結婚記念日

 どうやら、相方君は家族たちとおでかけらしい。

 時差もあるから私の中では明日の気分だけど。
スポンサーサイト

NamiNami @ MountainView

 MountainView、あまり良いイメージはもっていなかったのですよ。相方君を送り迎えするのは夜だったりして暗かったですし。相方君と、ランチにきたときは、年末だったからか、2時すぎだったからなのか、とっても静かでワクワクした気持ちが湧き上がってこなかったんです。

 しかし、平日のお昼は、生きている街の顔でした。駐車場は満杯でとめるのが大変なくらい。

 少しこじゃれた感じのお店が並んでます。中にいるのは、サンフランシスコのようにスーツを着た人たちではないですけどね。

 マウンテンビューまでも、ライトレールで来れるんです。

 友達が来たら、車でなくてもつれてきてあげられる場所です。そんなに色々は回れないかもしれないけど、街をプラプラする楽しみはあると思います。

 ファーマーズマーケットと、街歩きにきてみようかしら。いつかね。

IMG_mountainview-naminami1.jpg IMG_mountainview-naminami2.jpgIMG_mountainview-naminami3.jpg
 

 友人はゆどうふのようなものを食べていました。私はサバの味噌煮をいただきました。どこ産のお魚かはわからないけど(笑)、おいしくいただきましたよ。

 これで、税・サービス料ぬきで12ドル。悪くないでしょう?音楽も、変な日本音楽ではなくて、静かなジャズが流れていました。おちついた雰囲気でよかったです。 

本日のコーヒー

IMG_20130330_konacoffee.jpg

 えへへ、いつもと違うところにふらりとよったら見つけてしまった。

A4の紙を探せ!の顛末

 「A4の紙を探せ!」は、自分の中ではとっくに終わった話ではあったのですが。

 オーダしてしまった紙はとりにいかねばなるまい。

 Costcoのすぐ近くにあって駐車場にはいるのに車が詰まるし、また空港の周りでFree wayがたくさん出入りしているので、車の流れも速め。いきたくないんだよね。

 ようやく自分の車が修理から返ってきたので、とりにいくことに。

 でてきました。箱に入っていたのだけれど、開けてみると、下の部分も、左の横も、包み紙がビリビリ。どうしたらこうできるのかな、メリケン人。ま、終わったことだからどうでもよくて。ただ、引き取ってきた。

IMG_20130330_a4paper.jpg

納豆シリーズ

IMG_20130330_natto.jpg

 ボストンにいる同僚が、納豆の不思議な入れ物に入った写真を見せてくれた。でも、このあたりでは、日系スーパーがあるので、日本とほとんど変わらない納豆。


IMG_20130330_natto1.jpg

 今日初めて買ったけど、うしろの消費期限をあしたまででした。お醤油が甘かったです。小倉城?熊本城?それとも...???

IMG_20130330_natto2.jpg
 
 「しかや」のはなんどか食べてますが、なかなか良いお味だと思います。


IMG_20130330_natto3.jpg

 そして、いつものNijiyaの納豆。こちらの消費期限は4/13になってます。むしろ、なんでこんなにながくてよいのかしら。冷凍してあるように見えるときもあり、アメリカの納豆ってよくわからないのよね。とりあえず小粒で食べやすいですよ。


 小粒で食べやすいと言えば、大豆も小さいみたいなんです。Nijiyaで乾燥した大豆を煮豆用に買ってきますけれど、小さいですよ。

 よくみるとうずらまめも日本より粒が小さいかも。

IMG_20130330_uzura.jpg

ひよこまめと、缶きりの話

 ガンバルゾー(ひよこ豆)が食べたくなって。日本で入手するガンバルゾーって、多くがメキシコ産なんです。もしかしたら、オーガニックガンバルゾー安いかも♪と思ったのですが、乾燥したものはなかなかおめにかかれません。Whole Foods Marketにでもいかないとだめかしら。

 とりあえず、Safewayで、缶入りの煮豆を買いました。

IMG_20130328_ganbaruzo.jpg



 アメリカ人の、こういうところの割り切りが、好きですわぁ(笑)。缶に紙が巻いてあるだけです。なんだか。すごく昔の食品みたい。日本だとなかなかこういうのはお目にかかれないですよね。

 アメリカ人の大量生産・大量消費の活動を、私は好きではないと申し上げました。しかし、過剰なパッケージングしない、コスト優先としたら、その徹底的な感じは好きですね。日本人ってどこか妥協できないで全てやってしまうような気がしますけど。

 一方で、美しい包みに入っている方がおいしく、またうれしく感じたりもするのも、個人的な感性としてはありまして・・・。どちらを買うかと言われると、悩むかもしれません。



 さて、しかし、この豆を食べることができません。

 てっきり、私は、缶切りを持っていると思っていました。

IMG_20130330_wineopener.jpg

 ふにゃぁ、なんどやってもあかないわぁ、私ったら、缶きりの使い方忘れてしまったのかしら。あれ?あれ?

 よく見てみますと・・・、栓抜きでした!

アンデルセンベーカリー

 どうやら、色々他の人のブログを検索すると、このパン屋さんは、日本の懐かしのパンの味が楽しめるらしい。

IMG_20130330_anfrtdrn.jpg 
 
  「ミニバゲットある?」ときいたら、出してくれたパン。ミルクパンみたいな味でした。 コーンポタージュといっしょに。
IMG_20130330_andersen2.jpg


 クランベリーのパンも。
IMG_20130330_andersen3.jpg

ストレス発散のお買いもの

 車で人のたくさんいるところに行くのが嫌で嫌でたまらないわたくし。こんなときは、ライトレール(路面電車)で、お出かけという手があったのをようやく思い出した。ライトレールがあるから、ここに家を決めたんだったと、半年前の決断を忘れていたわ。

 Great Mallについてみると、車は一杯。電車で来たかいがあったよ!本当に通勤路とほとんど同じで頑張れば車でもいける場所なんだけど。

 ラッキーなことに、いい天気で気持ちよい。久々に歩いてすごくつかれた気もするけど。そういえばだるいからといって、また今週はおさんぽをやすんでいたのだった。体重も元の木阿弥の最大値まで戻ってしまったし少しは運動になったかな。

IMG_20130330_greatmall3.jpg IMG_20130330_greatmall.jpgIMG_20130330_greatmall2.jpg
 



 目的は、2つ。

 1つはヨガウェアの購入。TTの友人らが、春だからなのか、人の前に立つからなのか、どんどん新しいウェアをきて来る今日この頃。私は、相方君に結婚前に買ってもらった、もう8年ほど着てヨレヨレになっているヨガウェアを着ていた。洗濯機で毛玉だらけになってしまっていて恥ずかしい状態でもあったから。

 ボトムはあまりぴんとくるものがなかったけど、なんとかはけそうなものを選択。


IMG_20130330_yogaware1.jpgIMG_20130330_yogaware2.jpg



 もうひとつは、洋服。落ち込んでいるときは、洋服を買うに限る!洋服は十分あるのだ。日本では毎月1着くらいのペースで買っていたから...。でも、こちらにきてからは、気に入っている服がなかなか着れない。理由は、TPOと洗濯ね。デリケートモードで洗っても、次々にボロボロになってしまうので、気に入っている服を着るのがなんか悲しくて。もうあきらめた服ばかり着ているから、なんか元気が出ないのかも。洗いやすくて、自分の元気の出るもの!をさがそうかな。

 しかし、購買意欲満々で行ったのにそそられない。あまりテロテロした材質のものは着たくない。いろいろうろうろするけど、どれも今一つ。 洗濯してすぐにだめになってしまうことを考えたら高いものは買う気がしないはずなんだけど、やっぱり買うなら着心地がいいもののほうがいいんだけどな。

 最後に疲れ果てて、思い切る。この値段なら洗ってすぐにこわれても涙は少し!と思いながら2着。やっぱり私は、メリケン的購買活動に向いてない。使い捨て・・・。大量購買・・・。メリケン的といいつつ、日本だってそうなりつつあるけど。正直、こういう価値観の国になってほしくないと感じる。

 いいものを着たほうが、背筋がピンとするし、心地よく過ごせるし、長く使おうと努力するし...。だめになったら再利用するほうほうまで考えちゃうかもしれないから。

IMG_20130330_youhuku.jpg


 帰ってきてみると、ヨガウェアと全部合わせても、今までのボトムス1着分にもならない値段。すごいなぁ。まぁ、あとは、どのくらいもつかよね。

 相方君の夏物のポロシャツも2枚仕入れた!たまにはこんな一日もいいかな。

予測する力

 少しディスカッションをしていて、彼が「もっと大局観がほしい」といいました。そして、未来を「予測する」ためにと。

 私が思うに、「予測」と「未来」を一致させるためには、Right TimingでのPredict予言も必要不可欠なんじゃないかなと思います。

 心の中で予測するだけじゃなくて、現状を読む、そして語ることで、周りを巻き込んでいく。そして、その予測を、未来の現実にしたてるということなのではないかと。

 読むことも、語ることも苦手だけど・・・そういう人を見て、聞いて、そして、感じるだけでもできたらいいな。

久しく本を読んでいない

 3月も終わり。

 最近、何の仕事してたんだろう?何しようか考えて、手をつけて、あまり次のアクションをみつけられなくて、また次のことを探す。意思と一貫性を持った活動ができていない。

 達成感がほしいけど、そもそも何を目指してたんだっけ。とにかく、やったことを書き出してみる。なんだか余計がっくりする。

 ふぅっと、何か本を読んでないことに気がついた。

 ウェブの情報ばかり読んでいるから、アーティクルをあれこれ飛んでしまうと、最初に考えたことを忘れてしまうし、情報をまとめなくなってしまうのではないだろうか。

 本を読む -> 閉じる -> 思い出す っていう儀式が、好きなのかも。

 小さいけど、達成というか、区切りがあるから。 
 
 今、Amazonのリストの中には10冊程度。運べるかなぁ。重量オーバー?

公道を走る(51)

 ようやく車が帰ってきました。

 つらかった・・・。ストレスで食べ過ぎて、おなかはずっとこわれているのに、体重はもとにもどってしまった。

 やっぱり自分の車が一番。これでダイエットにも集中できるかな。

Face Bookに関する雑感

 FBを使っている。登録したのは、随分昔。使い始めたのは、日本で流行り始めてから。色々試してみたんじゃないかなぁ。コミュニケーションツール好きだし。もう、1年以上アクティブにつかったので、すこし今日の気分をメモ。

 面白いのは、
 (1).音信普通だった友人らとつながれること。
 (2).スマフォとのインターフェースのよさなどを楽しめること。画像・動画・GPSetc...

 使い方の結論としては、こんな感じ
 (1).従来型でアクセス制限して特定会員制のグループでのSNS的使い方
 (2).商用、もしくは、公的で差し支えない情報通達(風景写真、文化紹介など)

 しかし、ザッカーバーグ氏の目指している、リアルとネットのidentityの一致は否定しないのですが。だからこそ、ネットでも、リアルと同様な、複雑な距離感があるのかも~と思ったりもする。

 もうひとつは、結局、自分がLikeを押したり、Locationにインプットしたものに関連する広告が表示されて邪魔くさいと感じ始めた。彼は、当初、広告なんて興味ないといっていたのも、上場したから許されなくなったのかなぁ。(要調査だわ)

 そんなわけで、いくつかのことは守ろうということにした。あきらめた把握されて良い情報は、(a).交友関係、(b)過去の位置情報(リアルでは最小限)、(c)いくつかの自分の興味の対象。

 いまのところ差し控えようという活動
 (A).Share
 (B).余計なApplicationの利用
 (C).他のサイトとの相互乗り入れ
 (D).写真/動画などでの顔露出/Tagづけ
 (E).思想を前面におしだした書き込み

 さて、まだ、FB上でどんな生態を示していいのかわからないけれど・・・。FB自体も、これからどう変わるのか、変わらないのか。あるいは、FBは生き残れるのか?

本日のヨガ 25

 17:30-19:00

 昨日のサイドストレッチが効きすぎなんです・・・。

 なのに~、コア、ひねりまくり、アームバランス。泣けました。

 でっかいカリフラワーを買ってきて、トマトで煮てもりもりたべました。舌やけどちう。

睡眠時間

 http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120216/227278/?ST=eco

 日経ビジネスの、「研究室に行ってみた」というシリーズで、現在、睡眠の特集がつづいている。

 自分は、子供のころは本当におきていられないという自覚があった。親も良く寝る子で、その意味においては楽だったといっているけれど。

 高校入学後、1年目は、家に帰ってきたら目が開けられなかった。5時に帰ったらそのまま寝て、夕飯を食べてお風呂に入って、また寝る。授業中も目を開けていられず、授業に全く点いていけない。2年目からはなんとか授業中起きていられるようになり、ようやく理解できるように。大学に合格したとき、「勉強しないで寝てばっかりで・・・」と家族によく言われたものですが。

 入社後しばらくしてから、平均睡眠時間6-7時間。結婚してから、主婦+学生+会社人+その他で、平均睡眠時間5時間程度。

 今は、主婦がなくなって、7時間くらい。それでも国際的には、少ない睡眠時間なんですね。疲れが取れないと思っていたけれど、積極的にねてもいいのかも。最近は土・日も気を張って生きていることが多いし。

食パンシリーズ

IMG_20130323_175609 (640x480) 

 割としっとりしたパンです。3日経ってもパサパサにはなりませんでした。

 こんなに大きくUSDAロゴいれてるパンは初めて見ましたよ。でも、Safewayだからなのか、このシリーズは意外と高い価格設定なんですよね。


IMG_20130323_191508 (480x640)IMG_20130323_191721 (480x640)

 それから、ダイエットと言って甘いものを禁じたはずなのに、時々、夜中に甘いシリアルをたべてしまっています。これさえやめれば減りそうな感じもありますけど。

 体重計を買って1週間でなんとなく3lb減った後、上下動はするもののここに収束してます。2011年11月の体重に戻すとすると、あと-17lb。せめて、あと-7lbを、1ヶ月半くらいで減らしたいわ。

セロリの金平

IMG_20130325_201523 (640x480)

 えへへ、美しくないですが。切れないほうの包丁を使っていることに気がつかず、なんて固いの!とため息をついてました。

 でも、セロリ、本当に固いんです。

 最初は、生野菜で食べようと思ったんです。ちょっとつまみ食いで小さくきって口に投げ入れたら、繊維がごぼう並みに固いんですよ。ゴホゴホとのどに詰まりそうになってしまいました。

 それで、昨日は、トマト煮にしましたが、今日はしょうゆ味で金平に。材料はほぼ同じなのに全く違う料理になります。

 合うの?と思うかもしれませんが、意外と大丈夫なんですよ。

 にんじんとセロリとマッシュルームを、オリーブオイルで軽くいためて、水に溶いた顆粒昆布だしで軽く蒸し煮、最後にしょうゆをたらしました。

公道を走る(50)

 ALTIMA運転し心地は、なれないことを除けば、そんなに悪くはないと思うんです。でも、色々疑問がわいてきたので。

(1).driver seatは、passenger seatと同じなのでしょうか。

 もしそうだとすると、何故かえないのでしょうかぁ。

 おそらくソファー的なすわり心地を目指していると思われます。まぁ、多分後部座席でゆったりするにはいいでしょう。

 運転するほうからするとどうなんでしょうかねぇ。個人的には腰のあたりはもう少し強いサポートのほうが安定します。あと、極度に緊張しているせいとか、体調のせいかもしれませんが、このふわぁっとしたのに酔います。


(2).計器は何をどの角度からみることを想定しているのでしょうか

 計器見難いですねぇ。設定されている視線がもう少し違うのかなぁ。ハンドルに手を置いていると、速度が瞬時には見えません。あと、蛍光の場合は、やはりデジタル数字のほうが見やすい気がします。

本日のヨガ 24

3/25 17:30-19:00

 はぁ、今日はサイドストレッチしまくり。気持ちよかったー。

 でも、決めた、私の、最終テストのシークエンスの一部。うまくフローを組めるかなぁ。

 頑張って考えてみよう。

公道を走る(49)

 今日から4,5日、Nissan ALTIMAの新しい車にのります。

 また、起きたら、おなかが壊れてる。

 先々週から調子が悪いのは変わらないのだけれど、やはり行ったことのないところにいったり、乗ったことのない車に乗るのは、緊張なんですね。自業自得だけれども。

 さて、ALTIMA君、まだ走行距離200マイルもいっていない新車でした。すごい、こんなにののっちゃっていいんでしょうか。車好きなら大喜びするところでしょうね。

 Seatの位置、Mirrorの感覚、Steering wheelの大きさ、やわらかさや、位置、エンジンのかけ方から何から何まで違って、やっぱりドキドキします。車体がやけに大きく感じるのは気のせいかなぁ。アパートメントのゲートを通るの気をつけなければ。

 エンジン音の違いにもおどろきます。アクセルを踏むときに、我がLancer君は、かなり車らしいいい、ぶぉぉんというを出すのですが、ALTIMA君は静かすぎます。スピードは景色からわかるはずだし、まわりとさほど違わない速さで走っているのだから関係ないのですが、耳慣れているのがなくなると、妙に静かで不思議な気分です。

 さらに、ウィンカーの音なんかも、とっても静か。音楽なんてつけたら聞こえないんじゃないかしら。さすがに緊張と、腹痛で、ラジオなんて流す気にもなれなかったけれど。
 
 片道10マイルものらないのですが、シートがとてもやわらかくて、luxuryな気分でした。でも、Steering Wheelが大きすぎて、また、シートをかなり引いて、上げないとつかえないので、何か変なところが狭いような気もいたします。堅いほうがいいのか、柔らかいほうがいいのかは、好みではありますけれども。あまり柔らかいと腰的にはどうなんでしょうね。

 ブレーキングが気持ち悪いくらい心地よい。すごい、私のブレーキングいつの間にうまくなったの?という感じです。ガクンが全然ありませんよ。

 あと、キーはエンジンをかけるのには関係ないのはいやですね。間違えてキーを入れたまま閉めないように気をつけなければ。

 そういえば、この間ナパに行ったとき乗った車も、Nissan車だったのかなぁ...。


IMG_20130325_100032 (640x480)




 今日も、地下駐車場に入るのに下から車が上がってくるのを待っていたら、坂の直前で止まっている私を追い越して2台車が続けて駐車場に入っていきました。この人たち、下から車があがって来るの見ないでいきなり降りていくのかしら?そういえば、この間私が上に上がっていくときも、思いっきり道の真ん中に突っ込んできた車がいたっけ。のぼりの私が停まって彼女が道の真ん中を堂々と下っていったわ。常識としては、Outが先なんでしょうけどね。アメリカってこんなところ。

えーん。PCさようなら。

 パソコンがついに。

 何かが壊れたけど、ソフトっぽい気もするけど、ディスクの一部が壊れたのか....?

 ウィンドウズは立ち上がる、ログイン画面もでる、ログインすると、一瞬だけデスクトップ画面が出てあとは真っ白・・・

 セーフモードであげても症状はほぼ同じ。

 ネットで調べたけど、Windowsの起動ディスクも持ってきてないから面倒くさいなぁ。

 家計簿とか、Toastmastersのスピーチのビデオもきえちゃったかなぁ。写真はどうでもいいけど...。まぁなくなったらなくなっても死にはしないか...。 

 えーん、日本の税金のこと、車のこと、体調もいまいち、いろんな事件続きで、精神的にも、肉体的にも、懐的にもダメージを受けているのに、私のコミュニケーションツールまで奪うのかぁ。ショック。

Observing and Supporting Session 3

 先生が、今日は、私に、足のマッサージをリードする時間を下さいました。

 初めて、英語で、仲間じゃない人の前で説明。ankleと、elbow間違えたり(笑)大変だったけど....。皆が笑ってくれたので助かりました。

 また、少しだけ、アジャストのお手伝いをしました。ちょっと怖かったけど、ピジョンとチャイルドポーズだけだったので、なんとか。

 なんとなく、みんなが笑ってくれて、リラックスしてくれて、また来たいと思ってくれればいいな・・・というだけの気持ちでやってました。

 先生になりたいとか、これで食べていきたいという気持ちでは全くないのだけれど、人に何かをシェアできるっていいなとは思います。どんな仕事でも同じですが、反応がダイレクトなのでなおさらかしら。

Mid Term Test of TT --- day 2

 今日はMy turn...

 ふぅ、長すぎたかと思ってスキップしたら、22分でおわってしまった。がっくり~。

 でも、足裏のマッサージから始めたら受けました!

 日本にいたら何も面白みのない私が、日本人ということが、これだけユニークネスになるのだから、ここにいるのはお得♪

 でも、ほんと、みんなが笑ってくれておもしろがってくれたらうれしかったでした。

 色々シークエンスがうまく言ってない部分もあって、失敗したので、特にHigh Crescent Lungeから、Warrior 3はみんな全然駄目で悲しかったなぁ。Warroir 3気持ちいいポーズなのに。

 こんどはうまくやります。

 自分が、Vinyasa大好きなので、全部Vinyasaでつないじゃいました。フフフ。鬼?

情報の渦の中で

 何が真実なのかわからない。一方で、情報を、鵜呑みにする気にはなれない。


 叫んでいる友人たちの声がきこえる。彼らが叫ぶことによって、多くの人の耳にも触れて、認知度が上がっていることもわかる。だって、実際、私もその声を聞いている。

 二年たっても、私はまだアクションを起こしていない。こういう情報を集めては、不安、心の乱れ。自分がそういう精神状態になっても何も解決しないことをいいきかせるところで留まる。

 友人らの叫びは、解決する道に近づけているのだろうかということ。彼らは疲弊している、叫ぶことに。そして、政治やその他やり場のない怒りに、自らを傷つけて、ストレスにさらされている。彼らは、みんなを幸せにするために活動をしようと思っているはずだけど。



 そういう活動をむしろ冷ややかな目でみる人もいるわけで。「被害者ぶるな」「正義ぶるな」「データを示せ」とか。確かに、時として、物言いは、怒りが前面にでていて、問題点をみえなくしていることもあるようにも思われます。

 でも、データが全てなのだろうか?科学万能?不確実だからこそしなければならないアクションもあるとは思う。結果がわかるまで待っていられません。人体実験は避けたいところです。

 また、データとは単なる統計的なものであるからして....。例えば、0.01%にしか影響が出ませんといわれたら、0.01%は例外として捨てるべきなのか。では、どこまで小さい値ならいいのか?

 あるいは、科学者たちは0.01%なら「放射性物質の影響と相関関係は証明できない」というかもしれません。科学者がそういったら、本人も、そのせいで病気になったとは証明できません。人間の身体は均質にできてないし、環境も均一ではないし、人間の免疫を考えれば、複合的な要因で病気になるので、簡単に証明はできないかもしれないです。

 リスクは高くないかもしれない。でも、"少しでも"リスクを減らしたいと考えるのが自然なのではないかと。



 心配しすぎて精神的ストレスになるのも問題という先生もいらっしゃいます。

 果たして、その地域に住む人たちが、信じたくないのだとすればどうすべきなのだろう。叫びは、彼らを救うためのはずが、彼らを苦しめるだけなら、知らせるべきではないのか?そこに住む妹とその子供たちに情報を送るかとどめるか、ドラフトで止め捨てる・・・の繰り返し。本当に重要だと思ったものを除いては。

 でも、彼らになにかあったら、私は後悔せずにいられるのだろうか。避難したいといえば、手をさしのべることもできるのに。


 
 毎日色々な情報が流れてくるけど、今日はこれらにこころを揺さぶられる。どうしたものかな...。
 http://takumiuna.makusta.jp/e212524.html
 http://takumiuna.makusta.jp/e211319.html


------------------
3/28

 なんでこんな夢を見てしまったんだろう。

 窓から戦車がみえる。彼らが何かを発射している。でも、ここには届いていないように見える。

 ある人が、ずっと窓からそれを見ていた。「彼らには、威力がないみたい。痛くないよ。」と笑った。

 「ほんと?」、彼女が振り向いたら、顔が真っ赤に腫れていた。彼女にそれを指摘すると、彼女は鏡を見て泣いた。

 私は自分は怖くて隠れていたけれど、彼女に危ないよといえなかった。

 自分の中にある"恐れ"を他人に押し付けてはいけないと思うけど...。

 またぐるぐるしてきたみたいだなぁ。薬膳を勉強していると聞いて余計泣けたのかも。そんなタイプの人間じゃなかったのになぁ。


 こういうのを読むと、"怖い"ということを押し殺しているんじゃないかという疑問が抜けないのよね。
 http://bigissue-online.jp/2012/11/16/isolated-mothers/

 追記4/23:でも、関東一円が汚染されているなら。私は、当初、職探しもやってあげるといったのだが....意味があったかどうかわからないなぁ。


 追記9/26:マーガレット・ヘファーナン: 「意図的な無視」の危険性を観る。まさに、福島はその状態だと感じます。とにかく、目をあけて見続けなければとは思うけど。"変わらない"と思っているわけではない。世の中から見たらとてつもない狭い"家族"という目線につねに悩まされてる。

 http://www.ted.com/talks/lang/ja/margaret_heffernan_the_dangers_of_willful_blindness.html?source=facebook#.UkMknCBfIzH.facebook

Mid Term Test of TT --- day 1

 やる気が出ない、何もしたくない...朝起き上がれない。

 熱を測ったら37.5....うーん。

 今日は、筆記テスト受けました。綴りがあってないし、アサナ名覚えてないのもあった。最終テストまでにはちゃんと覚えてね~、だそうです。頑張ります。

 そして、実技テスト。今日は、Student役と、Observation役。明日は、Teacher。みんな結構上手だったなぁ。

 やはり、Teacherになりたい人、自分なりの表現を持っているので、面白いです♪

 私?30分ともなると、すぐ休んでしまって通しで練習すらできていない。Toastmastersは、5-7分なのでなんとか終わりまでできるけれど。

 ネイティブとちがって、英語を思い出すのに時間がかかるし、舌もまわらないので、おぼえちゃわないといけないのにな~。

本日のヨガ (自主練 4,5)

 30分のミッドタームテストのため...3/21,22の夜は1時間ずつかるくフローを流しました。

本日の英語(32)

この表現が気になっているのです。気にするといっぱいある。

com·prise と be comprised ofの違いは何なんだろ・・・。

Methane hydrate is a frozen form of natural gas "comprising" methane and water.

The U.S. House of Representatives is "comprised" of 435 voting delegates and five non-voting delegates.

The company was "comprised" of several operating divisions.

The play "comprises" three acts.

まだ調べ中。

都会の風

 会社の周りの風景。空が広い。

20130322_a.jpg 20130322_b.jpg


 はぁ・・・

 いいところだよね。自然がたくさん。



20130322_c.jpg

 でも、サンフランシスコに行ったら、なんとなく泣きたくなってくる。ここが勤務地だったらどんなにいいだろう。

 私はつくづく都会っこ。

 かわいらしいカフェが並んでいるのを見ると、気持ちが落ち着く。でも、何も喉を通らなそうでどこにもよらなかった。なんとなくまた車を運転しなきゃいけないことを考えると、depressed・・・

 しかもおしゃれな恰好をした人がたくさん。スーツを着た人たちが、ランチを取りながら商談でもしているのか、それとも同僚なのか、話をしている。きれいな恰好をして背筋を伸ばして・・・

 それに引き替え、ボサボサの髪、電車に乗るのに少し汚めの恰好、でもサンノゼでは浮かない、サンノゼ仕様。

 元気出していこう。今度は洋服でも買いに行こうかな。

またしても...ACME Bread

20130319_2.jpg 20130319_1.jpg
 
 

 ストレスでおなかがこわれているのに、ひと仕事終わったら食べる方に走るわたし。

 このテーブルパンはオリーブ入り。買ったその日にたべたら、火を通さなくてもおいしかった。

20130319_3.jpg

 これは、レーズンと胡桃のパン。5日間朝ごはんになりました。2日目からは冷凍したけど、さいごまでおいしくいただけました。

 「やる気の素」とおいしいパンのことをよんでいる方がいますが、その気持ち共有できます。

キヌア?キノア?を食べる

 こちらにきて楽しみの一つは、穀類が安いこと。日本だと猛烈に高い穀類がお手軽な値段で買えます。

 キヌアを先日買ったのですが、さっそく、パスタに入れてみました。

 キヌアってどうやって調理するのとおもったけれど、袋に書いてあった。

1.洗う

2.キヌアと、キヌアの二倍量の水をレンジ可の皿に入れる
20130322_1.jpg

3.4分レンジにかける
20130322_2.jpg

4.かきまぜて、また2分レンジにかける
20130322_3.jpg

できあがり♪

5.パスタの中にまぜこみました。
20130322_4.jpg

ハッカー道場へ向かう

 今日の会場は、Hacker Dojo。こうやって、馴染み深いサウンドが響くことが良くあります。"Zen"とか、"Dojo"とか。

 オリエンタルな名前が、ちょっと特別感を演出してくれるんでしょうか。

 一方で、アジア系の人間が早い段階で沢山移民してきたということもあるんでしょうかね。武道の道場もたくさんみかけます。ある意味このサウンドが、生活に染み付いているのかもしれません。

 なんて考えていたら、こんな記事に出会いました。上田 紀行氏( 文化人類学者、医学博士)が、アメリカでは「仏教が個人主義と結びつく」とおっしゃっています。(http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20130305/244525/?P=1の3/7,4/7ページ目)。MITは東海岸だし...これがこちらでもあてはまるかわかりませんが、色々な解釈の可能性があることはわかりました。



 で、この場所は、起業家のワークスペースのようなところです。プレハブみたいな感じの場所でしたよ。

 http://www.hackerdojo.com/

 渋谷のヒカリエの最上階にも、そんなところができたみたいです。人づてにお話を聞きました。日本も不況不況といっているけれど、これからは今までの官僚的/大企業的価値観からはなれて、自立して自律的に生きる力を持ったざるを得ないのでしょう。ぼつぼつ頑張っていきましょう。

 何事も、組織の歴史が長くなり、組織の規模が大きくなればなるほど、その組織は腐敗しがちになる。それは、ある意味、自然の摂理なのかもしれません。国家、企業、あらゆる組織において。下克上、幕末というような破壊的な革命で壊さなければならなかったこともありましたね。

 明治元年(1868年)からだと145年ですかぁ。あるいは、第二次世界大戦終了後(1945年)からなら68年。企業の寿命は何年サイクルって習ったっけ...。

 そんなわけで、自分の存在意義を探す旅になっているような気がします。会社の一員としても、この世に生きる個人としても。こんなにのんきなことでいいのか、即戦力のはずのもう○才の私ですが。ただ、「わからないから何もしなかった」という後悔をするよりは、まだ「やったけどうまくいかなかった」ほうが、自分にとって納得できるものであろうから。とにかく思いつくアクションをすべて実行するだけ・・・が今の自分です。



 本当は、引きこもるか、運転手つきの生活をしたいのに・・・!あたらしいところには行くまでの間に、ストレスで喉が詰まります。実際行ってみたら、本当に運転が大変で。駐車場は少ないし、一回Ellisという通りに出てしまってUターンしたくて中央線よりに入っていたら、高速の入り口の車線に入りました。Uターン後に逆車線で同じことをしてしまって。入る前に周りの車が出るのを許してくれて無事到着。・・・と思ったら駐車場がなくて、道に縦列駐車するはめに。帰ろうとしたら前後に車がとまっていて嫌になりました。うう、わざわざ会場から1つ会社を挟んだ遠くに停めたのに!



 本題に入って、今日のTech Talkは、Ben Pfaff氏の "Open vSwitch - Past, Present & Future"です。これなら、hackerでなくてもついていけそうでしょう?と思ったんですが。かなりディープな話題でした。いや、このMeetup自体がディープな感じで、いってみたら、なんとなくエンジニアの集まりって感じでしたもん。

 もうひとつ実感したのは、TEDとか、Toastmastersとか、確かにアメリカは、表現の国ですが、エンジニアは朴訥とやはりしゃべるのだなぁ、と。過剰なパフォーマンスはありませんでした。

 あと、やっぱりOVSは、パフォーマンスに関しては、まだまだいろいろ未知数な感じなんですね。聞き取れなかったりもした部分もあったけれど、商用での利用実績も少ないようですし。

 最後に、なんだかんだいって、西海岸の人々、働き者です。定時後に、こんな会議にわらわらと集まってくるんですもん。日本でもテックトークとか、ネットワーキングとか、もっと気軽にできたら面白そうですよね。

 それから、なんとなく話しかけやすそうな人に話しかけてみたら、やっぱり、エンジニアではなかったでした。スタートアップ支援をするビジネスの会社の人だそうです。何回か続けていかないと、顔がうれないなぁ・・・ここで顔を売るべきかわからないけど、あと数回はこの会議にでかけてみたいと思います。女性はたったの数人でしたからすぐに覚えてもらえるでしょう。
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク