記事一覧

英語の勉強 week 1(8/30~)

 TOEICしばらく受けていませんでした。勉強がつまらなくて続かないんです。トピックスが限られているので、すぐ飽きちゃう。 しかし、会社で、部署の900点以上の人員を、部員の25%にするいう目標がでてきました。久々に受けてみようかなぁと思ってます。ホホホ、実はまだ900点超えていないので~す。のんきなわたくし。半年くらいがんばってみようかな。 意外と、Part Ⅳが苦手かも。短いけど集中してストーリーが聞けない。途中...

続きを読む

たばこ事情

女の人も含めてたばこぷかぷか。宮殿のお庭でもタバコぷかぷか。歩きたばこの人もいる。自転車に乗って近寄ってきたニーちゃんが何か話しかけてくる。私はわからないので横に首を振ると、次のターゲットから火をもらってました。あまり禁煙教育やっていないのかな~。...

続きを読む

ホテルのこと

正直もう少し高いホテルでもよいかと思ってはいたのですが....今回は3つ星ホテルで、100ユーロ~200ユーロ/泊の間に抑えました。4つ星ホテルだと、400ユーロ/泊(税別)~になってしまうので、1ユーロ=140円超えている今は、7泊するとかなりつらいです。最近すこし高めのホテルにとまっていたので、ホテルのレベルでこんなにサービスが違ったか・・・とおもい知らされます。アメニティが一切ないのはいいとして、セキュリティボ...

続きを読む

飛行機で見た映画

 「Woman in Gold」(2015) クリムト作『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I 』の返還請求に関する、対オーストリア政府への訴訟。新人弁護士とたちむかうJewishで、アメリカに亡命したマリアが起こしたもの。その絵画と家族の思い出と、戦争のつらい回想シーンが挿入されています。 若いマリア役の女優さんが、大竹しのぶさんに似ていて・・・思わず見入ってしまいました。こういう顔の方って演技がこうなのかしら・・・。 ...

続きを読む

Mitsuko Uchida

 いろいろ書きたいですが、また今度・・・。たのしゅうございました。...

続きを読む

Salzburg 7日目

 朝ごはん食べて~ ヘルブルンへ~ 違うバスに乗ってしまいかなり時間が遅くなってしまいましたが、景色が素敵で楽しゅうございました。 Markus Sittikus von Hohenems (ザルツブルクの司教)が作った噴水の庭です。その、庭はガイドツアーでみれます。夏休みのせいか、世界中の子供たちがおおさわぎしていました。お国柄なのか、個人なのか、自分の年代の日本人のように「迷惑になるからやめなさい」と公衆の面前で怒ってい...

続きを読む

ばらの騎士

 ザルツブルクの大祝祭場にて。...

続きを読む

Salzburg 6日目

 6日目は、やっぱり塩坑(salt mine)ツアーにいこうということで、申し込んでしまいました。こちらについてから知ったのですが、PANORAMA TOURという会社が大きくて取りやすいようですね。Sound of Music Tourは、こちらのツアー会社のものが人気です。 Halstattしか塩坑がないと思っていたのですが、実はこの辺は昔海で隆起したためとあり、沢山あるのですね。ドイツ国境を越えてすぐのところに、Bad Reichenhaller(バート・ラ...

続きを読む

Saltzburg 5日目

     Sound of Music + Hallstatt ツアー カメラをなくしてしまったので写真がありません。携帯でとったわずかな写真のみ。 大きい車で迎えに来るからといわれましたが、単なるバンでした。しかも、他のツアーがキャンセルの理由もわかりました。だって、私たちのほかに2名しかいないんですね。このツアー会社、上手に広告しないし、場所も悪いから、ほとんどツアーが申し込まれないのですかねぇ。 私たち意外...

続きを読む

Saltzburg 4, 5日

 とにかく、ザルツカンマングートツアー3回もいっちゃう私たち。 そして、5日目にはカメラをなくしてしまうおばかな私。Sound of Music Tourだったのになぁ~。 4日目は、 日本からHISのサイトから、ザルツカンマーグートツアー 日本語のツアーに申し込んでいました。車で Fuschlsee(フッシュルゼー)の横を通り、St. Gilgen(ザンクト ギルケン) ->遊覧船 ->St.Wolfgang(ザンクト ヴォルフガング)という日本人のた...

続きを読む

Prien am Chiemsee

 前日から切符を買い、準備万端。Googleで検索しているのですが、電車の時刻が1時間に1本くらいしかでないんです。駅できっちり時間を調べた方がよさそう。やはり、ヨーロッパはGoogleに魂を売っていないのかしらね。 そして、時差ぼけで4時にはお腹が空いておきてしまうわたくし。朝から、駅にあるJOHANNAというお店で、たっぷりのお食事をしていました。 ローマのようには駅が広くないので、10分前にカフェからでます。 プラ...

続きを読む

Salzburg 1-2日目

 色々戸惑ってます。とにかくクレジットカードが使えない場所が多いことです。そして、使えたときでも、USのようにチップ欄がないので、チップのための小銭を必ず持っている必要があります。ほとんど換金してこなかったのです。ちょっとあせります~。でも、アメリカのチップは20%ですが、ヨーロッパは5-10%でもよいようですね。1枚渡せばいいみたいです。#四日目に、チップの払い方がわかりましたので、後ほど。 初日 フランク...

続きを読む

飛行機の中で見た映画

Sofía Margarita Vergara Vergaraがみたかったわけではないですが、なぜか3本中2本登場。しかし、彼女、あんな英語ではないのですね。普通の英語でびっくり。。。『Chef』邦題は、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」なんですね。『While we are young』こういう変化はわかりますが~(笑)、これをみて楽しい人って誰なのかなぁ、というのが面白い。各年代別の評価とかみたらわかるんでしょうか。『Hot Pursuit』笑いま...

続きを読む

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です

カレン・フェラン  「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です」この本は、相方が、「あなたが毎日ぐずぐず文句を言っていることにそっくりだ」と言って、笑いながら読むように勧めてくれた本。特に、自分と考えが一致しているのは、以下の章。まさに、今やっている、業務目標で数字を合わせる仕事ばかりしていて実践しようとしない人たち、人事システムのばからしさ、毎日ぼやいていることと同じ。第2章 「最適化プロセス」は机上...

続きを読む

世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方

世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方 そうなの。 組織にいると、悩みは多い。 問題はあるけど、本質について話せるチャンスはほとんどない。でも、本質を説明するほど、システムを理解していない。それでも、出された指示は、解決法ではないとだけはっきりとわかる。 もっと現実に、簡略化したシステムを書いて説明できればいいのね。上司の立てた目標、それに対する自分の施策、それに対するコメ...

続きを読む

Erik Satie et son temps @ Bunkamura

 すみません、この時代のパリものには弱い・・・。 展覧会に入った瞬間からなんだか現実を忘れてしまいました。右脳が喜んでますぅ。 パラードの映像、コクトー、ピカソ、サティー、加えてディアギレフの作品は、かなり気に入ってしまいました。自分の中にある何かを刺激する動きと、それに合わせた音楽があります。ベジャールもパリッ子、何か流れを継承しているのでしょうかね、彼の舞台を私が好きな理由も同じような気がしま...

続きを読む

霧笛楼

 社会人になってから入った大学の友人らと年に1、2回のランチ。もうお姉さま方は、両親ほどの年齢の方もいるけれど、勉強させていただいてます。 今日の話題は日露戦争?いろいろな気が付かない名前が・・・、正露丸とか・・、何故ラッパのマークなのか・・・とか、全く考えてみなかったことを指摘され、驚いております。今日こっそり、正露丸のサイトを覗いたら、説明がありました。ま、今更改称したら、あの認知度がさがって...

続きを読む

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム