W・チャン・キム、 レネ・モボルニュ 著「[新版]ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する」

W・チャン・キム、 レネ・モボルニュ 著 「[新版]ブルー・オーシャン戦略―――競争のない世界を創造する (Harvard Business Review Press) 単行本 」 Harvard Business Review 入山 章栄 (翻訳), 有賀 裕子 (翻訳)

情報産業といわれる分野のビジネスモデルにあてはめてみると、どの切り口で切るか、とても迷う。

でも、やはり、「一般競争入札って、品質を下げ、コストを上げるための仕組みである」と、宣言しよう。

日本はお客様の言うなりだからなぁ・・・。それが、スキルがなくてもコストさえ下げれば売れるラッキーでもあり、いいものを作る気力を失わせ、腐敗も生むのかもしれない。

先日、NHKの白熱教室「お金と感情と意思決定の白熱教室」をきいても、お金を払うモチベーションがないですものね。
https://www.nhk.or.jp/hakunetsu/behavior/index.html

ふぅ~。

あ、まだ読み終わってません。

-----

 読み終わりました。

 論文化されていないとHBRには書いてありましたが、ロジカルに説明されているとはかんじました。ワインのイエローテイルの話や、サンドイッチのプレタ・マンジェの話は、業界の常識を打ち壊して、新しい市場を作っているという感じします。こういうコンシューマー向けといわれている分野でのマーケティングは非常にわかりやすいんだけどなぁ~。

 自分のような企業に売っているケースは、もう少し入り組んでいるので、もう一ひねりがいるんでしょうね。部品業者さんなんかもどうなのかしら。

 実践知の部分は、結果がでてはじめて、これだったと言えるわけで、政治力のようなもの。簡単じゃないなと感じました。意外と興味を持ったのは、NYPDの話でした。確かにNYの地下鉄は危険と言われていました。当時から地下鉄での犯罪発生率は3%だったという事実に着目したこと。NYPDは地下鉄を利用するように推奨したこと。そののち、地下鉄は我々も普通に利用できる市民の足になっていて、そこにいたるには理由ががあったのですね。もちろん、それは戦略の一部ですらないわけですが・・・。問題を目の当たりに・・・といったところでしょうか。BATMANのゴードン刑事みたいです。あ、彼は政治は苦手なんでしたっけ。こういう官僚の世界にもRed Oceanはあるのですね。Red Oceanは、競争の血の海だと思っていたのですが、もっと広い意味で書かれていたみたい・・・

 おまけ、モンサントの言及も面白いとは思いましたが。本当に環境への問題はないのか、経済的見地のみならず、科学的見地からのコメント、もう少し精査したいところ。でも、F1はだめといっているのを考えても、やはり、環境への影響は大きいのではないでしょうかね。自然界は、仕切りがないので、その種が飛び出したらそのまま拡散してしまいそう。
スポンサーサイト

杉浦日向子「百日紅」(ちくま文庫)

2016年1月10日のNHK 日曜美術館で北斎の娘の応為「夜桜美人図」が出てきました。久々に読みたくなりました。

読み返すと、歌川 vs 北斎 も面白い。またいつか読むと、違う発見があるのかしら。

シンポジウム「海外における日本美術コレク​ションの意義とその活用」

 久々の東京国立博物館

 カラヴァッジョ展、ボッティチェリ展、Wine(科学博物館)と、イタリアっぽーい広告が並んでいる。それに、駅構内から購買意欲がなんとなくわきそうな、色々なお店。人がたくさんいる。あぁ、そうだ、私、日本の都会にいる!横浜駅に行っても、人はたくさんいるけど、感じないこの刺激感ってなんなのかしら~。

 そして、シンポジウムに入ってまいりました。ちょっと体調悪くて、午後寝てしまったところもありましたが・・・。

 まず、やっぱり、欧米人と欧米の教育を受けた日本人は、プレゼンがうまいと感じました。ストーリーにひきつけられます。そして、内容が整理された状態で、頭の中にしっかりはいってくるんです。

 自分だって、喋るのが嫌いで、沈黙は金なりという人生を送ってきました。そして、私自身、話せないだろうと思います。でも、多くの人を前にして話すとき、やはり、準備していないのではないか?と感じさせるものはマズイように思います。少しでも、話を聞いていただく時間をその人から頂いたからには、その人・人々に何かを得てもらいたいと考えて話したいです。

 次に、お金のこと。やはり、「政府が払ってくれない」ということを発言されているのを聞いて、ため息がでます。集めるとか、工面するとか考えられないのが日本の社会なのでしょうか。民間起業にいてすら、日本人というのはそういう発想の人間が多いことに驚かされるわけですが。(あ、今の政府の、大学への急激な投資削減やら、そういうところへの疑問はさておき。)

 やはり、何事も、工面できなければいけないのではないでしょうか。もちろん、税金もカウントにもいれたとしても、それをどのように調達できるかは考えなくてはならない。必要性、効果の説明、そして人的ネットワークの活用などにより、実現する力。(あ、偉そうなこと言ってますが、自分もそんなことできません。でも、その無能を、人のせいにはしたりしないほうがいいかな、と。)

 Key Noteの中で、USやその他欧米と日本の学芸員の違いとして、やはり欧米は「コレクター」からの寄付・寄贈というのを考えて、コレクターと学芸員の人間関係の中で、美術品を美術館においていただくという関係のようです。お金の絡んだ微妙な関係で、やはり簡単なことではないように見えます。お金は湧いてこないのですよね。もちろん、日本にはそういう仕組みすらないから、お金を回すシステムをひねり出すのが大変だというのもわかりますけど。

 海外の日本作品を修理をするのにお金がいる、それを日本の政府が出すべきだというのは、あまりにも論理がとんでいるようにも思いました。日本の技術をお伝えして、お金に換えたりすることもできるかもしれませんし。Fundを募る方法もあるでしょうし。

 また、シンポジウムも、もっと人を集められると思うし、内輪受けのような人しか集めないで税金をつかってしまうのはもったいないと思います。アメリカでも、あまりにも多くの人が、簡単に集まるのを見ると、日本だってたくさん集まるような気がするんですけどね。こういうことに、お金でも、体力でもかしてくれる人たちたくさんいらっしゃるように思いますけれども。

 そして、メンノ・フィッキ氏、面白かったです!やっぱりMy Worldのある方でした。映画「アムステルダム王立博物館」の中に出てきていらした通り・・・

 最後に、私は、Key Note Session における、Prof. Samuel C Morseさんのお話が、よかったです。

 彼は、基本的には、美術品は、単独ではなく、意味を持たせてみることに意味があると言っています。

 その中で、どうやって日本美術が、アメリカで買われていくかを話してくださいました。

 ひとつは、言わずと知れた、万国博覧会とGeorge Walter Vincent Smith氏の話。フィラデルフィアの万国博覧会からはじまります。それから、もちろん、フェロノサと岡倉天心のお話。Charls L. Freer氏のお話。そして、全く私は知りませんでしたが、山中商会(Yamanaka & Co)のお話などを、具体的な美術品を交えながらお話してくださいました。

 彼の話を聞いていて、「自分がやりたいなぁと思っているのは、"美術品の関連性" vs "個性"なのかなぁ」と思いました。ソフトウェアというか、デジタルですごく実現したいと思うのは、職業柄でしょうか。私、意外と、アプリケーション好きなんだなあ・・・。プロジェクトを組めないかしらと思います。やはり所有権とか、映像の入手とか公開とかそういうところから考えなければいけないのかしら~。歴史学者さまたちの嫌うITが、研究や理解の一助になればと思うわけですが・・・。絶対、一般人にもうけるし、新しい発見も増えると思うんだけれどなぁ。

 ふぅ~、風に時々あたり、何かしたいなぁと思い、でもやっぱり実行しないのかな・・・。私はLazyです。

ラファエラアカデミア「薔薇窓にみる天上世界」

 最後の審判図・・・ときいても、キョトンという私には、ちょっぴりムズカシイ講義でした。何年も前に西洋美術史の講義を受けて、ロマネスクとゴシックの比較というレポートを書いたことは覚えているが。なんだったっけ?という人間でございますから。

 とにかく、薔薇窓のステンドグラスの中に描かれる題材として、最後の審判図があるということらしい。

 最後の審判図のキリスト教の宗教画としての確立は、9-10世紀であったのではないかとのこと。初期の宗教画のテーマ確立は4-5世紀であったことに比べて、新しいことが言えるそうだ。終末論と関係しており、時代性のある考え方を含んだものでないと、絵にならないため、おくれたのではないかというのが、先生のご見解と理解しました。

 テーマの図像化については、二つの流れがある。
ひとつは、『マタイの福音書』 25 32-33 羊飼いが羊(神の子)と山羊を二つに分かつ場面
ひとつは、『ヨハネ黙示録』4章 四活物(鷲=ヨハネ、獅子=マルコ、牛=ルカ、人=マタイ でいいのかな?)と24長老に囲まれ、神は御座に座す場面

 また、13世紀のゴシックの成果、最盛期であるのだけれど、15世紀には、技術が最高に達していたらしい。流行の終わりはあるのかしら?

 それをもっとも顕著に見ることができるのが、サント・シャペルのステンドグラス。なぜなら、13世紀に最初に建てられ、15世紀にステンドグラスが再度作り変えられているから。

 ルイ9世 (Louis IX, 1214年4月25日 - 1270年8月25日、在位:1226年 - 1270年)、聖王ルイにより建てられる。若いうちに即位し、母が摂政になった。そのため(?)キリスト教の教育により、敬虔なキリスト教徒となった、ということなのだと先生はおっしゃっていたように記憶しています。サントシャペル完成6週間後十字軍にもいったとかいうお方です。

 そのころのバラ窓のステンドグラスは、一部残されており、まずそれを写真で拝見。急いで建てたせいとおっしゃっていましたが、13Cの技術の問題もないのでしょうかね。素朴な感じのステンドグラスです。

 聖王ルイの聖書と呼ばれる全三巻(原典はトレド大聖堂)のキリストの教えを書いたものがあり、それからとっているのではないかというお話だったようにも思えます。

 そして、15C 1498年、シャルル 8世により、現在も残されているステンドグラスの図像になります。ここから先は絵の詳細の説明が入りましたが、よくわからず。ただ、87場面があると私はノートしている。四活物もでてきていたと理解しています。

 そのあとは、色々な場所のスライドが次々に写されたのですが、講義との関係はちょっとわからず。ただ、きれいな絵をみて、ぁ~、いきたいなぁ~、と思った次第。

 もう少し勉強しないと何を聞いてもわからないですね。

 日本史の方が、やっぱり、なんとなく、わかりやすい。宗教観とか、時代感とか、色々あるけれど、どこか自然に理解しているものがある気がする。

  

ホームベーカリ記録

最近、時々、「風と光 天然酵母ドライイースト」 を使ってます。

少し匂いがきついのですが、パンがきれいに焼き上がります。

ただ、あまり大きく膨らまない・・・

理由がわかりました。

今までこの分量で作ってたんです。
200g 全粒粉
3g ドライイースト

袋の後ろを見たら、全粒粉を使う場合は、2倍にとのこと。これでやってみます。
200g 全粒粉
6g ドライイースト

でも、一袋 9gなのよね....。4.5gでがまんしてくれないかな~。

なんにせよ、ホームベーカリ歴 1年半。週2-3回稼働。まぁまぁ、買った甲斐はあるんじゃないかしら。

映画「トカレフ」

ニコラス・ケイジ、なんでそんなに人気なのかなぁ。

このストーリーは・・・・

シニカルな笑いというか、教訓。説教臭くないから後味は悪くない。でも、映画館で見るのはどうかなぁ・・・。

映画「天空の城ラピュタ」

 観たの覚えてない・・・

 このころの作品はやっぱりいいなぁ~。あまり説教くささを感じず、素直にリラックスして見れる。

 フフ、バカラの飛行石うってるんですねぇ。ほしい?! 

映画「トランスポーター 1, 2, 3」

ケーブルテレビで。

みたら、リュック・ベッソン監督。うん、なんとなく、Leonの香するぅ。

主人公フランク演じるジェイスン・ステイサムは、ブルース・ウィリスをアクション系にした感じ?

バイオレンスとか、アクションとか、激しいものを観ながら、食事するのは好まないんですけどね~。できれば食事は、音がないか、静かな気持ちになるものと一緒であってほしい。ニュースとかもチカチカしてうるさいですから。

でも、私は決してつけないのですが、我が家はいつもテレビが付いているのです。そして、なんとなくチカチカしてます。相方は、自分で付けて、流しっぱなしにしながら何かしてます。なぜか私が、自分の作業に集中できずに、テレビのとりこになっているパターン。

そして、3本見ちゃいましたよ。

三作目、なんかちと女性の雰囲気違うなぁと思ったら、監督替わってました。

四作目が、coming soonなんですね。

本日のコーヒー

石井SPコーヒーシグリ農園パプアニューギニア 170g

あんずのような甘さと香り豊かで柔らかなビターなコクをお楽しみいただけます、だそうですぅ。

20160109_coffee_shigri

昔、横浜駅には、コーヒー23という、サイフォン式でコーヒーを入れてくれるお店がありました。

カウンターだけのみせで、たばこもOKだったのですが、よく通いました。

そこで飲むのが好きだったコーヒーの一つがシグリ。

でも、自分で淹れるせいなのか、何かちがうなぁ。おいしいけど。もっとすっきりした味わいだったような。

やまいも~

レシピメモではないのですが・・・

山本電気のフードプロセッサー

http://www.ydk.jp/homeelectronics/michiba/mm22.html

とってもよいです。

やっぱり、大根おろしはちょっと水分と実が分離しちゃうけど。

山芋は変色しないでおろせた~。しかも超なめらか。

20160109_dinner.jpg

津山の珈琲

 ふるさと納税、津山市でやってみました。

 私は、生まれも育ちも今も同じ場所に住んでおりますので、岡山県なんて縁もゆかりもありませんが。とっても行ってみたい場所ではあります。おいしそうなものたくさんありますしね。

 城西浪漫館をお礼の品に選びました♪

http://tsuyama255.net/youan/index.html

 「珈琲」の字は津山藩が発祥ってかいてありますよ。宇田川榕菴(うだがわ・ようあん)は、幕末の津山藩医で蘭学者(洋学者)。当時の日本に概念のなかった「酸素」や「水素」など多数の化学用語を考え出しました。・・・とかいてあります。

 おいしそ~。木箱に入ってましたよ。

20160109_coffee.jpg

 あ、実際飲んだ感想は・・・、マイルドでのみやすかったですぅ~。

年初のワイン(1/3)

20160103_wine (1)

日野屋さんで買ったワイン。

えへへ、アンセルマン、中甘、デザートワインにぴったりの甘さ!トロッケンとは全然違いました。

そして、HANSLANGは、期待通りのさわやかな味でした。

20160103_wine (2)20160103_wine (6)20160103_wine (8)

ふぅ~、今年も、こんな風な一年でありますように。

New Year Resolution

 去年は、本当につらかったなぁ。

 仕事。いろいろあったなぁ・・・。

 肉体。38度以上の熱が3日以上続くことが3回以上。その間に四十肩になり、夜も眠れないことも1か月続いた。今も、耳鳴り、めまい、胃痛、なんとなくガシガシ動けないのもこの辺の頸椎まわりの痛みと関連している感じ。沢山食べてるのだけれど、なんとなくいつもムカムカしているし。



 今年は、仕事も肉体もリセットして、白紙からのスタートにしたいわ~。

 年末年始のお仕事はすべて完了。築4年にして、ようやく大掃除も目標パーツは完了。相方にもたくさんお願いしたし、お店にも頼んだりもして、12月上旬から少しずつ。 そして、大晦日から元旦の両親の訪問も完了。おせちといっても半分以上は買ったけれど、お煮しめ、なます、黒豆、ごまめ、それからご飯やお吸い物、お雑煮の替わりにお汁粉などなど。おせちには、お煮しめにこんにゃく、なますにゆず買い忘れ、絶対オーダしたはずのくりきんとんが家じゅう探してもないと、いろんな失敗もあったけど乗り切れました。明日は、お墓参りに行けば、お役目完。

 今年も、いつも通りだけど、丁寧に生きられますように。

 ひとつは、体力を復活させること。有酸素運動をもっとしようと思います。登山、自転車、水泳とか昔していたこと。そして、ヨガ。

 ふたつめは、美しいものに触れること、その歴史について学ぶこと。そして、願わくば、そのために何をすればお金をえられるかまでつきつめられること。

 さいごは、美しい食べる庭を作ること。作品的にできるように、少しずつ整備したいですね。お金と体力と時間との戦いですが。科学的でもあり、情緒的でもあり、工業的でもあり、自分向きの作業です。

 さてと・・・
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク