でもたぶん直面したらロジックでせめて玉砕しそうですけどね。失敗したら、また考える助けにはなりそうです。

 でも、個人の料理方法であり、誰の真似もできないような気がします。いいものはたくさん見て、try-and-errorを繰り返しいくしかないなと。これからの世代でも、過去と同じリーダーシップの定義で語れるかわからないような気もしています。とにかく、考えるヒントをたくさん得ました。

衝撃!

 目の前にかかっていた霧がなぜか急に晴れた気分。

 いつも疑問に思ってきたからこそ、霧が晴れるのだとは思います。どんなトレーニングを受けても、普段から考えていないことは、得るものが少ないから。そこで、何も知らないということを認識し、これからどうするかを考えねばならなくなります...。
 
 今日は、ManagementとかRole model of leadershipの授業。少し人間力、mind setのところで評価してました。positive! flexible! ...話はわかった、でも、私は、スーパーマンじゃない。So...How?といつもなってしまうんです。

 本当に簡単なことを変えていくだけで、行動が変わり、周りが変わっていく感覚がわかりました。

 会議の進め方が、messyというかdisorganizedで、毎回30分以内に答えを出せなかったんです。先生が見るに見かねて、Tipsを出してくださったのだけれど、そのTipsで霧が晴れちゃいました。

 勿論、普段の仕事では自分のゴールはわかっているので、議題・ゴール・Whyも設定し、1時間でおわるようにしているのだけれども。

 他にも意味の分からない会議にたくさん御呼ばれするのを、今度からは変えられる気がします。勿論時間はかかるかもしれないけど。自分自身が、どう変わればいいかわかりました。

 普段から、議題・議事メモ、会議の進め方、インタビュー、スケジュール帳、様々な記録、小さなひとつひとつに、自分なりの意味や価値を持たせられるか、他人にその価値を与えられるか、そしてそれはなぜなのか常に考えていくと、行動が自然に”変えられる”感覚が急にわいてきます。

 スケジュール帳ひとつとっても、何に何時間使ったかとか、先生と記録している内容はほとんど同じなんです。私は記録するにとどまってしまってますが、先生は目的をもって記録してちゃんと活用していらっしゃいました。こういう細かいことを常に意識していると、全ての行動が一貫してくるように思えてきました。

 おまけで、「自分のMUST DOができたご褒美に物を買うのはよいか?」という質問に対して、「それだけ投資するなら、何を得られるかを考える。ご褒美というよりは、MUST DOを設定して投資対効果を考えるかな。」といった答えも、あまりの無駄のなさにも感動。

 はやくMUST DOつくりなおそうっと。

Tell your story

 今、「薫るロマンティ」をいただいてます。パッケージはフレーバーの紅茶のようにかわいらしいです。

 いただきもの。パッケージを開いて飲む直前の、猛烈な抵抗感があったのは事実。たとえば、りんご緑茶、バニラほうじ茶 というものにどんなイメージを抱きますか?
 
 昨日からのんでます...

 毎日日本茶を飲んでいるわたしとしては、やっぱりふつうでもいいんじゃないの?って思いながら。

 なんでこんな風にしたんだろ、ってふっと思ってgoogle先生に聞いてみました。で、インタビュー(link)を読んでみました。

 思いを伝えるっていうのも意外と大事なのかな、とふと思う瞬間。なんか味わい方がふっとかわてしまったのでした。お茶が大好きな人が作ったんですねって。

 "Tell your story" マーケティングなどの授業でも最近よくとりあげられます。堀木エリコさんの言葉にも「夢は語って実現する」みたいな台詞があったような気もします。典型的な日本人の私は、自分の話をするなんてちょっと抵抗あると思ってましたけど。

 思いが伝われば、きっとお客さんから反応がある、悪いところはよくしていける、お客さんとの縁、コミュニケーションできるということなのかもしれません。

 やっぱり、客観的に"美味しい"っていうのは重要だと思うんですけど。最後に美味しいものをつくりあげるために。

はぁ...

今日のテーマソング。はぁ、はかどらないなぁ。眠い・・・









ところで、我が家に大量発生しているのは、チャドクガのようにも見えますね。ご意見をいただいたところ、ブルーベリーはゴマフリドクガの食草ということで、ゴマフリドクガの可能性も?毒性のある者の可能性もあるようで注意しなければいけませんね。

もちろん、触れたくはないという気持ちはあるので無意識によけてはいます。たとえば、落ちてくるときなどもこわいのでかなり体には距離をおいて作業するなどです。しかし、この間は、うっかり気持ちが前に出て、素手に割り箸で作業しちゃってました。危険でしたね。また、殺生済の毛虫は、土にそのままおいています。こうすると、次の雑草抜きのときに、触れてしまうかもしれないです。そうそう、黄色い蛾さんも死んで転がっていたので...。触れそうになりました。

だいぶ減ってはいますが、次の発生期に、どうしようもなかったら、園芸屋さんに殺虫剤散布とかおねがいしたほうがいいのでしょうか。無農薬!めざしていましたので悲しいですけど。何か方法ないかなぁ。

農薬ではない、虫の粉という製品を見つけました。まずは、一度試してみますかねぇ。

そんなわけで、今日は家の中です。

ペスト カミュ

ペスト (新潮文庫)ペスト (新潮文庫)
(1969/10)
カミュ

商品詳細を見る


 
 久々の文学作品。面白かったです。ちょっとした言葉に心がうごいたりする感覚がなつかしいです。そういえば、カミュ一冊も読んだことなかったでした。

 Wikiによれば、「この作品は第二次世界大戦時のナチズムに対するフランス・レジスタンス運動のメタファーではないかということだ。」

 そういわれて、はじめて第二次世界大戦後の作品と認識しました。はずかしながら、時代性を意識して読むということをしてこなかったので、つい何も考えず読み始めちゃってました。

 でも、普遍的なメタファーとして使えるような気がします。主人公の医師の生き方。最初は逃げようとした人がともに最後はコミュニティと生きようとすること。あらがいようのない何かにより、罪のない人が亡くなること。あるいは、環境による人間の気持ちの変化のこと。そして、組織や社会におけるよそ者あるいはその住人とはなにか、彼らのかかわりのこと。...どんなふうにもあてはめて考えられるかな。

 今は、経済と結びつけて考えているんですけどね。

 さて、どんな講義をうけることになるのかしら。楽しみです。 

変わってる?

 最近、3か月のインテンシブトレーニングを受けています。

 まぁ、他人に"変わっている"といわれても、「いろいろな要素がからまりあって、各人が個性をだしあっているのだから、普通ってありえないし...」くらいに思ってました。

 でも、ちょっとだけ、やはり平均値と気持ちがずれているかも、と感じるようになりました。

 他人の感情をうっとうしいと思うことが多いなぁと。

 ポジティブな発言をきいていると、自分の気持ちが巻き込まれていくより、離れるのを感じることもよくあるのでした。

 なんだろ、自分は正しいと信じる気持ち = 相手に対してなぜわからないんだと思う気持ちにつながっているような気がするのでしょうか?

 「やりましょう!」とかいわれると、「できるならとっくにやってるよ。」という気持ちなのでしょうか?

 でも、Passionや、Emotionを否定しているつもりはないんです。Passionは大事だと思っているはずなんですけどね。素直になれない今日この頃なのかもしれません。Out of box thinkingをどうにかしないといけないんでしょうかねぇ。

Leadership and Self-Deception: Getting Out of the Box

日本語で読みたかったな。

 
Leadership and Self-Deception: Getting Out of the BoxLeadership and Self-Deception: Getting Out of the Box
(2010/01/05)
Arbinger Institute

商品詳細を見る


 言っていることわかりますよ。読んでいるときは、とてもわかった気持ちになります。(笑)

 でも、実際、悪感情があるときは素直にすぐにできるかしら。

 方向転換をするために、冷静になって、客観的になって、素直な心で、自分自身がこの手法で考えようという気持ちになることができればいいのですが。私は未熟者なので、排出という物理的な行為が、少なくとも私には必要ですね。たとえばヨガは私にとってのメソッド。そこから先でこの本が生きるような気はしますが。

 あるいは、この本の中にあるように、人の手を借りるということも大事なのかもしれません。

 また、コーチングするときの手法としてはいいかな~というように思います。人様をコーチングできるほどの徳はないので...使える日が来るかはわかりませんが。

企業変革のマネジメント―社員の、社員による、社員のための変革

企業変革のマネジメント―社員の、社員による、社員のための変革企業変革のマネジメント―社員の、社員による、社員のための変革
(2008/01)
一條 和生、NTTデータ 他

商品詳細を見る


 これを読んで「目から鱗!」とか、「新しい概念がみつかった!」とかいう感じではないです。

 改革を、カルロスゴーンさんのようなスーパーマンが行うというイメージではなく、社員が試行錯誤し地道に行っていく、という方法について考えさせれられました。

 自分の会社で実行するにあたっては、あきらめずに継続することが必要なんだということでしょうかね。

 いろいろ悩ましいし、不満もあるわりには、自分自身が改革を推進するというイメージはもてない私です。どう考えても、私って、リーダーってがらじゃないですもん。でも、自分自身がダメな人間になるとおそろしいので、やはり、同志を見つけて少しずつでもよくなれるようにできたらいいな~と願ってます。

ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ

 マ様の音楽ってあまりじっくり聞いたことがないんです。テレビでだけしか...。

 オーダしたら、相方君に、「持っているのに!」とおこられちゃいました。

 たまたま何回か堀木エリコ氏のお話を伺う機会に恵まれて、マ様とのカーネギーホールでのコラボの話を伺いました。ビジュアルの方は写真で拝見いたしましたゆえ、音楽を確認したくなりましたのでした。

 でも、「ライブ・アット・カーネギー ヨーヨー・マ 」はAmazonにおいてなかったもので....。

ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
(2008/11/19)
ヨーヨー・マ

商品詳細を見る


エンチャントメント~魅惑の響き~NHKスペシャル「新シルクロード」オリジナル・サウンドトラックエンチャントメント~魅惑の響き~NHKスペシャル「新シルクロード」オリジナル・サウンドトラック
(2004/12/29)
TVサントラ

商品詳細を見る


 昨夜さっそく夕食をいただきながら聞いてみました。フム...。

 やっぱり同時にみて聞かないと共鳴感がわかりませんね。

 なんとなく、生演奏が聴きたい気分~。

本日のコーヒー

 Hawaii帰りの今日は、Royal Kona Chocolate Macademia!

 あ~、アメリカの香り?ハワイの香り?



 そして、お供は、もちろん、Honolulu Cookie Companyのクッキーです。おいしい・・・


 それから、もちろんDoiTungのコーヒーもいただいてますよ(^^)

電気料金の謎...

 電気料金が。

 4月度(越してきた最初の月)の電気料金は、なんと17,000円。え?オール電化ってこんなに高いの?と思ったんですよ。

 太陽光パネル用の液晶で表示する使用量は、1/2~1/3くらいに表示されるんです。

 5月度は(2か月目)の電気料金は、なんと5,000円にもいかない金額。

 今月度は、太陽光パネル用の液晶で表示される使用量と、ほぼ誤差の範囲。

 どう思います?多少、床暖房とかつけてましたけど、エアコンはつけてないんです。床暖房ってそんなにするものなんでしょうか?(大体床暖房も接続されていなくて、一個の蓄電器はONにしてもついてなかったですし!)

 腑に落ちないなぁ~。4/4の日記にも書きましたが、途中でアンペア数を間違えたとか変えたのですが、そんなところで変な数字のずれが起こったりしていないのかな。

 しかし、こちらには何の証明するすべもない。消費者弱し...。 

庭のお手入れ

 相方君を置いて長期の出張が多くなる今日この頃...。フルーツの木の状態がよくない。

 梅の実はなっている。

 でも、梅の木も元気がない。葉が虫に食われてしまっている。虫を探すと、思ったよりたくさんはみつからない。でも高いところまでは見えないし...。専門家にみてもらうべきか。なんだか高いところに透明な丸いものもついているのだけれど、虫の卵か何かかしら?

 ブルーベリーは3本それぞれ別々の状態。

 1種類は、完全にまるはげになってしまったあと、若干あたらしい葉が生えているようにも見えるがどうだろう。前回出かける前に、私が虫をできる限り箸でつまみとって殺したあと、相方君が木酢液をまいてくれたらしいのだが。まだ毛虫はまだいる。まだあまり元気がないように見える。

 あとの2種類は実が大きくなっている様子。でも、毛虫は減ってはいるが、まだまだたくさんいる。ずいぶん毛虫は大きくなっていて、箸でつかむのがこわい。毒がないものだといいのだけれど。背中に白いなにかつぶつぶのようなのをつけていた。

 ネットで写真を見ると、マイマイガにみえるけれど、どうかしらん。自然のもので、もう少し楽に退治できるのかなぁ。梅、レモン、レッドロビンにもいる。レッドロビンについていたものは、相当大きくて、仕方がないので、枝から切ってから処分。割り箸ではとてもではないけれどつかめない。ちがう虫かなぁ。

 レモンももう実がなる準備ができているようなのだけれど、レモンはいつなるんだったかな・・・。

 ふぅ、何かもう少し楽にお手入れするほうほうないのかな。

飛行機の中で見た映画

 ふぅ、記録が間に合わないですね。

 そういえば、メリルストリープ主演「マーガレット・サッチャー」もずいぶん前の飛行機で見た。

 さて、今回は、2本。

 一本目は、「三丁目の夕日'64」です。うん、実は、なぜかしらこれはみちゃうんです。

 堤さんの演技はちょっと苦手なのですが(ごめんなさい!)、この映画ではいつもなぜかよいわ~。それから、吉岡くん、この役好きなんじゃないかなぁとひそかに思っているのですが...。

 二本目は、「We bought a Zoo.」です。

 子供がかわいい~。音楽がいいなぁ~。どこまで実話なのかしら、こんな生き方しちゃう人いるんだなぁ~。
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク