講演会に行ってきました

 最近、会社と家の往復。たまのスポーツクラブも一人で黙々と。そして、わけのわからない買い物に走るという悪循環を繰り返していましたが。

 今日は、ひとつふっきれた気分になりました。

 講演に呼ばれるような人の特徴としては、よく頭が整理され、ひとつの軸で考え抜かれていますね。どんな質問にも答えが即座によどみなく出せるので、それがすばらしいです。

 話の内容も、今の私の気持ちにしっくりくるもので、ふぅっと何かが抜けました。

 さらに、最近思っていたいくつかのことを、頭の中で整理できました。(自分の頭の整理でしかなく、講演で話された内容の整理ではないんです(笑))

 (1).哲学 vs 業務責任

 会社の哲学の話。よい哲学が、会社をよくする。京セラフィロソフィーとか、The HP Wayは有名ですけれど。

 今日は、伊那食品の「いい会社を作りましょう」を例に出されていました。
 http://www.kantenpp.co.jp/corpinfo/rinen/index.html

 商品だけではなく、その会社そのもの、社員の行動なども含めてファンが多く、伝道師が増える。だから売れるというお話です。

 名古屋の車会社の社長さんも足しげく通われているとかいうことでした。その話には、プっとふいてしまいそうでした。だって、いい会社の逆のイメージでしょう。私も、この会社の担当者には、いつも泣かされてます。

 私の会社にも、いわゆる、○○ Wayと呼ばれているものはあります。「覚えていない!」ということを、怒られたりするのだけれど。覚えられないんです。

 哲学とは、本来、業務責任、すなわち、給料をもらっているからにはやるべき義務まで書いちゃったら覚えられないんだなぁ・・・。

 (2).できるできない、やるかやらないか

 最近、「やったことないからできません」と答える人がいて困っていたのですが。「できません」と言わない人と仕事をやる方が断然面白い・・・ですしね。

 上司からの命令のために、体裁だけ整えて来る人。実現可能という見込みのない数字を部下に無理やり書かせて提出したり、何も考えずに資料を作れといわれたから作るという人までいる。「何のために?」があまりにも抜けている。哲学のようなハイレベルの「何のため」ではなくて、給料をもらう引き換えにやるべきことは何かというレベルなんですけどね。時間が足りないんじゃなくて、時間を無駄に使っているんです。

 でも、人のことを言う前に、「自分には無理」って思って、やっていないことたくさんあるのですよね。ちょっと反省。

 ひめゆりの塔の、生き残りの安田未知子さんのお話。
 2時間は寝るために使い、あとの22時間は人のために生きると決めた生き方。それが哲学。

 そんなストイックに・・・と思っただけでため息をついてしまう自分。やると決めたから、やれるということ。「自分の中のストッパーを外すことでできる」、と、ヨガのアーサナを取るときでも、そういう言い方をすることがありますが、その意味を考えさせられます。限界は自分で決めるってこと・・・改めて考えさせられました。

 それから、ISFネットという会社のこと
 http://www.isfnet.co.jp/
 通常の障碍者は、ほとんど生活する資金を自分で稼げないそうです。でも、この会社の人は、みんな生活できるお金を稼ぐことができるらしいと。匠カフェの話はとても興味深いです。ほんとう?NPOじゃなくて?

 たとえば、自分が、何か取り組みたいテーマ「アート&IT」「スローライフ(ヨガ&食)」と「コミュニティ」。ビジネスとして実現することはできないんじゃないか?と思っているからできないのですね。

 ボランティアみたいなこと始めて、自分の生計を立てられないのに、人を幸せにできるだろうか?お金をもらえないような不十分なスキルじゃないだろうか?って、考えてしまい、いつもウダウダしているのですよね。やみくもにできると信じたからできるというのではないんですけどね。多分、できると思ったら、調べたり、スキルを身に着けたりするんだろうなぁ・・・という違い。

 (3).なぜ話に感動するのか

 ふと気が付いたことは、彼は、「俺は」と言わない。すべて、他の人の生き方に、彼が同感動したかというお話でした。俺はやっている、だがお前はどうだ・・・と言われたらどうなんでしょう。

 そして、言い方が素晴らしい。「もったいないと思うんですよね」という表現。「やったほうがいいですよ」とか、ましてや、「やらなければならない」みたいな表現はしないのです。

 私は、体育会系な表現が苦手。「マインドセット/志が低すぎる!」「意識を高くもて」という言い方をする上司もいらっしゃいます。私は、「It's non of your business. と感じてしまうのです。モチベーションが高かろうが、低かろうが、パッションがあろうが、なかろうが、成果がでなければ意味がないし、成果が出ればどうでもいいと思っています。サラリーマンだし。だから、メンタル部分のアプローチって鬱陶しく感じる。

 なにはともあれ・・・自分も、こういう風に表現できるように頑張ろう・・・と思います。常に、謙虚な心で。
スポンサーサイト

アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)

アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)アルゴリズムが世界を支配する (角川EPUB選書)
(2013/10/10)
クリストファー・スタイナー

商品詳細を見る


久々に興奮しました。

まず、最初は、Person In Interestというアメリカンドラマがあるのですが....これを思い出しまして。あぁ、このドラマは、もう現実に起こっていることなのですね。自己成長する人工知能も、かなり昔から存在することも確認。

最後まで読むと、シリコンバレーの隆盛は、2008年のリーマンショック以降加速しているという事実も目にしました。いい時に、シリコンバレーにいたのだなと感じました。リーマンショックまでは、優秀なソフトウェアエンジニアの行く先は、金融業界であったそうで。

日本に帰ってから、シリコンバレーが恋しいことがあります。会社中で考えている「問題設定」のレベルが非常に低く感じがするのです。技術でも、ビジネス観点でも。どこか「思考停止している」「停滞している」感じを常に受けるのです。すべての優秀な人材がシリコンバレーに流れているという話を読んで、なるほど・・・と思わされます。

一方で、アメリカのビジネスの異常性をつくづく感じたりもしますけど。株というのは、やはり、目的から離れて、「ゲーム化」しているという事実を正しく理解しなければなりません。大企業化したパートナーが、株主からのプレッシャーなのか、これ以上成長の見込みがないと、非人道的な営業をしかねないというのも、このゲームの一部なのでしょうか。

#そして、日常生活はやはり家族と一緒がいいし、車に乗らなくてもよいのは精神衛生上よいし、日本の方が美しくて楽しいものがたくさんあるんですけれど。仕事という観点で、刺激がない感じです。

そして、興奮してしまったのは、音楽のアルゴリズムのところ。ヒット曲の進行やピッチ等を分析するツールのこと。面白い、こういうの好きです。また、素晴らしい作曲するアルゴリズムを作ったけれど、コンピューターが作った曲ということを人々が知ると、どうしてか"感動しようとしない"という反発にあっていること。読むと、ドキドキしてしまいます。

また、少しアートとデータベースというところに戻りたくなってしまいました。論文を書いていた当時は、「卒業する」ことに必死になっていたのでよく考えられなかったけれど。

あのとき、データをどこに置くか非常に迷った感覚。Googleには、入力したくない気持ちはなんだったのだろう?とか。どんなデータベース、どんなアルゴリズムでの分析がむいているのか、ウダウダ考えたかったこと。結局Wikiを選んだのだけれど・・・。

何かやってみたいなぁ~と思い始めました。グラフ理論だの、ゲーム理論だの、フーリエ級数だの・・・そんなの現実に使えるのか~?!と思ってしまっているわたくしでは、人と違うものが作れるかわかりませんけどね。

ついにボカシボックス購入!

伸和 生ゴミ処理機 ボカシボックス20 グレー伸和 生ゴミ処理機 ボカシボックス20 グレー
()
伸和

商品詳細を見る


やっぱり、土よね、土ってことで購入しましたよ~。

最初は庭におくつもりだったのですが、直射日光不可とあり、とりあえず、玄関に入れなおしました。

そして、ぼかし(菌)を買うつもりが、ぼかし肥料でした。あれれ、これは仕上がり品ですよ・・・(笑)

サンアンドホープ 有機肥料 ぼかし完熟有機100%肥料 5kg 4袋セットサンアンドホープ 有機肥料 ぼかし完熟有機100%肥料 5kg 4袋セット
()
CL

商品詳細を見る


さて、本腰を入れて、土づくりに励もう~!

人類が知っていること すべての短い歴史  ビル ブライソン

人類が知っていることすべての短い歴史(上) (新潮文庫)人類が知っていることすべての短い歴史(上) (新潮文庫)
(2014/10/28)
ビル ブライソン

商品詳細を見る
人類が知っていることすべての短い歴史(下) (新潮文庫)人類が知っていることすべての短い歴史(下) (新潮文庫)
(2014/10/28)
ビル ブライソン

商品詳細を見る


 相方が面白がって読んでいたので、私も読む。うん、面白い。彼が面白がっていた部分とがっちするかわからないけど。

 上巻は、少し、ニュートンとかアインシュタインとかいった物理学、それから天文学的なトピックスが多かったように思います。

 とにかく、「性格異常」「変」としか言いようのない人のオンパレード。

 何かに執着しないと、"世間の常識を覆す"ような業績というのはだせないものでしょうかね。

 それから上巻の最後から、地球の成り立ち、生命の成り立ちのようなところにはいっていきます。

 イエローストーンの話も面白かったです!

 いや、今度は、学者の変さより、中味の方にのめりこんでいきます。 菌はどんなところにも住めるのだなぁ・・・とか。のみだのダニだのの話とか。体表の細胞はすでに死んでいることとか~。もう、本当に、とまらない。

 子供のころ、もっと教科書に書いてあることは正しくないかもしれないことを知っていたら、どうなったのだろう。

 また、子供向けのキュリー夫人の伝記を読んでカッコイイとおもっていたけれど、この結末をみて、何を思っただろう。

 最後に、放射性物質のこと。

 今もまだ、近海の特に海藻や貝類は進んで食べる気はしないのですが。(きっと、外食しているので、口にしていないわけではないと思います。)

 この本を読んでいますと、ドラム缶のようなものにいれて、深海にガンガン捨てていた時期があったみたいな記載もありました。人間の食べるお魚のいる豊富なエリアで常に流れ出している状況とは大きく違うかもしれませんが。海中での爆発実験なども行われていたことを考えれば、今の日本だけのデータを見て"安全性"を語るのは、難しいのかもしれません。

ストレス発散の買い物続き

 何か月も、月給を超えてお金を使っています。意味のない買い物のしまくり。ボーナスで補填生活。業績がよくないので、ボーナス期待できないのだけれど。

 今日は、相方君用の皮ジャケットに一目ぼれ。かわいい~!

 気が付いたら、自分用にも、先月皮スカート、今月革靴沢山・・・と、皮に目がいきやすいみたいです。

 そして、近所の人に、チョコレート♪いろいろあって、お世話になったお礼を伝えるチャンス!初めていろいろお話しました。

 バレンタインデーは、私の好きな行事で。お歳暮とか、お中元っていうほど、重たくなくて。ちょっとした気持ちを届ける。そして、叔父と叔母、あるいは家族の生存確認につかっています。例年通り買いました。

 明日は、友人の出産祝い。小さな赤ちゃんをみない。いや、久々でもないか。最近、40すぎているのに、友人が何人も出産。かわいいものをみて、また購買意欲が促進されます。

 もしかして、買い物依存症かなぁ・・・。破産する前に直さなければ・・・。

バレンタインデーのお食事@Salone 2007

 ここのところ、上司と喧嘩しまくり。平日は仕事ができないから、土日も8時間/日働くのをずっと続けてきたけど。

 anger controlのため、仕事するのを一度やめる。リセットリセット。

 相方君の予約していてくれたレストランへ・・・

 Salone 2007というお店。
 http://www.salone2007.com/corso.html

 とっても楽しかった。

 まず、お店の食器類が、エンターテイメント風。どのお料理のお皿もへぇ~という感じした。ナイフも特別です。みているだけで楽しい。

 
 これは、カモ肉用にでてきたものですよ。

20150214_11.jpg

 うまくうつせなかったけど、ナイフは、右手にあるもの。刃と持ち手の感じが普通のナイフとは違うんですよ。

20150214_12.jpg


 壁の装飾等も皆無で、超シンプル。グラスがおいてある棚が間仕切りのようになっているだけ。あぁ、この動と静のバランスが、料理に集中させるのかもしれない。

 そして、お店の方々、とってもお話が上手でした。聞かれたことに、上手なタイミングで答えています。

 そして、お料理。

 どれも、伝統料理をベースに・・・となっていて、創作性の高いものでした。定番の3品以外は、毎月全部新作なのだそうです。

 おいしいというのもあるけれど。驚きのほうが多かったかなぁ。どの品も、香りの強いものを使っているんです。量がさほど多くないのと、十分な時間が空いているので、喧嘩している感じはしませんでした。

 毎日食べるものではないから、エンターテイメント性が高くてもいいですよね。

 メニューにも名前を付けています。シェフのお人柄なんでしょうか。

inizio/ 序章 牛・ポテト・トリュフ
fusione/ 融合 イカ・フォアグラ・グリンピース
filosofia/ 哲学 鮮魚・タコ・ハマグリ
cacciagione/ ジビエ トルテッリ・猪・フォンティーナ
memoria/ 追憶 仔豚・ラディッキオ・白インゲン豆
combinazione/ 組み合わせ リガテッリ・牡蠣・仔牛
ristretto/ 味覚の濃縮 オマール海老・マンゴー・パプリカ
baldanza/ 自信 鴨・リンゴ・茸・フランボワーズ
rinascita/ 再構築 チョコレート・ヘーゼルナッツ・生姜
binario/ プラットホーム 小菓子
Caffè o Tè カフェまたはティー

20150214_1.jpg20150214_2.jpg20150214_3.jpg


20150214_5.jpg20150214_6.jpg20150214_4.jpg


20150214_7.jpg20150214_8.jpg20150214_9.jpg


20150214_10.jpg


 ちなみに、ワインは、2杯。

 ア・ユズキ! トリンケーロ Trinchero A-yuzuki
 古典派バルベーラ最高と評価の高い単一畑(ヴィーニャ・デル・ノーチェ)の特異点とも言える2009年ヴィンテージをベースに造られたのが【ア・ユズキ】。東向きの畑(パルメ)をブレンドして作られています。輸入元社長の愛娘、遊月(ゆづき)ちゃんのために瓶詰めされた、最強コラボワインなのです!
 ※それにしても、グラス二人で3,600えんです(笑)。ボトルで楽天で2,800円ですね(笑)。でも、いい感じのおいしさでしたよ。

 名前失念 Brunello
 ワインのラベルは、犬の絵です。トスカーナ地方は、犬は、Happyの象徴みたいな意味があるらしいという話でした。のみやすかったですよ~。 

足の裏のこと

 たかが足の裏、されど足の裏。

 最近、不思議なことが起こっている。足の裏のタコを取ったら、足の裏がさらに楽になることに気が付きました!!

 若いころは、いつも合わない靴を履いていたんです。足の形が普通の子とちがったからというのもあるんでしょうけれど、ペタペタペタ・・・。

 そんなとんでもない靴を履いてきたつけで、拇指球と小指球の間に、大きいタコが芯まで縦走していました。5年くらい前から、アメリカにいた2年を除き、足の裏のタコを削ることを必死につづけたのでした。最近かなり平らになってきたのです。

 なんと・・・不思議なことに、拇指球と小指球が地面に着く感覚が!いつも親指を上げて変な力を入れているたことにきがつきました。そう、自動的に、ふくらはぎにも力が入ってしまいますよね。

 あぁ~、感動。緩む…


まだまだカチカチで、いたいんですけど。


 ところで、閑話休題?!

 足を楽にするための努力は、ずっと続けてきました。リフレクソロジーのようなものも、色々いきました。

 最近の感動と同列に、足裏の世界が変わったときは、semi-cutom-madeの靴を買うようになったときのこと。会社に入社するようになって、ようやく自分のお金ができたころでした。それまで痛かったアーチと、ふくらはぎの痛みがすぅっと消えたのは忘れません。厚い靴底と、しっかりとしたアーチの支え。靴を履いていた方が、履いていないときより楽だなんて!

 今日は、靴屋さんにいったら、「靴の工場が縮小傾向に。我々の住む都市に、その靴を扱っている店舗が2店だけになってしまった」そうなのです。え~!

 予定外の出費でしたが、また新しい靴を買ってしまいました。本当はブーツのかかとがだめになってしまったので修理に出すだけのつもりだったんですけどね。靴屋さんつぶれないで!アパレル系のお仕事をしていた友人が、10年前くらいに、日本で皮のベルトを造れる会社はみんなつぶれてしまって、海外から買うしかなくなったという話も知っていたので。

#最近、お金遣いが荒くて、財布のひもを締めなければと思っていたのに。本当に要らないものをたくさんのものを買ってます。そして、必要もないのに、トースターやら、家の中のものも買い換えまくって、読まない本もたくさん積んであって、反省のさなかでした。Amazonのおかげで....でかけなくてもたくさん買える。



 いずれにせよ、自分の人生を考えると、身体のさまざまの場所に、どれだけ無駄な力を使ってしまっていたのだろう?!と今更ながら思うのです。まだまだ、顎の力を抜いたり、肩や、腰の凝りをなくす方法研究したい。ちなみに、ここ半年、とてつもなくお腹が張ってます。ストレスのせいだと思うけど・・・

松之助のアップルパイとチーズケーキ

相方君が品川に毎週末通っているのだが、お土産がDean & Delcaで購入したケーキがつづいてます。

太るのに・・・?!

でも、甘みは強くなくておいしいのですよ。

京都に本店のある、松之助というおみせのものなのだそうです。http://www.matsunosukepie.com/

先週は、アップルパイ
20150131_cake.jpg

今週は、チーズケーキ
20150208_cake.jpg

甘すぎず上品なお味。

その間にチョコレートやら和菓子も夜中に食べているので、ちょっと甘いもの率高め。気をつけなきゃ。

Harvard Business Review 2014年9/10月号

ほとんどだれも読まない(笑)ので、弊社では、いつでも借りられるHBRです。

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年 09月号 [雑誌]Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年 09月号 [雑誌]
(2014/08/09)
ダイヤモンド社

商品詳細を見る


ハードワークという言葉に吸い寄せられちゃいました。

自分が今いる状況は、ハードなんじゃない、何かがおかしいのだとは感じてますけど。じっくり考えて計画する仕事が割り当てられているのに、お客様対応のような随時対処的なものに追われて、やるべきことに取り組めない。定時が終わると、もう脳が疲れていて、考えるのは無理。たまったメールを処理する。

これをよんでも、それを解決できる答えは考え出せなかったけど、いくつか面白い記事がありました。

(1).Do you play to win or to not lose?

2つのタイプがあることにはなんとなく気が付いていました。

ここでは、促進焦点型と呼ばれます。「仕事が早い」「多くの代替案を考慮し、ブレーンストーミングが得意」「新しい機会に対してオープン」「楽観的」「最善の筋書きのみを想定する」「前向きなフィードバックを求め、得られないとやる気を失う」「うまくいかないと、失望し、意気消沈する」

自分は、確実にこちら。ブレーンストーミングと、楽観的なところははずれだけれども(笑)

対して、予防焦点型。「時間をかけ、慎重に取り組む」「総じて正確」「最悪の事態もsぴてお尻」「期限までの時間的余裕がないとストレスを感じる」「実証済みの確実な方法にこだわる」「褒め言葉や、楽観主義に戸惑う」「うまくいかないと心配し、不安になる」

おそらく、80-90%のわが社の社員は、後者。まちがいない。

悪い掛け合わせとして、促進焦点型上司×促進焦点型部下だそうです。

私にないものを埋めてくれているので助かるということもよく知っているのだけれど・・・、言葉の使い方で、失敗しているかも。こういう人たちが好む言葉はなにかというのを学びました。結構自信なさそうにしていると、「大丈夫だよ~!」とかいってしまうのですが、余計彼らを不安にしているのかもしれない(笑)。

モチベーションの与え方の例も面白いです。引用しすぎてしまうと、HBRから訴えられてしまうといけないのでやめますが。とにかく前者は「少なくとも~することが目標だ」というと気持ちが上がり、後者は「~以上失敗しないことが義務だ」といわれると成果がでやすいのだそうです。

前者はほめられるとのびるが、後者のタイプは褒められるより「目標を下回っているが、挽回できる」というほうがいいらしい。あと、割とほめてしまうけど、やはり人によってモチベーション違うよね。

うーん、使い分けられるかな。

(2).経営者は仕事と家庭を両立できるか

女性と男性のモチベーションの違いをみる。あるいは、自分にとっての成功とはどういう風に思っているのかの違いを見る。

もちろん、統計の結果も面白かったんだけれど・・・

漫然と不満を抱くのではなく、成功とは何かという基準を持たせることで、はっきりと何を改善させればいいのかわかるということは大事だなぁと考えてしまいました。

やはり経営者の人々はすごい。まんがいち、そういう立場にならなければならなかったら、もしかして人はそうなるのかもしれないけれど。今の私には想像を絶するなぁ、女性経営者の"生き方"。

私は、仕事がfirst priorityではないのです。だから、毎日仕事が楽しいと感じられること、人間らしい家庭生活ができること、たまの余暇でも今の仕事の文や以外での学びを得られることが重要です。私にとっての良き人生がなんとなくクリアになってきました。何ができていないのか、それを得るためにはどうすればいいのかという視点にかえていきたいわぁ~。

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年10月号 [雑誌]Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年10月号 [雑誌]
(2014/09/10)
不明

商品詳細を見る


2020年のマーケティング組織

読みながら、考えさせられることがたくさんありました。合意するとか、しないとかいうのはさておき。

CMT。そうなんでしょうね。

日本は、人材の配置はほとんど考えられていないから。しかし、いずれにせよ、一人じゃできない。協力して仕事しないとね。

我が家の庭 土づくり

 梅の季節になりました。

 だいぶつぼみが膨らみました。今にも咲きそうな感じです。楽しみです。我ながら、面倒くさがりの割には、庭には癒されています

 煉瓦を入れて、花壇を作ったのはいいんだけれども、まだ土がいれられていません。土を買ってくるしかないかなぁ。

 土づくりが、もっとも、とっても、大事なんですって。

 私としては、コンポストを作って、気合いれたいのですが。乾燥しないように、濡れないように、と、条件を読んでいると、気が重くなってきてしまって、はじめられないんです。

 投資しないでおこうという決意から、生ごみを土に埋めるのを始め、3週目にはいりました。10 cmほどスコップで掘って、細かく切ったごみを捨てて、また掘り返した土をかけるだけ。ぼかしも使ってません。相方が、生ごみを置いておくのを嫌がるので、週末の数日分と超少量です。

 また、我が家は菜食なので、基本、野菜の皮くらいしかありません。無農薬ではないけれど、低農薬のものをたべるようにしているので、そこそこ普通の土になるのではないかなと思います。

 さてはて、これでいいのかなぁ?ただ、庭中霜だらけなのに、発酵しているのか、掘り返したところだけ霜がありません。温かそう。半年くらいしたら、掘り返してそのあたりの土をつかってみようと思ってます。

 なぜコンポストのような条件が満たせていないとは思うので、もしかしたらこれではだめなのかもしれません。

 もうしばらく続けて、考えます。埋めるところもそのうちなくなってしまいそうだし・・・。

最近のホームベーカリー

 思ったより飽きずに、淡々と作り続けています。6月から、2日に1回は稼働しているので、お遊び的な意味でのもとはとれたかな(笑)コスト的な意味では、5年くらい使わないとだめかもしれないけれど。

 ずっと、甜菜糖をいれていたのですが、最近は、黒糖をいれています。ほんのり香りが違うんですよね。

 明日は、ココナッツオイルいれてみようかなぁ。

 cook padなどでは、こんな分量で掲載されているけど。私は、多分、蜂蜜、ミルクとドライイーストも入れません。
強力粉 250g
ココナッツオイル 18g
ココナッツシュガー(砂糖) 15g
はちみつ 小さじ1
塩 3g
牛乳 200g
ドライイースト 3g

 こんなことでもないとやってられない!

大浦ゴボウ

見るなり、これゴボウ?って聞いちゃいましたよ。太い!

真ん中に穴が開いているのは一般的で、”す”ではないそうです

お店の人が、日本一美味しいゴボウなんですよっておっしゃるから。

ネットでレシピ検索すると、なんと2日も煮込むことになっているではないですか。そんなの無理だから圧力鍋登場。

圧力鍋に、しいたけの戻し汁と一緒に入れ、ぴんがたってから、20分以上煮込みます。

そののち、煮物の味付け(私は醤油のみ)をして、戻したレンズ豆を入れて、もうひとにたちさせます。

やはり二日目の方がおいしゅうございました。味はやっぱりごぼうでしたけど。


プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク