記事一覧

アランバラトン著「庭師が語るヴェルサイユ」(挫折中)

 タイトルと、フラゴナールの絵の表紙にひかれて。 「庭師の語るヴェルサイユ」 しかし、1行目を読んだとたんに、なんとなく挫折しそうな予感はあったんです。私の苦手な文章~。翻訳版だからなのかしら。 自分の脈や呼吸が心地よくなるような文章が好きです。あるいは、少し、緊張するのもいいのですが。 でも、相手の呼吸が先に荒くなっていて、自分がおいていかれるような感じはとても苦手(笑)。そのおいていかれる感じ...

続きを読む

映画「バットマン」

 バットマンってこんなにたくさんシリーズあったんだ。 ティム・バートン監督だったのね。何故見なかったのかなぁ、当時。1989。...

続きを読む

映画「さくらさくら」

 「さくら、さくら【完全版】」・「TAKAMINE」2枚組 DVD ミニシアターで拝見しました。 丁度、NYCの美術商、山中商会のお話を読んでいたものですから。 同時代の高峰氏の、日本においても、海外においても、ビジネス立ち上げ苦労などを見ていると、何とも言えないものでした。 しかも、裕福な家庭に育ち、おそらく、普通に家業の医者をついでも生きていけたのに。 医者が助けられるのは患者のみ、科学(化学?)の...

続きを読む

杉本秀太郎著「洛中生息」みすず書房

 実は、井上章一著「京都ぎらい」の中で、語られたので探していました。 洛中生息。タイトルもいいですね。 Amazonで、中古本12,000円。 http://www.amazon.co.jp/%E6%B4%9B%E4%B8%AD%E7%94%9F%E6%81%AF-1976%E5%B9%B4-%E6%9D%89%E6%9C%AC-%E7%A7%80%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/B000J9ERBA/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1458739333&sr=1-2&keywords=%E6%B4%9B%E4%B8%AD%E7%94%9F%E6%81%AF 仕方ないので、横浜市の図書館で借りま...

続きを読む

武者小路穣著「絵巻 プレパラートにのせた中世」美術選書

図書館で借りて、流し読みするには、少し重たい本でした。後ろに、昔なつかしの貸し出しカードがついていて、楽しい気分に。この本「絵巻の歴史 (日本歴史叢書) 単行本」(1995/3)とコンセプトが同じであれば、こちらを買おうかなぁと思います。どちらかというと、今まで、絵の技術的な遷移を学ぶものを多く読んでいました。この本は、少し違う気がいたします。どうやって読まれたのか、また、そのあとにどうやって描かれたのかとい...

続きを読む

PRESIDENT (プレジデント) 2016年 2/29号

http://www.amazon.co.jp/PRESIDENT-%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88-2016%E5%B9%B42-29%E5%8F%B7/dp/B01ATNH04Gノートを取るのは、好きな方。打合せ中にPCで議事録を取り、その日のうちにレビューで全員に送信することは、自分の得意なことでもある。しかし、今のポジュションになってから、自分が打合せを進めることも多くて、スケジュール帳に、TO DOだけを書くのが精一杯。しかも、打合わせ以外の時間...

続きを読む

ガレの庭 @ 東京庭園美術館

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/160116-0410_galle.html ガレというと、サントリー美術館で何年か前に見たガレ展の印象が強かった。トンボ等の昆虫や、植物のガラスを立体のまま、花瓶や鉢に嵌めた技法、マルケトリ?と、曇りガラスというか、乳白色にするパチネという技法がメインで、強烈な印象を与える。 でも、初めて、美しい作品(笑)もあるということを知った。 私の個人的好みは、伊万里風とか、ギリシャ...

続きを読む

水木しげる著「水木しげるの古代出雲」

古事記の子供向け版を先日図書館で読んではいたのですが…。この漫画によると、因幡のうさぎは、もっと奥が深いのね。『古事記』や『出雲風土記』などの神話や史実を交え、オオクニヌシの視点で出雲の盛衰をかいてある本です。因幡(この本の中では因幡じゃないのか)のウサギを助けたのはオオクニヌシ。結婚して、めでたしめでたしと思いきや、スサノオの娘を正妻に迎えて、国を広げていくんです。へぇぇ。また、水木先生や家族が出...

続きを読む

五味文彦 本郷和人編 「現代語訳 吾妻鏡〈1〉頼朝の挙兵」 吉川弘文館

吾妻鏡〈1〉頼朝の挙兵 読んだというにはほど遠いのだけれど。10年くらい読もうよもう・・・と思っていて、ようやく手に取ることができました。  最初の解説だけでも、面白いと思います。 北条氏の周辺の編纂ということに関しては、まぁ、想定の範囲内とは思うのですが。記録係みたいなものが記録したものがあるわけではなく、色々な人がまさに「編纂」に関わっているのですね。 京の時事をいれるために、藤原定家「明月記」...

続きを読む

ホームベーカリー記録

ドライイースト変えました。匂いも、味も、仕上がりも違う~いい焼き上がりですでも、やっぱり一番膨らむのは、天然酵母ですね。...

続きを読む

昨日の和菓子

桜餅桜餅の由来については、以前引用して書いたと思うのですが。仙太郎の解説によると「関東の桜餅は小麦粉を水で溶いて鉄板でうす焼して、筒状にして餡を挿んだもの。仙太郎の道明寺製で糒(ほしいい)、つまり糯米を蒸して乾燥させたもので、二枚の桜の葉で包んである。」...

続きを読む

最近の好奇心の続き

 今、とってもやりたいことのひとつは、美術品のデータをいかに利用するかということ。 データ化自体は文化庁がやっているし、色々な活動は始まっている。でも、「今」という時間軸の中の1点でしか「完全」ではないデータベースを作り上げるってことじゃないんですよね。 大きくは、以下の2つが実現できたらいいなぁ。それらを有機的につなげる仕組みってなんだろうなぁ・・・とうだうだ考える。 (1).研究が効率的に行われる...

続きを読む

TOEIC 900点を目指せるか?

 英語の勉強、TOEIC大嫌いなわたくし。10年前から、800点台前半でずーっと止まってます。まぁ、英語には仕事上そこそこ触れていますが、勉強はほとんどしていない状況。 しかし、今年受けて、解き方が10年前と変わっているかもしれないと感じたのでした どうちがっているかというと、10年前は、いかに読まないで、速く解くかを考えていました。今回は、全部読んで解くような感触がありました。でも、Part 2か3の途中くらいから...

続きを読む

むしゃこうじ・みのる著 「襖 (ものと人間の文化史 108) 」 

http://www.amazon.co.jp/%E8%A5%96-%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A8%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E6%96%87%E5%8C%96%E5%8F%B2-%E3%82%80%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%98-%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%8B/dp/4588210815%3FSubscriptionId%3D0AVSM5SVKRWTFMG7ZR82%26tag%3Dbooklog.jp-item-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4588210815 読了。 引き戸が日本特有なんて知りません...

続きを読む

本日のコーヒー

昔、横浜にコーヒー23というカウンター式のコーヒーショップがあった。サイフォン式でいれてくれる。しかも、目の前で自分のコーヒーが入るのが見えます。自分は、シグリが好きでした。パリのロマンスとか、オレンジブーケ(だったかな)という、甘いコーヒーも好きでしたけど。あまり酒を好まない相方が、食事のあとバーに行く代わりに、ここを選択。あるとき、成城石井で、シグリの豆をうっているのを発見。ペーパーフィルターだ...

続きを読む

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム