確定申告

 初確定申告です。

 アメリカで納税するのは初めてなのですが、渡米する前に教えてほしかったと思います。

 準備する書類が多く、また相方君にやってもらおうとするのですが、彼はお金に関しては過去ノータッチ、私に殆ど託していたタイプ。というわけで、「書類どこ?」「あの引き出しのここのそこ」とかいう感じです。

 正直、土地・家に関しては、2012年に購入したばかりなので、引越しやらなにやらのさなかで殆ど整理できていなかったのです。私自身も覚えていないこともあり「こういうのない?」みたいなぼんやりした質問で、この1週間は、彼の就寝時間はおそくなる一方。

 私はあまりのスピード感のなさに、焦る。でもやってもらうのに焦りを相手にぶつけるのは筋違い。渡米前に言ってくれれば、整理しておくべきもの、持ってくるもの、申し込んでおくもの、きちんと整理しておいたのに!


(1).対象者?

 配偶者がアメリカ非居住であっても、夫婦合算での申告が可能なようです。

 その場合には、配偶者もSSNか、ITINを取得しなければなりません。去年までは、日本のアメリカの大使館がその手続きを請け負ってくれていたそうです。しかし、今年からはしなくなってしまったとのことで、私は単独での申告します。

 また、対象者の定義は、実際に住居を構えていることではないようです。グリーンカードがあったりすると、引き続き申告しないといけないみたいです。ここもよくわからないところですが...意外と面倒なことです。
 

(2).海外にある資産全てに関して報告する義務があります。

 日本では分離課税方式で銀行で払ってくれてしまいますが、アメリカでは分離課税方式がとられていないということだそうです。

 利子の1円や2円では1ドルにも満たないのであまり影響はないと思いますが。一方でドル換算で$10,000以上の銀行口座は全て申告する必要があり、あまりないがしろにできません。

 あ、だから、結論を言いますと、いくつかの場所に分散してチョコチョコ貯金をしていたりすると、とっても面倒なことになります。

 相方君に電話をして、記帳をしてもらい、ああでもないこうでもない....


(3).株の配当や、株の売却による得失などにも課税があるようです。


(4).ネット販売で買ったものに州税が貸されていない場合には、8%あとから支払う義務があります。

 あるいは、賞金やら、航空券やら、商品など色々なものを受け取ったらそれも申告するんだそうですね。受け取り時に、いくら相当のものということが記載されるのだそうです。この間のdrawing出さなくて正解(当たる気でいたのか?)でした!いらないものをもらって課税されたらショック。


-----------------------
 そんなこんなで、でも、会社の税務担当も本当に不親切で・・・。みんな人間的には優しいのですが、なんとなく先回りして教えてくれる感じではないです。

 書類を書くようにと言うメールが配信されて先週から資料集め開始。相方君の分は不要とあとから言われました。

 あるいは、財形貯蓄の証明書の取り方を聞いても、くるはずだとかなんとかで要領を得ない。毎年同じ質問が出ないのかしら。この一週間はなんとなく頭がぼんやりです。

-----------------------
 そんなこんなで、でも、やっぱり、日本のサービスいいわ。先ほど、日本に3回ほど電話したけれど、銀行、弊社人事、どれも対応よしでした。電話の待ち時間がながくなってしまったら、きちんと折り返しかけましょうか?になりますしね。

-----------------------
 しかし、M銀行ダメでした。どうして税金申告に必要な書類を取り寄せるのに、2520円もかかるの!(一か月分210円)。先日使ってしまってほんの少額しか入っていないのですが...。利子にまるで及ばない金額でマイナスじゃないの。どうしたものかしら。
スポンサーサイト

無駄毛・・・

 ヨガのTTをしていると、人の体をアジャストするので、あらぬことに気が付いてしまったりもします。

 もしかして、アメリカでは、無駄毛の処理は絶対ではなさそうです

 うん、している人もたくさんいるのですが・・・。

 日本だったら、「無駄毛処理してないからヨガにこれなかった」という友達がいたりしたものですけど。

 韓国人もしてそうかな、と勝手なイメージでなんとなく。

本日のヨガ 8

1/29 17:30~1.5Hr

 ふぅ~、今日は呼吸に注目してたみたいです。

 最初は、"3 countsで吸って、 3 countsで吐く"というのを、"4 countsで吸って"...."6 countsで吐く"というのを、いくつかのポーズで繰り返しました。たとえば、High pushupでとか、Standing forward bendでとか...。

 意外となんかあれれ?と思う感覚がありました。いや、最初は吸いきれなかったのですが、なんとなく吸い切れたような気がしたりして。

 なんで6なんだろうっていう疑問はあります。日本人からすると、8のほうがいいようにも思えるのですが。

 それから、オームという言葉を最後に言うのですが、これが声の波長サイズが日本よりバリエーションに富んでいるので、すごい響き!ぐわーんと来ます。楽しい!日本では味わえなかった感覚です。

 ふぅ、すっきりしました。

 ところで、ピジョンポーズが怖くなくなりました。日本では、前に出している脛を自分の骨盤と平行にするようにし、足首をフレックスにするように言います。でも、こちらの先生は、「足首はフレックスにできなくてもいい。脛は体に巻きつくようになってしまってもいい。骨盤が立って前を向き、大臀部が開いた状態になっていればいい。」というのです。それだけで確かに少しひらいていきます。

 私は、身体がかたいことは書いたと思いますが、先生が「こうしたほうがいい」ということが、どうしても身体が硬くてできないことがよくありました。日本人の殆どの女性ができることが、あまりできなかったので、ふい~っと。

 でも、ここにきたら、That's your bodyでした。日本の先生も、無理しないで自分のできるペースでとおっしゃるし、自分もできることしかできないので、特に問題があったわけではないのですが。ただ、常識・思い込みが少し外れるというのが面白いのです。



 TTをやっていると、自分の身体も、他人の身体も、よく観察するようになります。いい意味で、他人と比べてることもあります。

 無理に同じにせず、自分の身体にあわせたアーサナやフローをとれるように考えていくのです。もちろん、他人に提案することもできなければなりません。

 今日はやりませんでしたが、TTで、殆どの人が、Upavesasana/Squatや。Padmasana/Lotusはできません。Upavesasanaは、日本だったら、不良さん(昔の)がタバコ吸ってこんなかっこして座ってるくらい、誰でもできるポーズ。Padmasanaも、正座と和式トイレの世代は大概できると思います。仏像とかでもみなれてますものね。

 先生も、Westernerには難しいんですよといってました。私には、背骨が自動的にグイっと持ち上がる気持ちの良い、かつ努力しなくても初めからやりやすいアサナでもあり。

 色々考えながら、アサナと向き合っていきます。まだ、シークエンスまでは頭が行きませんが、少しずつ考えられるといいなと思っています。

リアルタイム

20130128_1.jpg


 今朝はこんな景色だった。

 何の変哲もないこの写真に意味を持たせるひとつの方法として、時間軸を付加するということ。

 FBとか、Twitterとか、「今」を表現している。

 多分、この写真は、ハードディスクがいっぱいになってしまったら捨てるんだろう。もう役割は果たしたからいいのだけれど。

 より「今」に追われるようになったような気もする、やっぱりね。

住宅の広告?

 アパートメントの人看板が、道路によく立っているんです。私のアパートメントのところにも丁度信号のあたりに立っているんですけどね。

 みんな、こうやって、走りながら見ているんでしょうかね。

 それで、ここのアパートメントの人は、いっつも踊っています。寒いから丁度いいのかもしれませんが、この矢印をくるくる回したりして、みている方は楽しいのです。

 残念ながら、ちょっと写真を撮るのが難しくて・・・。また助手席に乗っているときに取る機会がありましたら。

20130128_3.jpg

NEXUS 4 Case

 自分で買ったのではなく、中国の同僚であり、友人でもある人が、買ってくれました。

 Nillkinという中国のブランドのものです。ケースを買おうかな~と思っていたので、とってもうれしいです♪

 持っている手触りもグリップいいですし、衝撃に少し強くなってくれるといいなという期待をもっておりまする。

 今のところ、何の問題も...、バランス、サイドのボタンが押しにくいとかいった問題も見受けられず快適です。

20130128_2.jpg

あれ、これにもはいってるんだぁ・・・

 以前から気にしている甘いもの中毒について。減らしているつもりなのに直る傾向がないな~と思っていました。

 そして、今朝、あれ・・・、コーンフレークにも入ってました。そして、2g suger per servingと書いてあります。

San Jose-20130128-00357


 per servingって何かしら。あるウェブサイトには以下のように定義されていました。大体1食あたりって思えばいいのかしら。

Generally, a calorie / nutritional label with list foods as the amounts per serving. That means that those nutritionalamounts will be what is found in one serving of that product, as many packages will contain multiple products or numerous servings. The size of a serving can vary greatly depending on what type of food it is. Usually, servings are in measuments of grams or cups.

 でも、小食の人もいれば、大食漢の人もいますよね。どうやって考えればいいのかいまひとつわからないような気もします。政府から出されている基準とかもあるのかもしれませんが、いくつかサイトを開く限りは見つかりませんでした。

 Per serving 時々気をつけてみてみましょうか。たくさん加工された食品は買っているわけではないのですけれども。

 350mlの缶ジュースに、100ml当たりの表示がされているのと、per servingと、どっちがreasonableなのか、いまひとつわからないところではありますね。日本でも気にしてみてこなかったので、なんともいえませんが。

本日のヨガ 7

1/27 17:15~ 1.25Hr

 5時間のTTが終わった後、1時間15分のリラックスヨガ。

 先生のインストラクションをよりよく聞くには、初心者向けのクラスのほうが適しているんです。本当は90分のheated vinyasaのほうが好きなのですが。

 しかし、やっぱり言い方を覚えないと、聞き取れても、言えない。よく考えれば、普通の会話も同じだから、わかりきったことでした。どうしたもんか。

 よっこいしょ。でも、やっぱりlazyな私。


 今週は、来週末のtoastmastersのプレゼンをはやく暗記しなきゃ!まだ1/4も覚えてない。木曜日の夜も土曜日一日も予定を入れてしまったのに。

Teacher Training on Jan 27

 最初にサンサルテーションを5ラウンドしてから始まります。毎日一人ずつteacherの役になり、みんなにフォローしてもらいます。

 今日は私がteacherでした。フローを覚えて英語で言うことに集中していたら、自分が身体を動かさないと、意外と、inhale? exhale?とわからなくなってしまって。何回も間違えながら終了。

 みんな、私の英語がおかしいのは知っているので、頑張ったね~で済んじゃいましたが(笑)。こういう時に完璧にこなすことを繰り返すと、きっともっとうまくなれるんだろうなぁ。英語も。ヨガも。



 さて、 そして、昨日の続きです。Kaminoff Mattjews著 YOGA ANATOMYを使って、10程度のアサナの名前の確認、どんなasanaか、どんなmisarraignmentがあるかなどを簡単にディスカッションしていきます。主に、sittingと、backbendを中心に。



 そして、GITAの3章。以下に覚えておくように言われたことをメモをしておこうと思います。

 家系図がでてきたので、ようやくすっきりしました。うーん、HTML上で家系図を出すのが結構大変だったので、ブログに描くのはそのうち。 
 
(1).Gunas = way of being, tendency 3つのGunasが以下のものと言うことのようです。
(a).Rajas  = fire = volatile, driven strong emotion
(b).Tamas  =reawy, lazy, unmotivated
(c).Sattova = wind/water = balanced middle path

 ちょうどYOGAのクラスメートでもあり、YOGA Teacherでもある一人が、"サットヴァ" "ラジャス" "タマス"の食べ物をしていましたので、単語だけ頭に残ってました。

 #マクロビの人が、〇〇を食べるとこんな人になっちゃうよ!みたいな物言いはここから来てるんですね。もともとこの用語はその人のあり方や、性質をあらわすもので、それをinduceする食べ物ということなのかな。私は、そのような脅しのような言い方をあまり好めないので、マクロビにはのめり込めなかったのですが...。もっと考え方が好みの人がいればいいんですが~


(2). Jivan or Altman = soul , spirit etc
moksha <-> mukti = liberation <-> freedom

 Jivamukuti YOGAって、freedom spiritという意味だったんですね。ふむ~。

 そして、アートマン・ブラフマンと哲学の時間に習った時は、なんのこっちゃと思ったものですけど。シンプルにspiritと言いきられてしまうと、ちょっと拍子抜けしながら。キリスト教圏で習っているせいなのかどうなのか。まぁある意味、究極の魂というところなのかしら。


(3).4つのヨガ
Bhakti yoga =devotion
Karma yoga = action
Jnana yoga = knowledge
Dhara yoga = meditation

 そして、四つのYOGAも覚えておくようにと言われました。これとGITAの関係がまだすっきりわかっていないのですが、先生の言ったことを聞き落したかなぁ。

 みんなと同じ理解か心配だから、日本語版のGITAも手に入れようかしら。うーん、ここで安いのが手に入るかどうかですけどね。


(4). Self = still attached to desire --- altman ---Prakriti
self = you are divine supreme consious lines within god...purusha

 これもよくわからなかったのですが、Prakritiというのは、肉体的に実存しているという感じで、Purushaというのは、もっと自分を上位概念から俯瞰したような存在なのかなぁ~と思ってます。日本語のWikipediaで、プルシャとプラクリティをみたけれど、私にはちょっとはっきりつかめず。



 今日の宿題は、またアラインメントをみんなの前で言え、そのbenefitを説明できることとのこと。YOGA Journal( http://www.yogajournal.com/poses/finder/browse_categories )のページが役に立ちます。英語を考えるのが大変なもので、英語で説明する方法がかいてあるぅ!

Teacher Training on Jan 26

 Teacher Training on Jan 13で習ったポーズのアジャストメントの練習から。

 クラスが始める前に「触られたら嫌な人?」と聞いておくのもよいとか。あるいは、触る前に、「アジャストしていい?」と聞いてもよいとか。アジャストする前に、よいところをほめてから、でもねって少し直すのもいいよっていうお話から。

 また、指を立てないこと。手を伸ばしてアジャストするのがよいのだそうです。確かに指が立っていると怖いかも。

 アジャストの練習で、面白かったことをメモしておきます。

 (1).骨盤を思いっきりアジャストするとバランスを崩すので、大腿部のinside, outsideへのアジャストで、骨盤の向きを変えるのは面白かったです。

 たとえば、Urdhva Parasarita Eka Padasana /Standing Splitなども、上げている足の方のhipがあがりがちです。上がっている足の側に立ち、大腿部の筋肉をゆっくり外側に剥けます。

 (2).膝を伸ばした方がよいと思って必死にのばしていたポーズは、上半身がしっかり伸ばせるように少しだけ緩めるほうがいいということも面白かったです。身体をロックしてしまうのだそうです。

 たとえば、Parsvottanasana/ Intense Side Stretch Poseは、後ろの足の開く角度を減らすと足が伸びやすくなります。しかし、前屈するときにもしロックがかかってしまうようであれば、前足のひざを若干緩めてもいいというのです。たしかに必死につっぱってしまうと、グラウンディングがしっかりしないような気もしますね(私見)。

 今まで、これじゃ効かないからとぐいぐい膝を伸ばすように努力していたのですが、考え直すことになりそうです。

 (3).肩のアジャストメントは、ただ肩のところに手を置いて肩甲骨の方に筋肉に沿って降ろします。これが、とても私にはいいみたいです。

 たとえば。Warrior 1 / Birabgadrasana 1でも力は入ってないつもりなのですが、それでも何かふぅっと力が抜ける感じです。

 今日は、二人組になって練習しました。私のペアのお姉さまは、とっても体が柔らかくて、コアも強いので、あまりアジャストするところがないんですけどね。 



 そして、先週の続きです。ひとつは、Kaminoff Mattjews著 YOGA ANATOMYを使って、10程度のアサナの名前の確認、どんなasanaか、どんなmisarraignmentがあるかなどを簡単にディスカッションしていきます。

 実際にアサナをできないことと、教えられることはちょっと違うんですよって話をききながら。できなくても教えられる?そう、Wheel Chairにのってたって教えられるってことらしいんですけど。

 でもやっぱり、先生たち、探究心が深いのであれこれ自分から試すタイプの人が多いから...みんなより美しいアサナをとってますよね。私はサボりん坊で、家にいると殆ど体を動かしていない今日この頃です。そして、今もまだ食べたい病が治らないですし。のんびり行きますわ。

Red Potatoes 煮物編

 先日の里芋の煮物と同じような写真になってしまったので、写真は却下して...。

 人参、キノコ類、凍み豆腐を出汁と醤油炊きました。

 うん、崩れしにくくて食感ホクホクでおいしいです。もう一度やってもいいメニューです。

今日のおやつ

 最近NIJIYAに行くたびに気になっているクッキーがあります。Kelly's Cookie (http://www.kellyscookiestore.com/ ). 

 アメリカでクッキーなんて、甘過ぎで食べられないでしょう!って思うんですけど。あのアメリカでよくある、ソフトクッキーでもなく、ぱっと見日本で見るクッキーみたいにサクサクしていそうなクッキー。みためにいつも心がフラフラ。

 だってねぇ、これですよ、マークホプキンスで渡されるクッキーですら。多分ティファニーとのコラボです。口に入れるのがはばかられる色。

San Jose-20130126-00347

 なやみつつ、やっぱり今日は、こんな感じにしてみました。


 ヨガにもっていくベーグル♪なんと、朝ごはんを食べたのに、今チョコレートベーグルを間食しちゃいました(汗)。

San Jose-20130126-00346


 そして、ヨガの後のおやつ♪

San Jose-20130126-00345


 この広告から(笑)
satumaimo-festa.jpg

お弁当

 アメリカ人のお弁当って面白いんですよ。

 フルーツをビニールに入れて中身が見える状態でもってきます。チップスやクラッカーをもっていたり。電車に乗ったりしないからでしょうね。

 先日ヨガにいったときは、ボイルした野菜をたくさんタッパにいれて、ディップをもってきて食べているひともいました。

 お弁当箱がないので、私も大分アメリカ人化しています。ライスとおかずというスタイルはなんとか死守していますけど、タッパにいれてるのでした。日本のきれいなお弁当箱をみたらみんな驚くでしょうね。日本のお弁当懐かしい。

 そして、味噌汁。みんなくさいと感じないかな、と、ちょっとだけ心配しながらも、堂々と食べてます。だって、ごはんの粘りがないので、水分を多く撮りたくなるんです。

IMG_20130105_144715.jpg

 一週間分のお弁当用おかず...(笑)今回はひじきではなく、あらめで作りました。Nijiyaこんにゃくがおおきくて、こんにゃくたっぷりになりました。

San Jose-20130124-00340

スロープ

 最近、歩くのが面倒くさくなったという自分にあせって、毎日散歩をしています。何は何でも面白いものをみつけようという目標を持って歩かないと、歩くのめげちゃうんです。最初の一週間は、毎日毎日変なもの簡単にみつかりました。

 ひとつは、これです。工場の裏口のところに、坂があります。しばらく、なんだろうなぁと思っていました。


IMG_20130114_121251.jpg  
 

 なるほど・・・。これで、ステップを使わずに、トラックから積荷を上げ下ろしできるのですね!面白いですね。でも、どうですかねぇ。応用が利かないから、土地がもったいないとか思ってしまいそうな私です。


IMG_20130111_123549.jpg
 

 家で話したら、「日本でも、荷を積み下ろししするところが、一段高くなっているところあるじゃん。」と、あまり感動してもらえず。そうなんだ。

SDN

 はぁ、あわてて勉強しようと思って、同僚に尋ねたら、Youtubeのstandfordopenflowをみるようにとのこと。

 http://www.youtube.com/user/stanfordopenflow

 どれからみようかなぁ・・・。

本日のヨガ 6

 1/26 10:00~ 1.5hr。

 柔軟性は殆ど求められず、彼女のコア強化を中心にしたレッスンが好きです。自分がやるとしたらこんな風なフローがいいかなぁと思うんですけど。

 Heated Vinyasaと称したクラスが多い今のスタジオ、どのクラスも、身体を動かす量は多い方だと思います。というわけで、キツイクラスと言うわけではないんですけどね。

 シャバアサナの時に肩を床に押し付けるようにアジャスト。これも気持ちいいですね。

 今日は、先生が「Vinyasa中のダウンワードドックから前に持ってくるフローで、もっと静かに着地して!」とおっしゃいまして。大腿部の間にブロックを挟んで、お尻を上にあげるように飛ぶ練習をしました。

 日本の先生も、同じ練習をしてくださいましたが、効果がわかっていませんでした。日本の女子陣という感じのメンバーですから、いくらドスっという音がしてもなんとなく静かなんですよ。もっと違う癖のある人々がいると、おぉ~!と思うことがあるのかもしれません。事実、となりでやっていた男性、とても静かな、そして美しい着地になりました。

 人類のるつぼスタジオならではだなぁと感じた一瞬でございました。

Nexus 4 その後(3)

 やっぱり、契約していなくてWiFiのあるところでしかつかえないので、使い道については色々悩むところもあるのですが。

 今日ひとつ、ダウンロードしたのが、無料の簡単ボイスレコーダーでございます。

 スピーチのクラブで配信されたコラムを参考に。
 http://www.nytimes.com/2013/01/24/technology/personaltech/exploring-the-many-options-that-make-recording-easy.html

 一度使ってみました。

 ひょえ~、英語のリズムがメチャクチャで、どこで文章が終わっているかほとんどわからない!

 役に立つことはわかりました(笑)

 

RTECCにいってきました。

 http://www.rtecc.com/

 二つセッションを聞いてきました。

 SDNに関連するセッションです。

 SDN (OpenFlow)は、なぜかホットだから、これだけは聞いておこうって感じでいってきました。

 一つは、IntelのKey Note Session. 濃ーい内容と言うわけではなかったんです。こっちにいくよ~!というプロパガンダ的な活動なのかなということなんでしょうけれども、やっぱりお話が上手で面白いですね。

 もうひとつは、Monta Vista. 少人数ではありましたが、質問の多さにびっくり。みんな実装している人々なので、コンテナーと外付けのリソースのひもづけの方法とか、ハードは現行のものですべて対応できるのかとか、もう質問だらけ。プレゼンは1ページごとに質問で・・・ほんとワイワイガヤガヤ。

 Linuxの用語は抑えているので、単語は幸い聞き取れたけど、今更ながらCgroupの意味とか認識させられているような状況で(汗)。

 展示の方は、全く分からず。ハードって全部同じに見えるんですよね(ごめんなさい!)。みんなガーガーあつまって話しているのに全然まともな質問の一つもできなくて、しょんぼりして帰ってきました。ははは~。

 もっと勉強しなきゃ。

 あ、ちなみに、ランチが出ました!ベジタブルラップを選びました。ターキーとかチキンのサンドイッチもありましたよ。下に入っているのはマカロニサラダです。おなか一杯になりました・・・

San Jose-20130124-00339


ps.
Oh...Drawingに紙を出すの忘れた。Nexus 7あたれ!と思ったのに。

本日の英語(24)

 Tradeshowの案内を見ていたら、Complimentary Lunchと言う言葉にあたりました。

 TheFreeDictionaryでかかれている、2番目の"Given free to repay a favor or as an act of courtesy"かな。

 しかし、この辞書の説明repay a favor or as an act of coutesyも自分じゃ表現できないですね。repayなんて思い浮かばないわ。


 また、Drawingsという単語も。こちらは、中身をみたらすぐに推測はできましたが。抽選ですね。

本日の英語(23)

 NWPの明細を初めてまじまじと見てみました。

 Expedited Payment Fee $3.50 というのが毎月必ずついていました。

 eHowというサイトが引っ掛かりました。http://www.ehow.com/facts_6005562_expedite-fee_.html によれば、

 another fee, often a fee for service, to ensure that the service provided will be expedited, meaning that it will be provided sooner than the same service would be provided without such a fee.

 何も、soonerとか指定しているつもりはなくて、自動的にそのようになっているような気がするのですが。今度からクレジット払いのときに調べてみましょう。日本語に訳すとなんなんでしょうかね。



 その他には、以下のリストが毎月ついていました。
Allocated Trash Service
Service Fee
Submetered Water Service
Sewer Base

 Submetered Water Serviceは、上水道で、Sewer Baseは、下水道のようですね。うーん、他の二つは何なのかわかりません(汗)。はぁ、だんだん面倒くさがりの本性がでてきて、こうやって記録するモチベーションがなければなかなか調べない私です。

公道を走る(39)

 今朝は、バッハのBrandenburg concertos (ブランデンブルク協奏曲)でした。

 私の通勤路は、まだできたてのほやほやで、まわりに建物が殆どありません。道の中央には葉の落ちきった並木があり、片側は少し薄い緑の広大な土地が広がっています。片側にはFreewayが並行して走ってますけど。

 朝のきらきらしている日、曇った日、帰りの紫色に染まったこの景色を見ながら走るのは、数分の出来事ですが本当に気持ちよいのです。

 その数分間については、逆側車線が混んでいて詰まっているのにもかかわらず、私はまわりを見回しても数台はしっているかどうかで、唯一あまり緊張せずに走れる瞬間でもあります。

 しかし、年明けから、どんどん開発されており、もうすぐ建物が建ってしまいそうです。

 この音楽と共に記憶にとどめようかしら。写真におさめたいなぁと思うけれど、カーブが多いし、車が来るとかなりのスピードなので、車をとめてカメラを出すのはちょっと怖いですしね。 

 どうなるのかしら。

 数ヵ月後には、この快適な通勤路は消えて混んでくるのかしら。でも、初心者マークの私には、本当にラッキーな道でした。私のためにあるんじゃないかと考えてしまいそうなほど。他から合流する道も、できてきていて、信号も増えそうです。

 さらにしばらくすれば、49ersのスタジアムもできて、5年も遅れていたBartをFremontから南に伸ばす計画が実行されると、人の流れもどんどん変わるのでしょうね。

 何年かに一度は、こうしてベイエリアを眺めにくるのも面白いかもしれません。11年前にきたときは、車に乗らなかったし、活動場所も大きく違うので、変化が見にくいですけれども。



 今日は、空が落ちてきそうなほど雲が低い。少し晴れが続いて洗車しようかと思うと、大雨が降る感じ。
San Jose-20130123-00335

クーポンとアメリカ人のマインド

 郵便受け Mail Boxが、とてつもなく一杯になっていることがあります。

 なにって、大概は、広告なんですけれども。でも、面白いほどに、なんでもクーポンがついています。

 30% OFF, 50% OFF とかもあれば、¢50 OFFとか、$1 OFFとか小さなものまで。保険(!)や、車のディーラー、その他サービス類まで、信じられないほど沢山の種類が。レストランのメニューにも、クーポンが。

 中にはダイレクトメールできたりします。英語を読むのに時間がかかる私、思わず中身を理解するのに、しばし真剣に読んだ後、なんだぁクーポンかぁ~と気がついたりするのでした。だって、なんだかわからないカードみたいなのがついてたりするんで、捨ててよいか悩むんですよ。

 この間もらったシャンプーの試供品にもクーポン、買ったシリアルにもクーポンがついてました。

 定期的にチェックする面倒さに比べたら、多少多く払っても悪くはないと思うほど面倒くさがりの私。自分の買いそうなもののクーポンを偶然見つけると取って置くものの、使い忘れたり、そのときに限って持ってなかったり、なかなかうまく使えないのでした。

 しかし、どうしてこんなにクーポンにあふれているんでしょう。みんなどのくらい利用しているのか、どんなマインドなのか、知りたいですね!

 日本でも、そういえば、ぐるなびとか飲み屋さんはこのシステムがかなり適用されてますね。でも、あのシステムは、名前を取られてしまうから嫌で、よく利用する店を除いては多用はしていませんけれども。

湿度が低い

 暫く前に、雨が降って、少しだけ湿度の高い日があった。あぁ、のどの調子がいいなぁと思っていたら、みんなは「湿度が高くて疲れやすい」だそうです。日本の夏を経験したらみんな驚くでしょうね。

 ここのところ、乾燥していて、喉がすっきりしない日も多いです。喉が痛いような痛くないような?といった感じです。

 こんなときは、お肌は、クリームさえつけわすれなければ、日本にいるときより、毛穴が詰まりにくいような気もしています。あ、私のように、脂性肌ですぐに化粧崩れしちゃう人間にとっては。

 また、紫外線対策はもう少し頑張らないと、あとで大変なことになるかもしれません。去年は、タイ、カンボジア、ハワイと暑いところばかり回ってきて、すっかり黒くなってしまったので、放棄気味になっていました。

 最近の日課にしている昼休みの10~30分散歩でも、かなり日焼けの感があります。雨季が終わったらもっと強いんでしょうねぇ。日傘は日本においてきてしまったし、サングラスも今の薄い色では、とても眩しさを遮断しきれないので運転時は困っていますから、取りに帰りたいわ。意外とみんな日本にしょっちゅう帰っているようですが、どうやったら予算が持つのか...。

本日のヨガ 5

 1/25 17:30-17:00

 昨日から、猛烈に眠い。ほんとふにゃぁ~という感じ。疲れている気はしないけれど、眠くて眠くて仕方がありません。どうしたらいいの~ってくらい。今日の今も眠くてたまらない。

 身体が耐えられないほど太ってきたので、ヨガを週3回はTTの課題に加え、週5日の昼休み20分程度のウォーキング。これらが効きはじめてきたかなぁ。

 7年間、同じ先生でのレッスンしか受けないできたけれど、このTTは、二人のヨガティーチャーについてレッスン。週に1回は二人以外の人のクラスを受ける必要がある。このコンビネーションのおかげか、アサナの深め方も少しずつかわってきているのかも。

 今日は、大臀部をかなり緩めました。Pigeon Pose/Eka Pada Rajakapotasana。そのあと、Cow Face Pose/Gomukhasanaから、上半身を前屈させ、膝の上に乗せていきます。本当に痛い!でも、先生の両側からお尻を小さくするように手でおさえるアジャスト、すごい!あれあれ、上半身がまだ深く落ちていく。

 はぁ・・・眠すぎる。おやすみなさい。

Tradeshowと個人情報

 展示会のようなものに、ふらりいってみようと思い立ちました。

 日本と同様、Registrationをしましたら、日本人の同僚から、情報の使われ方が非常に激しいものなので覚悟するようにとのことでした。

 登録情報は、スポンサー企業にも渡されるそうです。スポンサー企業が、その人をBusiness LeadとしてQualifiedとし、顧客リストに掲載した瞬間に始まるらしいです。

 猛烈なアタックがかかっても、研修中の私はQualifiedとならないでしょうけれども。

 普段から、何か買ったり、サービスを利用するたびに、様々なアンケートがやってきます。日本ならお客様がこんな自動メッセージの直接電話を受けたら怒ると思うんですけど。目的は、社員の評価から、製品やサービスの評価まで色々です。

 ちょっと見てみる、様子見、情報収集っていうよりは、最初から真剣勝負なのかしら、と今のところは思っております。

 しばし、何が起こるか、待ってみます。

本日のヨガ 4

 19:15-20:45。

 ヨガティーチャーでも色々なキャラクターがあると思うけれど、やはりティーチャーというのは、人を集める魅力があるということなのだなぁと思う。

 みんなが、思わず愛したくなる人。みんなを、自然に好きでいられる人。そして、みんなに見られれば見られるほど、それを自分のエネルギーに変えられる人。

 ヨガをすることが好きなこと、彼女の組むフローが気持ちよいことは、もちろんなのだけれど...。

 あっけらかんとした笑いと「楽しいね!」という言葉が、私を、歯の食い縛りから、思わず口元を緩ませてしまうのです。

 ほら、High Pushup, Plank Position,Phalakasana から、Half Pushup, Chaturanga Dandasanaの繰り返しなんて、二の腕が弱い私は泣きたいんですけど、なぜか取り組んでる。

 そして、昨日は、逆立ちの練習。面白いことに、Dolphin Pose から、片足をあげて、着地しているほうの足のばねで上に飛び上がる練習をします。

 身体の堅い私にはとてもつらいです。また、右と左の踏み切り力が全く違うので右足で踏み切るときは全く飛び上がれません。でも、上手にできている人を見ると、気持ちよさそうだなぁ~。足が上までぐいっとのびて逆立ちになっていました。

Networking

 情報収集などのためにイベントなどにもでかけてみようかと思いウェブを見ていましたら、以下のようなイベントをリストしたサイトで、Networkingというカテゴリーを見つけました。
 http://www.eventbrite.com/

 そのカテゴリーには、たとえば、Community Leadership Summit West 2013というタイトルのイベントがあります。これって何するんだろうって?と、先週からしばらく疑問に思っていました。

 ついに今日、我慢できずに同僚に聞いてみました。Job Huntingの目的で開かれているようなものなのだそうです。

 Local Government が開催するようなものもあり、たとえばスモールビジネスしている会社を売りたいとか、エンジェルを探しているとか、そういった人たちが来て、マッチングして、地域のビジネスの活性化を図るのだそうです。

 日本は、ハローワークは知っていますけれども、ビジネスの橋渡しを、地方自治体もやっているのかしら。起業するための講座などは、地方自治体でやっているのをみかけることはありますけど。日本の中小企業の生き方みたいなものも知らないと、日本と比べられないですね(笑)

 ただ、日本にみる、最近の大企業や公共事業への税金投入は、新しいビジネスを活性化するというよりは、死にそうなものを延命させているように読めてしまいます。新しい挑戦者に生命を与えるような政策がなんとかできないものかしら~と思ったりいたします。そう、そのビジネスが成功すれば、次の時代の税金として国にに戻ってくるという、Sustainability持続可能性を持った投資を考えていきたいですよね。でも、死んだものを延命させても、あとあと何も戻らないのですから。私は、相変わらず、抽象論で、具体的な解決策って何も持ってないので大きな口はたたけないわけですが。

 と、脱線しましたが、たった5分の会話だったけど、1週間の疑問をひとつクリアして、次の調査に入れる気持ちになりました。のろいなぁ。このスピードをなんとか加速したいです。

公道を走る(38)

 小さな音できいているKDFC。今朝は、John Williams: Summon the Heroes / Boston Pops Orchestra / John Williams。 一瞬エンジン音がおかしくなったと思って焦ったけれど、音楽だったみたい。ふぅ。

 昨日は、うっかり、ゲートに右のミラーをちょっと擦ってしまった。ミラーは可動式だから大きな傷にはならなかったみたい。でも、やっぱり慣れてきたと思って気を緩めてしまったのかなと反省。

 さて、メンテナンスに来るようにディーラーからの仰せのメール。やっぱりがんばっていかなきゃ駄目なのか。そこまで行くのがこわいから、ディーラーさんにきていただいて、フロントライセンス装着しましたが。

 さらに、渡米当初から愛用し、よれよれになりセロテープでとめて使っていた大きな地図が見当たらない。地図って意外と高いから再度買うか悩む。でも、やっぱりあったほうが気持ちが楽なのは確かなのよね。

本日の英語(22)

 Airline officials have grounded all Boeing 787s in their fleet.という文章を読んで、fleetって何?と思いました。

 TheFreeDictionaryによれば、
 1. A number of warships operating together under one command.
 2. A group of vessels or vehicles, such as taxicabs or fishing boats, owned or operated as a unit.

 この場合は2なんでしょうね。航空会社が持っている飛行機群ということになるんでしょうけれど、日本語にはなさそうな概念?と思ったんですけど、どうでしょう。1を読む限りは軍隊から来た概念なんですねぇ。

上のお部屋

 理由はわからないのですが、上のお部屋の方は、とても歩き方がうるさい。どうしたらこんなに音を立てながら歩けるのかと言うくらいうるさいんです。ドスンドスンドスンという感じです。

 とぉぉっても太っている人なのかしら?

 それとも、鉛の入った靴でも履いてるのかしら?

 そして、時々、音楽もかなり大きな音でかける。ベースの大きな音がする音楽か、もしくはインドあたりのものではないかと思われるアジアの民族音楽のようなもの。

 ふむ~。これもまたズンズンと体にくるような音がします。

 時々、どんなひとなのかしら?と想像が膨らんでしまうのです。
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク