記事一覧

窪田喜美子「つぎはぎだらけのヴェルサイユ宮殿」クレオ

 このごろ、本屋さんやら、図書館やらウロウロしているので、見つけた本。 「つぎはぎだらけ」というよりは、長く生きていれば進化するということを示しているだけなのだと思いますが。その進化の仕方が、住んでいる王がその住処をどういうものと位置付けたか、また前のものを壊さずに残した思いがあるのかどうか、などと考えると面白いのだな・・・と思いました。 ヴェルサイユに行ったのは、1997年3月だったかしら。晴れた日...

続きを読む

田中辰明著「ブルーノ・タウト - 日本美を再発見した建築家 」(中公新書)

http://www.amazon.co.jp/dp/412102169X/ref=pd_lpo_sbs_dp_ss_1?pf_rd_p=187205609&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=4480089411&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=1KR85GSW8VQCXKJN69PJ最近、桂離宮が見直されるようになった理由を読み、ふぅんと思っていた。そんな中、この本に出会った。うーん、結局、桂離宮を何故ほめたのか、その理由はよくわからなかったけれど(笑)。ブルーノ・タウト氏の集合住宅は、もっと拝...

続きを読む

朽木ゆり子「東洋の至宝を世界に売った美術商: ハウス・オブ・ヤマナカ」 (新潮文庫)

http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E3%81%AE%E8%87%B3%E5%AE%9D%E3%82%92%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%E5%A3%B2%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%95%86-%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%82%AB-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9C%BD%E6%9C%A8-%E3%82%86%E3%82%8A%E5%AD%90/dp/4101278911明治時代から、第二次世界大戦あたりまでの、...

続きを読む

ミュージカル「TABOO」@DVD

 うふふ、久々に、中学校のころの友人と約束。やはり、小中学校ぐらいまでの友人は、なんていうか、家に入れるのに緊張が少ない。いつもより、掃除が入念ではない(笑)。片付いていないところがあっても許してくれるだろう。 彼らの親も知っているし、彼らの家に遊びに出入りしているし、自分の子供のころの家も見られているし、泊まったりもしているから、安心して招ける。 子供のころ一緒に観ていたボーイ・ジョージの話題に...

続きを読む

船本弘毅著「知識ゼロからの教会入門」

http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%A5%E8%AD%98%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%95%99%E4%BC%9A%E5%85%A5%E9%96%80-%E8%88%B9%E6%9C%AC-%E5%BC%98%E6%AF%85/dp/4344902939知らないことはなかったけれど、シンプルに文字数少なくまとまっているので、頭に入りやすい。教会も14選としているのも、ゆっくりした気持ちで読めるのでよいです。フィレンチェにいきたーい。ラヴェンナのモザイク観たーい。...

続きを読む

初田 亨著「東京 都市と建築の130年」

http://www.amazon.co.jp/dp/toc/4309760953/ref=dp_toc?_encoding=UTF8&n=465392明治以降の建築の歩みをよんでいきます。第1章 近代への助走やはり、政策というものと密接にむすびついているのですね。 銀座煉瓦街のところはかなり読みいってしまいました。政府の西洋化、防火も含めた政策としてはじめられたのですね。そして、空き家が多発し、見世物小屋になっていたこと。あぁ、歌舞伎座との関係は?とか気になりますね。 そ...

続きを読む

NHK 司馬遼太郎思索紀行 この国のかたち

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160213https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160214昨日から、続けてみています。明治の政治家の人間性、「汚職がないこと」、「公益性を意識していること」に注目し、そのルーツを探ります。司馬さんの書いているルーツは、鎌倉時代の武士が育んだ、私利私欲を恥とする“名こそ惜しけれ”の精神だった、ということ。そして、その「武士の成り立ち」につ...

続きを読む

日本画の革新者たち展@横浜そごう

https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/kakutensublist/?article_seq=165194最近、美術展に足を運んでなかった。今回も、チケットを頂いたのに行くのを忘れて、会期終了間近あわてていくことに・・・天心なしには、日本美術を語れないのね。天心が、芸大を作った後、どのようにして渡米したかあまり覚えていなかったのんです。でも、日本美術院の結成とか、その後、日本で新しい作風が認められなかった美術院メンバーの大観や春草を...

続きを読む

アマリエンホーフ・ザムトロート・シュペトレーゼ・トロッケン

アマリエンホーフ・ザムトロート・シュペトレーゼ・トロッケンこれがシャトーなのかなぁ・・・http://www.weinstube-amalienhof.de/ブドウ品種:ザムトロートは、「グランチェン村近郊にしか見られないまさに地品種」とか、「ヴェルテンベルク地方で朱いベルベットと呼ばれる地品種」とか書かれてますね。(by ネット検索)産地は、ヴェルテンベルクと書いてありま~す。ミディアムボディとかいてある通り、重たくなくて、すっきり...

続きを読む

田中亮三著増田彰久写真 「図説 英国貴族の城館」河出書房新社

あぁ~、美しいですね。観に行ってみたい。カントリーハウスの定義は、エリザベス朝末期の1590年からヴィクトリア朝初期の19世紀半ばにたてられた、主に貴族の称号を持つ大地主がたてた邸宅。かならずしも貴族とは限らないともかいてあります。よくわからないけれど、美しい外観、内装、そして、庭園。らせん階段からはじまり、応接や、図書室などから、寝室や、キッチンなどの裏方まで、どこも美しくてほれぼれ・・・。間取りは、...

続きを読む

映画「ニューヨークの眺めのいい部屋売ります」

http://www.nagamenoiiheya.net/うふふ、なんか2本続けて、シニア観客が多い感じ。私たちが一番若いんじゃないかしら。ストーリーが、少しシニア向けだから?朝から見てるから?それでも、こんなストーリーが心にしみるワタクシ。自分は、アグレッシブに生きたくないんだと思う。好奇心は失いたくない、世の中に貢献はしたい、でも全くお金のない生活で路上生活なんて考えたくない。もっと、意味のあると感じられることを、着実に...

続きを読む

映画「ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る」

http://rco-movie.com/ 私のクラシックに関する認識を一変させたオーケストラ、ロイヤル・コンセルトヘボウ。 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、創立125周年記念のワールドツアーというのは、どんなものなんだろう?! どんな 監督:エディ・ホニグマン Heddy Honigmann氏は、どんな風に仕上げるのだろう? ちょっと最後を見たときは、正直ビックリしたけれど・・・・。びっくりというよりは、あれ?これが終わり?とい...

続きを読む

ヘルマン・ヤンセ著「アムステルダム物語―杭の上の街 」(鹿島出版)

あぁ、この本を小脇に抱えて、アムステルダムいきたい!12世紀くらいからの歴史が書いてあります。このころ人が多く移り住んだようです。アムステルダムは、アムステルのダムなの?!いや、名前の由来からはじまります。そして、都市の成り立ち、その後の建築技術や、水門、城や教会、そして個人宅、さらには細かな装飾まで説明されています。美しい、わかりやすい、挿絵とともに。今の海沿いの高層マンションなんかのつくり(最近...

続きを読む

井上章一著「京都ぎらい」(朝日新書)

 面白かった~。 何年か前に、京都で歴史の教科書を手にした時から、関東人の習うのと、少なくとも京都で習う、日本史は違うんだと認識したんです。 だけど・・・、まだその中に、ミクロがあるとは。いまだに、京都市内ではなく、洛外洛中で決まるんですねぇ。 とにかくどのコラムも、なぜか"想像可能"で。京都という土地に行くと、たとえば、レストランのような場所ですら、関東と違う。何かを薦められたとき、なぜか断れない...

続きを読む

インフルから復活

 月曜日から水曜日は、本当に意識なく眠った。会社に申し訳ないとかそんなことも思いもせず、ただひたすら眠った。水曜日などは、インフルの処方薬を飲んで、37度まで熱は下がっているけれど、なぜかそれ以上体温も下がらず、目もあけられず、ひたすらベットの上で眠った。木曜日は、あまりにも汗をかいたシーツを洗ったり、布団を干す気力がようやくわいてきて。木曜日の夜から、お腹もすくようになり一般の食事へ。 今日、金曜...

続きを読む

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム