スープにお酢

 玉ねぎ、にんじん、キャベツなどの野菜をたっぷりいれて、ヒヨコ豆かレンティルをいれた、500mlくらいのスープを作るんですけど。

 最近、ハニービネガーや、バルサミコを、大匙1加えます。これにはまってしまって。

 暑いから、酸味のあるものについつい惹かれる私です。

スポンサーサイト

我が家の庭 ブルーベリーの挿木&かぼちゃの状況

 日本に帰る前は、ブログの引っ越しで、Yogaとか、庭に絞ったブログを作ろうと思っていた。でも、このブログのように、文章を整理せず、メモのように書くと決めないと、多分続かない。

 人に向けて発信するために書いているわけじゃないのだな、と、つくづく感じる今日この頃・・・

 今日は、ほとんど庭仕事はなし。虫が付いていないか確認するのと、水やりくらい。

 レモンは、どうしてかいつも蜘蛛の巣がはってしまい、赤い蜘蛛の子がたくさん葉にのっているみたい。そして、テントウムシの姿が見える。ありと、テントウムシは、なんとなく、アブラムシの予感なのかもしれないけど、特にひどい症状は見えず。

 うめの大きい木の方は、ところどころ茂りすぎているせいか、ところどころに枯れたような、黄色いような、元気のない派がある。なので、そのあたりをすこし剪定。今の時期は剪定してはダメと言われてもやっぱりやってしまう・・・。

 さて、ブルーベリー。実がなっているからもう少し先にしようと思ったのだけれど。なんと....、枝が折れてたので、切ってしまい、挿し木に。もしかしたら、いきのびないかもしれない。ごめんね.....。

20140531_blueberry1.jpg 20140531_blueberry2.jpg

 左は、植木鉢に、右は、地植えにしてみました。

 

 そして、かぼちゃ・・・

 20140531_kabocha1.jpg 20140531_kabocha2.jpg
 

 えーん、首ちょんぱでした。 右の写真のところから、ぽろっとおちてしまったみたい。

20140531_kabocha3.jpg

 そして、クローバーを、わらの代わりにマルチングしました。どうでしょう。不十分かもしれないけど、しばらくこれでがまんして~!そのうちJAにいってきますわ。 

Veganのためのクリーム系パスタ

 お米を切らした。お米を担いでかえるのやだなぁ。というわけで、パスタを買ったんだけれども~。

 やっぱり、リングイネだったら、クリーム系のほうがいいかなぁ・・・と思って、家に帰ってレシピ検索。豆乳(300ml)、白みそ(大匙1)、それに小麦粉と書いてあるのを見つけました。でも、小麦粉と、白みそはありません。

 というわけで・・・

 豆乳(300ml)、白みそ(大匙1)をゆっくり溶いて、それから、ニンニク、蒸しレンコンと、ぶなしめじをいれてしばらくあたためました。塩コショウもして。

20140530_food3.jpg20140530_food4.jpg

 できあがりはこんな感じ。小麦粉がない分、もったりしすぎず、このほうが食べやすい....。

20140530_food5.jpg

 おまけは、ハニービネガーを初めてあけました。イタリア産なのに、アメリカで買ったもの。ワインビネガーよりは、マイルドなのかなぁ・・・。

20140530_food1.jpg20140530_food2.jpg

 デザートのびわにしました。高いなぁ。

我が家の庭

 飽きっぽい私のことだから、すぐに飽きるのだろうと思うのだけれど。

 とりあえず、この1か月は、なんとなく変化に富んでいて、そこそこ楽しくやっている気がする。

 かぼちゃの花が次々咲いてきます。

 いそいでマルチングをするか、藁を買ってこなければ!ここまできたら、是が非でも、実を成らせた~い!

5/26のこと
20140526.jpg

5/28のこと
20140528.jpg

5/29のこと
20140529.jpg

梅の手入れに関する備忘録

 勉強もせずに、ネットに向かって梅のことばかり調べているので、相方君にあきれられる今日この頃・・・

 まずは、黒星病対策を、無農薬で行う方法。

 紀伊民報の「梅の病気に重曹が効果 エコ農業研修会で報告 県うめ研究所」という記事によれば、
 http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=246647

 "特定農薬として有機農業での使用が認められている重曹(炭酸水素ナトリウム)が、化学農薬に比べると劣るものの、梅の病気であるすす斑病や黒星病に対して防除効果があったと調査結果を報告した。"とあります。500倍に希釈したものを散布するらしい。

 重曹なら、手に入りやすいので、冬の間数回散布試してみようかなぁ。しかし、重曹って水に溶けにくそうだし、どうやって散布すればいいのかしら。霧吹きみたいなものがあるといいのかな~。



 それから、剪定。今年はかなりいいかげんに剪定してしまったので、来年実が付くか心配で、あれこれみてしまいました。このブログ(http://hige-oyaji.at.webry.info/201001/article_7.html)が、今のところ一番わかりやすく感じました。が、疑問もあり、やはりやってみないとわからない感じ。

 (1).時期は、9月~10月以降葉が落ちてからがおすすめ。正月くらいだと素人にはベスト。

 花後に、今年花が付いた枝から、新芽が出る。新芽には、花芽と葉芽があり、花芽は翌年蕾となって花が咲き、葉芽はその後新芽となる。その確定時期は、7月から8月である。その花芽が確定した後に切るのが良い。

 花芽と葉芽の区別は、花芽が丸くふっくらしているのに対して、葉芽はとがって細くなっている。この区別は、正月くらいになると、花芽の見分けが素人にもつきやすいので、おすすめ。

 (2).花芽を5-6芽残して、外芽で切る。

 木の幹の側にあるのが内芽で、幹と反対側にあるのが外芽。内芽で切ると太い徒長枝が出やすく、樹形を乱す元凶になるので、外芽で切るのがよい。

 (3).徒長枝・不要枝は付け根から切り取る。

 途中から切ると、また新たに徒長枝が出てしまう。不要枝を落とす場合も付け根から切り取ること。

 (4).長い枝は切り詰める。

 梅は枝先に花をつける習性があるので、段々上の方でしか咲かなくなってしまうため、伸びすぎた枝は思い切って切り戻しをすること。梅は樹勢が強いので少々切りすぎても全然心配ないとのことです。

 今回は、実の収穫前にばっさりてっぺんを植木屋さんがきってくださったけど、切り戻しという意味でよかったのね。自分で切ったところは心配。来年も実をつけてくれるといいのだけれど....。

YOGA WEEK 3/4/5/6

 WEEK3(4/26-)

 意外とうまく時間を取れず・・・

 WEEK4(5/4-)

 毎日、30分ストレッチのようなヨガと、ボートポーズ15秒。それだけでも、翌日ちょっとちがうなという感覚。目の痛みが少ない。

 WEEK5(5/11-)

 5/11は、スタジオでヨガ。先生は、以前のいっぱい体を動かすヨガから、ゆったりしたヨガに変化していました。汗ばまないけど、意外と色々な筋肉が痛い。

 5/12,13,16と飲み会。それ以外も11時帰り。さぼったら、夜中ひどいこむらがえりで何度も起きる。きっとDownward facing dogを毎晩やっているだけでも違うのでしょうね。

 今週からは、もう少し自分の仕事のペースをつかまないと、これではつぶれてしまうわ~。

 Week6(5/18-)

 出張が多くて疲れてしまって。WalkingカウンターをONにはしてみた。

梅の収穫・梅酒と梅ジャム

 全部で2kg以上もありました。3年目ですけれど、木と土地があってるんでしょうかね。風通しも、日当たりもいい場所に植えてあります。

 一本はきれいな実をつけていますが、500gしかとれません。そしてもう一本は、病気がひどくて、実間引いて捨てたりもしていたけれど、それでも1.5kgくらいとれました。

 まずは、きれいなものを梅酒用に選別します。多少妥協しても、873gにしかなりませんでした。

20140524_umesyu1.jpg

 洗って、へたを取って、よく拭きました。

20140524_umesyu2.jpg

 食器洗浄機であらった果実酒用の4L瓶に、500gの甜菜糖、1.6l程度の日本酒をいれて閉じました。

20140524_umesyu3.jpg


 そして、あまった梅は、梅ジャムに。こんなにへんなのがくっついてしまっているんです。これなぁに?黒星病にしてはひどくないですかぁ?

20140524_umejam1.jpg

 この黒いのをひっしに削り取って、へたを取って。それだけで1時間以上。ひゃぁ・・・

20140524_umejam2.jpg

 50度くらいになるまで、梅をゆでて、水をこぼします。これを3セットとかいてあるのですが、青梅が固すぎの状態だったのか、種がとりだせる固さになりません....。

20140524_umejam3.jpg

 仕方なく、5回目までやったところで、皮の表面が切れてドロドロに....。うーん、やさしくやってあげないといけないのね。完熟梅で作る方がよかったのかも。
 
 種を取り出すのも一苦労。何時間もかかってしまった・・・

20140524_umejam4.jpg20140524_umejam6.jpg

 梅の実を切り刻んで、お砂糖で煮つめます・・・。

 最初150g程度いれて煮詰め。沸騰したら100g程度加えてさらにずっとかき混ぜながら煮詰め10分程度。さらに250gの砂糖を加えて15-20分程度ぐらぐらぐら・・・

20140524_umejam5.jpg


 煮沸した瓶に入れておしまいです!!!

我が家の庭

 梅雨入りはまだなんだろうけれど、昨日・おとといと大雨。

 やはり、思った通り、虫との戦い。

 レモンの木には少なくとも3匹同じ種類の虫さんがいました。1匹は、トングでつまんだのにどこかに落としてしまいました。2匹は葉っぱごときりとって、ごめんなさい、踏み潰しました...。何の虫さんなのかなぁ。

20140524_lemon2.jpg

 そして、写真がうまく取れなかったけれど、ついに花が咲いていました。実がなるかなぁ。ちなみに、ベニカマイルドかけすぎたのか、すでに空でした...。別の消毒が必要かも。今日は木酢液入りの水をまいてみました。

20140524_lemon1.jpg

 さて、梅の収穫。

 と、思ったけれど、葉にいろいろ穴が開いているし、やっぱり、虫さんいっぱいなのかなぁ。このほかにも、葉の裏に、黒い虫さんのたまごらしきものがたくさんついているところがあったり、蜘蛛の巣がはっていたりして、まずは剪定。

20140524_ume1.jpg

 そして、実をとるぅ~。葉っぱを切ったからよくみえる!

20140524_ume2.jpg

 かぼちゃもだいぶ大きくなってる!でも、葉っぱはまた病気で1枚切りました。そして、どこで摘心すればいいのかわからない。どなたかおしえてくださいませ~

20140524_kabocha.jpg

 ちなみに、きょう、クローバーを抜いていたら、なんと、カブトムシっぽい幼虫をはっけん。写真は失敗だけど、すぐ土の中に入れてあげた。

20140524_kabuto.jpg

 はぁ・・・。最近、庭仕事ばかり。遊びに出たい気分だわ・・・

今日のワイン

えへへ、お友達のお見舞いを買うついでに、自分の分も買ってしまった。

20140523_sweets.jpg

そして、アメリカでお土産に買ってきたWholeFoodsにおいてあったワイン。

相方君、「お砂糖はいってるみたいな甘味?」というほど。

軽いからおもわずごくごくのんだら、結構二人とも酔っていました。半分でノックアウト。

20140523_wine.jpg

帰国後の手続き

 今日、JAL USAカードの解約が完了しました。電話一本でいいのに、昼休みすら息もつく間もないほど忙しくて・・・

 そして、また銀行のトラブル。

 住所と電話番号を、電話で変更しました。レターが来て、新しい電話番号 「000-000-000と登録しました」と書いてある。うーん、なんじゃこれは。また電話して確認しなければ。

 それから、東京海上から、途中解約による返金があり、そのチェックを口座にいれました。会社のHRの人に代行DEPOSITしていただいたんです。しかし、サイン不備により、東京海上に返金されるのみならず、RETURN FEE(たった6ドルですけどさ!)が、差し引かれているではありませんか。私のミスでもないのに、61ドルが受け取れなかったばかりか、RETURN FEE6ドルが引かれているのです。

 先日5/8の日記にも書きましたが、そのサービスが有効にならない状況にもあります。アメリカで、アメリカで、支店に行って、住所変更をしなくていいことを何度も確認した末に行った手続きだったのですが。最終的には、日本から申込書を再度郵送したのですが、私が切手代をもたなければならないのか若干不満。

 まぁ、東京海上のチェックの件は、UNION BANKの問題ではないのかもしれませんが。それにしても、寝る間もないほど働いているときに、こんなことがおこると、ちょっと疲れる・・・


追記
Union Bankに問い合わせ、保険のエージェントにも問い合わせ、ようやく入金時に自分がサインしていないことが問題だとわかりました。

どうやらチェックは、保険会社でなく私にリターンされているのですね。6ドルって日本へチェックを郵送してるってこと!?
 

ベジ餃子

 なんとなく餃子が食べたい。ベジタリアンの餃子。

 相方君の買ってきてくれた極厚の皮はちときれやすいようにかんじたけど、水餃子にもよさそう。おなかいっぱい。

20140518_gyoza2.jpg


餃子の皮 20枚
キャベツ 1/6個くらい
にら 適宜
木綿豆腐 1/2丁
干しシイタケ 2個
ニンニク、生姜、 ひとかけ
そのほかは、片栗粉 油 塩 味噌があれば大丈夫。

1.キャベツは細切りにする。
 ニンニク、生姜、にら、みじん切り。
 干しシイタケは、30分以上水に戻してから、細切れに。
 木綿豆腐は軽く重しをして水気を切る。厚さが2/3ほどになるまで。

20140518_gyoza1.jpg

2.フライパンにごま油と塩をなじませ、火にかけ、ニンニク・生姜を炒める。

3.火が通ったところで、しいたけ、キャベツ、ニラを投入、しんなりするまで炒める。

4.豆腐を崩し入れ、味噌を入れる。

5.味噌がまんべんなくひろがったら、片栗粉をまぶす。

6.具を少し冷やして、餃子の皮に包み、フライパンに並べる。

7.油をひいて、強火にかける。餃子の裏に焼き色がついたら、水を餃子の1/3の高さまで注ぎ、弱火でふたをして蒸し焼き。

8.餃子の皮が透明になったら、蓋を取り強火で水分を飛ばす。

20140518_gyoza3.jpg

 このレシピだと結構味噌がしみだして皮がきいろっぽくなります。それがまたおいしいのですぅ。

ビール飲みたかった!ワインもあるし。今日は餃子づくりの練習。しばらくしたらやろうっと。

我が家の庭

 庭仕事は、ある意味、お金のかからない趣味かもしれない。それなりに道具に今のところお金もかかってますけど・・・

 今日は、新しいブルーベリーにうちの子が入れ替えてもらいました。一つも花が咲かなくて....

20140518_blueberrybefore.jpg

 新しい子は、元気にやっていました。この根の部分についている袋のようなものはそのまま植えつけられました。そういうものなんですか?

 その周りにピートモスという酸性の土を撒いてくださり、さらにはホースでみずたまりができそうなほど、たっぷりと水を上げていました。

 普段から、もっとお水を上げた方がいいのかな・・・・。

20140518_blueberryafter.jpg

 ちなみに写真にある赤いレンガで囲うのが、昨日やりかけていた作業です。下草の影響を受けやすいということで、雑草が入り込まないように、ブロックで囲いました。でも、ずっと蜂さんが頭の上をぶんぶんしていて.....。

 この子も元気に育ちますように!


 そして、植木屋さんに、梅の剪定したらいいんでしょうと相談したら、上に伸びすぎた梅も剪定してくださいました!

 剪定したほうが、横に広がるのですね。植木屋さんに「そろそろ、上を詰めて横に広げたほうがいいですね」とおっしゃいました。

 リオのカーニバルの頭に着けてるような形にみえた頭のあたり、すこしかわりました。梅の実もおちちゃったけど、仕方ないですね。木の形を愛せないのですが、これから少し考えて切ってみようと思います。ビヨンと腕のように上に伸びた枝も詰めていただきましたよ。

 梅の木の写真は、割愛。周りの家がけっこううつってしまう・・・。

20140518_ume.jpg


 来週は、もう梅の実を収穫して、梅ジャムと梅酒を作ろうと思ってます。

 梅酒は、今年は、日本酒 or ブランデー×甜菜糖でやってみます!梅1kgに対し、甜菜糖は700gだそうです。

 候補はこれ。弱ホの字の私。自分の梅も心配だから、心配のないお酒でつけたいのよね。
富久錦  純米原酒 『梅酒用』 1800ml富久錦 純米原酒 『梅酒用』 1800ml
()
富久錦

商品詳細を見る


 でも、サントリーや、チョーヤからも、果実酒用ブランデー出てることもわかりましたので、そんなのもつかっていいのかな。

 去年、相方君は、紀州梅園のレシピを使ってました。写真があってわかりやすいですよね!http://www.kishu-baien.co.jp/recipe/umeshu.htm

 梅の月向農園というサイトも、ジャムや、ピクルスのレシピがのっていて、ちょっと気になってます。http://www.minabe.net/index.htm

 レッドロビンも、もっと意識して切っていかないと。昨日もガシガシ切って気が付きましたが、いまや枝が絡まりあい、どの主幹からきたのかわからない、ジャングル状態。今も、スカスカになったところと、密集しているところと、そのバランスがあまり美しくありません。

本日の和菓子

 ここのところ、相方君が買ってきてくれるので、やっぱり食べてます。

 仕事が忙しい上に、飲み会続き。くたくたでしたから、甘いもの効きます。

 病気によくないと思いながらもお肉も食べて(笑)

20140516_sweets1.jpg

 今日は、仙太郎の葛餅。奈良の葛を使っているのですって。掘り起こすのが大変で、できる人がだんだん少なくなっている、と、仙太郎の紙には書いてありました。

20140517_sweet1.jpg

 プルプル。おいしかった・・・

パンプキンバター

20140515_pumpkinbutter.jpg

 アメリカで買ってきたんです。トーストにぬってもおいしいのです。ピーカン入り!

我が家の庭

 今日は、虫との戦いです。

 はぁ、玄関のアプローチに糞が落ちているから、どこかにいるとは思ってた。多分イガラ?真ん中の写真って卵かな?そして、枝の先端が変になっている部分を切ったけど...なんだろう。ちょっと背筋がぞわぞわ。

20140517_redrobin2.jpg 20140517_redrobin1.jpg20140517_redrobin3.jpg 
 

  レモンは、先週傷んでいる葉を全部切り取ったら、新芽が次々でてきて、黄緑のきれいな木になりました。でもね、やっぱりいるんですいっぱいいっぱい...。葉の表に赤い丸っこいのが。葉の裏にいる白いのはカイガラムシ?葉の裏の黒いのは葉ダニかなぁ。

 赤いのと黒いのは一枚一枚軍手で払っちゃいました。触ってよかったのかいまひとつよくわからないけれど。白いのはなんとなく切り取って捨てました。そして最後に、ベニカマイルドを全部に吹き付け....。 効くといいのだけれど。元気になぁれ。

20140517_lemon1.jpg 20140517_lemon2.jpg20140517_lemon3.jpg20140517_lemon4.jpg
 
 

 ついでにいうとアリの巣。駆除したほうがいいのかしら?

20140517_ari.jpg

 でも、かぼちゃは無事に育ってます!

20140517_kabocha.jpg



 今日は、レモン、ブルーベリーの木の直下に雑草が生えにくいように、ブロックで囲うことを考えてます。一本のブルーベリーだけ囲ってみた。でも、ずっと頭の上を蜂さんがブンブンいっていて、ちょっとこわかった。

シャンプー

 友達がくれたの。どうかしらー。

20140510_shampoo2.jpg

 でも、今日はこれ・・・。さっぱりした~!

20140510_shampoo.jpg

本日の和菓子

 はぁぁ・・・。今日は、アメリカから送った荷物がようやく届きました。

 8箱だし、中身もたいしたものはないのだけれど、やっぱり段ボールを開けて、分類して、収納して、段ボールや緩衝剤まとめて、それから食器などは洗って...としていると時間があっという間に経ってしまいます。

 今日は換気扇のフードの上やら、エアコンの上を拭いたりもしたので、また腰痛が始まってしまった。

 でも、相方君が今日仕事に行っておいしいものを買ってきてくれた~

 叶 匠壽庵の、黒糖葛餅 滋賀のお店なんですね。

 http://www.kanou.com/

20140510_sweet.jpg

 つるつるでおいしかった~!

20140510_sweet2.jpg


我が家の庭

 なんだか、毎日10分くらいで、水やりと、ちょっとしたチェックを済ませて会社に行ったり遊びに行くような生活を夢見ていたのだけれど。

 毎日は手が付かず、やり始めると、1時間以上あっという間に経過してしまいます。

 楽しいこともあるけれど、まだまだ勉強が必要。

 かぼちゃは、さらに大きな葉の裏に、白いたまごのようなものがたくさんうみつけられていました。ガリガリしても取れなかったので切りました。うーん、こんなにきっちゃって大丈夫?あ、白い卵のようなものの写真を撮るの忘れた...

20140510_kabocha.jpg


 さて、そして、今日は、レモンの大手術。病気に見える葉っぱをすべて切り落としました。それはすなわち、新芽でないすべての葉という状況です。すべての葉を切り落としていいのか?でも、新芽にうつったらおわりなのではないか?悩みつつ大手術開始。

 ほんとうに1種類ではない病気なのかなんなのかあって、とにかくいろいろ目で見てみました。葉の裏がテカテカしたようになっているもの、葉が白くなっているもの、食べられてなくなっているもの、葉が黒くなっているもの...。「こんなになるまで放っておいてごめんなさい。」と思いながらすべて切り落としました。

20140510_lemon1.jpg

 そして、ベニカマイルドを、適当にふりかけます。しばらくしたら、こんどは木酢液に切り替えてみようと思います。木紅木の木酢液 4l、今日届きました~!

 それでも、レモン2個だけ、花が咲きそうです。今年はもう咲かないであろうとおもっていたので、小さな喜び。頑張って!実は結んでくれるかわからないけど・・・。

20140510_lemon2.jpg


 最後は、梅の実。もう収穫できるのかなぁ~。

20140510_plum1.jpg
20140510_plum2.jpg


 片方の木は、葉はもう片方の木よりきれいなのに、実がきれいじゃないです。ネットで調べたら黒星病というのだそうです。黒星病がでている枝は、実をとるときに剪定してみます。でも食べても大丈夫なんですって!

20140510_plum3.jpg


 土づくり?はて、これは意味あるのか?「殻を下向きにしておくと、殻の白身にあるような栄養分が染み出す」説と、「酸性土壌の改良材としての働きを期待している」説があります。

 また、カルシウム栄養素しての効果はなく、土の中では分解されないとのこと。殻を残していると、根を痛めるということなので、しばらくしたら、廃棄することにいたしましょう。

20140510_cray.jpg

我が家の庭


かぼちゃ。朝起きて、水やりと、病気の葉を切り取り、ベニカマイルドをふりかけました。これで止まってくれればいいのだけれど。

20140508_1.jpg

ところで、果樹の幹の下のほうにも、ベニカマイルドをかけてみました。

しかし、レモンはもうだめかもしれないです。どうやら、木全体が2種類の病気にかかっています。半分は、真っ黒になっていて、半分は、白くなってます。

20140508_2.jpg
20140508_3.jpg

いっそ、すべての病気の葉を切り取ってしまったほうがいいのかしら。新芽に全部うつってしまうのを避けるため。

帰国後の手続き

 いろいろなことがあります。

 最近、胃がきりきりすることがあります。明日も飲み会なのですが、気を付けなければ。

 銀行口座から、4月度のP&Gのトランザクションが2回になってました。たかが20ドルもいかないのですが、ちょっと悲しいかな。あとで、帰ってくるといいのですが。

 それから、Union Bankで、海外送金サービスを手続きをして帰ってきました。なんと、電話を掛けたところ、居住地は日本に変更されているにもかかわらず、mailing addressが日本に変更されていなかったため、手続き却下だそうです。あれほどUnion Bankの支店に通って何度も確認したのに!まぁ、そんなものなんでしょうね。

 まだ、クレジットカードの解約ができていないので、近いうちにやってしまおうと思います。

 家のDepositは帰ってきました♪3,000ドル近いので、ほっとしました。


 

我が家の庭

 苗を購入したところに問い合わせ。

 オクラの苗は弱く、定植に苦労する方が多いということでした。枯らしてしまうのは、私だけではなかったのですね。

 かぼちゃの写真を送ったところ、うどんこ病の可能性が高いとのこと。

 病気にかかった葉は早めに切り落とすように言われました。一週間以上たってしまったけれど、今からでも遅くないかしら。明日会社に行く前に試してみます。

 薬剤としては、購入したベニカマイルドは、アブラムシ、ハダニ、うどんこ病に効くので使用可。ただし、うどんこ病はしつこく、薬剤に耐性をもってしまうため、2,3種類のうどんこ病に効く薬剤をローテーションで使う方法がいいかもしれないとのこと。サルバトーレ、トップジンMなどがあるそうです。薬は使いたくないのだけれど....。

 土の中に菌がいる場合もあり、わらなどを敷いてあげると良いかと思われます。雨や水やりの泥の跳ね返りで葉に菌が付着し増殖するのを防ぐとのこと。畑のわらってそんな効果があったのですね。

本日のお菓子

休日出勤のあとは、ちょっと贅沢。

成城石井のナポリタンチョコレート、

成城石井 ナポリタンチョコレート 大袋 400g成城石井 ナポリタンチョコレート 大袋 400g
()
成城石井

商品詳細を見る


と、

Olivaというイタリア・ピエモンテ州のヘーゼルナッツの最高級といわれる『トンダ・ジェンティーレ』を使用した濃厚な味わいのチョコレート。このOlivaへ手を伸ばし始めると止まりません。

20140506_sweets.jpg

成城石井のブログにも掲載されていました。(http://seijoishiiblog.com/?eid=17530)。

アメリカで太りすぎて戻らないダイエットはいつするのだろう。




ところで、近所の方に、高級な感じの卵を12個いただきまして。初日はお弁当に卵焼き!をいれていったのです。

でもね、普段のおうちごはんは完全veganにしているので、卵を使うのを忘れてしまって。えーん、たまごかけごはんにしてもいいようなものだったみたいなのに。

今日は、相方君が、ごぼうとにんじんとどんこで柳川風にアレンジしてくれました。

20140506_gohan1.jpg

20140506_gohan2.jpg

おいしいごはん感謝。

ヒトのからだ―生物史的考察 三木成夫

ヒトのからだ―生物史的考察ヒトのからだ―生物史的考察
(1997/07)
三木 成夫

商品詳細を見る


 脳にしみこまない・・・。文章が、哲学的過ぎて。

 生物の分化というのは、当たり前のように教科書に書いてあったのは覚えているけど、それに対してなんら感情も、疑問ももったことがないから。

 最後の解説 高橋義人氏による"原型論"の話を読んで、「原型論については、「よりマクロに、より高い視点から、全体を見ることが重要なのだ」と考えてかかれたものなのだなという理解で読めばいいのかなぁ?と思ったところで、本を閉じる。

 どんな問題であっても「問題の本質がどこにあるのか」という分析は、ミクロに分析しないと見えない場合もあるし、マクロ的に考える方がいい場合もある。

 人間の脳はそういうことを自動的に行っている。ただ、自分にとってはあまりにも当たり前にみえることが、同じように見る人間もいれば、全くそういう視点でみない人間もいる...。

 でも、その前に、そういうところに私の興味が行くには、もう少し時間が必要かも。一通り簡単なことを理解したあとに読む本で、解剖学初心者におすすめ本ではないのかもしれません。

本日の和菓子

 昨日は、霧笛楼の赤レンガを数個。

霧笛楼 横濱煉瓦 フォンダンショコラ 12個(5263)霧笛楼 横濱煉瓦 フォンダンショコラ 12個(5263)
()
霧笛桜

商品詳細を見る



 そして、仙太郎の柏餅はもうたべてしまったから。仙太郎の「こいのぼり」いただきました。

 すはまにあんを包んだ感じかなぁ。

 20140505_1.jpg

 かわいいのでもったいないとか言いながら、あっという間にいただきました。

コーヒーをめぐる冒険

 コーヒーをめぐる冒険

 http://www.cetera.co.jp/coffee/

 あ~ん、私のツボすぎました。

 若さゆえの悩み「社会との違和感」。そしてまわりの人のそれぞれの悩み。その交わりの、現実なのに、シュールな感じ。そして現実を生きる父との会話のかみ合わなさ。

 この絶妙な調子は、よすぎる。

 いけないっ。

 笑うとこなのかわからないけど、とにかく笑いっぱなし。

 でも、声出して笑っちゃだめなのよ。悩んでいて、悲しいところなんだから。

 ヤン・オーレ・ゲルスター監督だそう。映画学校の卒業作品がドイツ映画賞の主要6部門を受賞した新星なんですって。 

宇宙はなぜこのような宇宙なのか-人間原理と宇宙論 (講談社現代新書) 青木薫

宇宙はなぜこのような宇宙なのか――人間原理と宇宙論 (講談社現代新書)宇宙はなぜこのような宇宙なのか――人間原理と宇宙論 (講談社現代新書)
(2013/07/18)
青木 薫

商品詳細を見る


 苦手だった大学2年の位相空間論。先生何言っているかわからなかった。コンパクトの定義とか丸暗記。これを読んでいる最中にふぅっと意味が分かったような気がする。すっかりすからかんに忘れたと思ってたのに、意外に、こんな記憶が呼び起されることってあるんだ。

 青木さんの文章はすごくいいってことなのかもしれません。

 そして、最後まで読んでみて。大学時代に先生に言われてやっていた自分の卒論の意味とか、友達がはまっていたひも理論を思い出してきたのであった。

 細かい証明は全く思い出せないけど、感覚的なもの。

 とはいっても、人間原理と宗教とその歴史という意味ではまだつながってない。ちょっとばらばらとしたニューロンがまだつながらない感じ。もう一回しばらくしたらよんでみよう。

 

仏像:日本仏像史講義

仏像: 日本仏像史講義 (別冊太陽スペシャル 創刊40周年記念号)仏像: 日本仏像史講義 (別冊太陽スペシャル 創刊40周年記念号)
(2013/02/12)
山本 勉

商品詳細を見る


 アメリカの本の装丁とか、編集に関しては色々思うところがあったのですが。

 もっとも、実は読んでいる本は、YOGA本ばかりですけれども。YOGA RETREAT本という写真集であっても、写真そのものの構図から、余白まで....。

 この本をみていて、やっぱり日本の本の写真の品質・構図などの心地よさを思い出しました。各講の中表紙のおしゃれな挿絵のデザインまで。

 私の大好きな飛鳥時代の小さい仏像のページとか。鎌倉時代のページとか。

 あ、文字は、全部は読めていませんけれども....。

 仏像空間など、仏像の収められている場所まで写真が入っていて、さらにさらに想像がかきたてられますね。

 次は、今度、菩薩坐像 京都 宝菩薩院願徳寺をみにいきたいです~。

 新しい発見もたくさん載ってますね。

我が家の庭

 手におえなくなって、外構担当の方に来ていただきました。

 かぼちゃ...。なんかアブラムシっぽいの付いちゃいました。

 20140503_1.jpg 20140503_2.jpg


 おくら....。死んじゃいました。

 去年ミニトマトを植えた旨を説明しますと、トマトは少し土の栄養をたくさんとってしまうのだとか。おくらは抜きました。明星1号をまいて、この次に植えるものの準備を始めることに。苗を植える直前に肥料を混ぜ込むと、肥料焼けしてしまうのだそうです。2週間以上置いてから何を植えるか考えます。

20140503_3.jpg 20140504_4.jpg


 さて、梅ですが、この写真は、先日切った枝の先端。新芽なのに枯れてきちゃってました。

20140503_4.jpg 20140503_5.jpg

 お話を聞いてみますと、ジャングルのようにしていると、日が当たらなくて枯れやすく、またそうなっているところに虫が付きやすいのだそうです。

 特に、下草との距離をおいて、風通しを良くすることを勧められました。

 それから、枝が4又に分かれているところは、3つにするとか。同じ方向にたくさん小枝が出ている場合は、1本おきに間引くなどして、少しずつ減らしていくのだそうです。

 
 というわけで、下の方は全部切り取りました。

 まだまだ上の方をとらないと、ジャングル風の部分がたくさんありますし、変に長く伸びてバランスが悪い枝があるので、少しずつ考えていきます。
 
 
20140504_2.jpg 20140504_1.jpg

 本を読むと、葉がない時期に剪定するようにと書いてあるのです。でも、春先と、梅雨は虫のつきやすい時期。虫のつく前に間引くのは悪くないといわれました。これで、安心してバッサバッサ。

 太めの枝は、大きなはさみでも切れないので、今日は、枝を切るのこぎりも購入。もう、お金のかかる趣味と化してます?

 さて、切った枝を束ねていると、梅のいい香り...。志村ふくみさんが、枝から出る色も季節で違うという話をされていましたけれど。ほんと、これはいい色が出そうな香りです。染色の趣味はないけれど。

 梅雨前くらいに、ベニカマイルドという消毒液を幹にかけておくとよいですよというお話を聞きました。野菜にもかけていいのかな。

ベニカマイルドスプレー 900mlベニカマイルドスプレー 900ml
()
住友化学園芸

商品詳細を見る



 これも、ブルーベリーの先端。枯れずにがんばれ!

20140503_6.jpg


 レモンは今年は花も咲かず...うーん。
 

五月歌舞伎 夜の部

 あぁ、やはり日本はいいわね~。

一、歌舞伎十八番の内 矢の根(やのね)

 あら、松緑さん、ちょっといい感じになってきたかも。

 今回は、イヤフォンガイド使わなかったら、いろいろ気になることがあり、調べたくなってしまいました。

 梅は、曽我兄弟のトレードマークだったのかしら。小田原だからかな。

 最初に船のオールをこぐようなシーンで始まります。矢を研いでいるところなんだそうです。ハハ、昔の人はこんなのをみてすぐ研いでいるとわかったのでしょうか。

 曽我の五郎は、いただいた宝船の絵を枕の下において寝るのですが。

 たいそうな衣装で、あおむけになることができません。なので、黒子の方が、五郎を支えた状態で横になります。よく考えたなぁ~と思わず笑いたくなります。

 そして、五郎の夢に出てくる十郎はまるで幽霊みたいで...

 また、お出かけする前に縄を巻く(っていうの?)のも、大根を振り回して馬に乗るのも楽しいです。

 それぞれどんな意味があるのかしら。そんな細かいことはさておき、楽しい舞台でございました。

 
二、極付幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)

 海老さま×菊五郎さま 団菊ですね。世話物のほうが海老様イキイキして、声も聞き取りやすいかも。

 劇中劇から始まります。江戸時代は、芝居小屋の中がうるさくて大事なところが聞こえないから、見得を切って、目を引くような演技になったなんて話もあるくらいですから。これも、生々しい描写なんでしょうか。

 侠客 vs 武士も、本当にこんなだったんですかね。

 河竹黙阿弥作。ふむ。


三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)
   
 菊之助さま、几帳面な獅子でした。あんなに、几帳面な踊りはなかなかほかの人にはできませんね!

 怪しさが足りない気はしますが、美しゅうございました。

 それにしても、二人の蝶の役は、昔みたときは2回子供だったと記憶していますが。大人がすると、ずいぶん違った印象です。


配役:
一、歌舞伎十八番の内 矢の根(やのね)
   
曽我五郎 松 緑
大薩摩主膳太夫 権十郎
馬士畑右衛門 橘太郎
曽我十郎 田之助

二、極付幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)
「公平法問諍」
   
幡随院長兵衛 海老蔵
女房お時 時 蔵
唐犬権兵衛 松 緑
出尻清兵衛 男女蔵
極楽十三 亀三郎
雷重五郎 亀 寿
神田弥吉 萬太郎
小仏小平 巳之助
閻魔大助 尾上右近
笠森団六 男 寅
慢容上人 松之助
坂田公平 市 蔵
伊予守頼義 右之助
渡辺綱九郎 家 橘
近藤登之助 彦三郎
水野十郎左衛門 菊五郎


三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)
   
小姓弥生/獅子の精 菊之助

武井武雄の世界展

 http://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/takei.html

 横浜高島屋でお買い物をしたらただ券いただいたのでいってきました~。

 実は、武井氏なんて存じ上げなかったのですが、もしかしたら一度くらいは、彼の童画を拝見したことがあるのかもしれません。ちなみに、童画という言葉も彼の作った言葉なのだそうです。

 子供には本物を見せるべきであるといった意味の、あるいは、絵を通して子供の心を動かさなければならないといった意味の、自らに厳しい言葉をおっしゃるだけあるなぁ~。という印象。

 一番おもしろかったのは、本。寄木、螺鈿、ゴブラン織り、銅版画など、様々な技法を使って作った本。それぞれの技法が生きるものを作っているのでしょうね。

 機会があったら、イルフ童画館いってみようかしらん。
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク