重延 浩著「ロシアの秘宝「琥珀の間」伝説」NHK出版

読んでいる途中、この方は、学者ではないなと思ったんですが。

でも、あちこちに聞き取り調査のようなことをされており、どのような方なのだろうと思っておりました。最後に書かれている経歴を拝見して、あぁ、メディアの方なのかと納得。

そして、この方が歩いた風景などが目の前に見えるような表現で、なんだかドキドキさせてくれるのです。歴史検証というよりは、ドラマチックに構成したドキュメンタリーのような本と言えばいいでしょうか。写真の使い方も上手なんでしょうね。

エルミタージュからナチスが持ち去った琥珀の間はまだ存在するのか?

琥珀の間は、ケーニヒスベルク(現ロシア領カリーニングラード)に運ばれたと考えられる。そして、ケーニヒスベルク城で展示されたが、イギリス空軍の空爆にあい、琥珀は全て消滅したとされている。

最初は、ロシアが、琥珀の間を復元するストーリーから始まります。技術者たちの苦悩。だれも本物を見たことがなく、カラー写真もないところから、はじまったようです。

ケーニヒスベルク城の焼け跡から、琥珀の間はここで消滅していないと考えるいくつかの理由。どのように琥珀の間が隠されていると考えられているのか。本当に爆撃にあったと考えられる部分と、取り外された形であるかもしれないこと。

「私のコレクションのあるところに琥珀はある」と言い続けたエーリッヒ・コッホの発言。それらを探す、KGBや、ハンターたちのこと。

ネットで読む限り、まだみつかっていないようですね。

いつかひょっこりでてくるんでしょうか。そうねがってます。爆撃なんてない、平和な世の中が続きますように。
スポンサーサイト

市田幸治著「アメリカン・アンティーク」

アメリカ美術の特質という章からはじまります。

さらっと読むだけだと、アメリカの歴史も、ヨーロッパの様式もよく知らないもので、脳に入っていく感じまではいけませんでした。目次列挙をしてみると、なんとなく、ヨーロッパから少しずつ時代を遅らせて入って、アメリカにあう形で定着なのでしょうか。

ジェームズタウン創設の時代
ジャコビアン様式
ウィリアム&メアリ様式
ジョン・スマイバートとバーミューダ島
クイーン・アン様式
フォーク・アート
ヘックス・サインとフランクチュア・ペインティング
丸木小屋
無名画家ライムナーの活動
肖像画家ジョーゼフ#バッジャー
植民地ロココ様式とポール・リビア
独立戦争とジョン・シングルトン・コプリー
新古典様式
フェデラル様式とダンカン・ハイフの家具
ピラ・アンド・スクロール―量産革命の時計デザイン
折衷様式
シェーカーの家具
近代につながるアメリカン・アンティーク

先日みた、ドールハウスはどんな様式だったのかしら?
20170131_house6 (5)_mini
20170131_house6 (6)_mini

しばらく、様式の詳細を検索したりしてたのしめそうです。

バミューダ島にはいってみたくなりました。NYCから一時間半。でもイギリス領なんですよね。

バレンタインっぽく


ベルギーのチェリービール。
20170214_Valentine (5)

イタリアのチョコレートらしい。バナナのようなとかいてありましたが・・・舌の上においた触感からそんな感じでした。
20170214_Valentine (6)

現地で買ったらいくらなんでしょうね。ちなみに、下世話な話ですが、1個800円でした(^○^;

大野彩「フレスコ画への招待」岩波アクティブ新書(2003)

著者の方は、作品も作っていらっしゃるのですね。三鷹のジブリの森や、横浜のベーリックホールなどは作品を拝見できそう。

さて、フレスコの定義なども、正確には分かっていなかったので、技法を丁寧にかいてくださっているのはとても助かります。壁に、砂と石灰で下塗り(arriccio)、赤茶色の顔料で下絵を描く中塗り()sinopia)し、描画用の壁を上塗り(intonaco)する。そして上塗りが乾き始め、乾き切らないうちに塗り終わるのが技のようです。この時間しか顔料がよくのらないので、一日分だけの区画切りをして、その日の分を一気に塗り上げるというお仕事だそうです。

あまり、ダヴィンチは、この技法に向いてないといわれているのは知っていましたが....。これから先は、意味をもう少し理解して記憶できるといいな。すぐ忘れるかしら。

本の中では、有名なフレスコ画を順にみていきます。

丁度、ダヴィンチの最後の晩餐について擁壁(この本では土嚢とかいてありますが)で防御したというのを読んだばかり。そもそも修復がとても大変だったのですね。何度かテレビで修復の話はみたと思いますが。あらためて、第二次世界大戦で建物が破壊され、野ざらしになったこと。その後、あれこれ修復と名付けて加筆があったのを取り除き、オリジナルの構図にもどしたというお話も頭に染みつきました。

また、数年前、タルクィーニアのエトルリア人のお墓にいきましたが、これはかなり古いフレスコの例なのですね。そんな認識もせずに漫然とみてしまいました(笑)。技法が同じなんて・・・考えてもなかったでした。お墓は地中にあるので、いくつかとってもうつくしいものがありましたよ。

あーイタリア行きたい。アッシジ、フィレンツェ、ピサ・・・。移動が多い旅行は嫌いなのですが、二か所くらいずついかないと、なかなかいけないでしょうかね。日本にもたくさん行きたいところがあるのですが。

リン・H. ニコラス著「ヨーロッパの略奪―ナチス・ドイツ占領下における美術品の運命」

西洋絵画好き必読かも。

いや、どれもこれも手に汗握るストーリーです。

始めは、第一次大戦まえからなんでしょうか。ヒトラーが「退廃的」と称した絵は、粛清の対象になるのですが。それを、軍資金に充てるためにオークションにかけたり。みなさん目的がわかっているので、激安で売られていくとか。そして、それは一部であり、多くは粛清されてしまったとのこと。

一方で、みなさん、必死に、大切な絵を隠すわけです。もちろん、粛清や、没収から守るために。ヨーロッパは危険だからアメリカへ渡ったものも多かったようです。

その後ドイツがどんどん侵攻していきます。

ナチスのロンドン空爆を描いた映画もたくさんあり、タイトルとしては「ヘンダーソン夫人の贈り物」、最近では、「イミテーションゲーム」なんかを思い出すけれど。何かの映画の中でも、美術品を退避しているシーンは何度か見ているような気がします。ヒトラーが集めている絵は、伝統的な、ドイツの絵。クラナハなどがお好きだったようです。ムソリーニ訪問時に、喜んでウフィッツィをくまなくみて歩き、ムッソリーニを辟易させたとかいう話も、ここだけ切り出してみると、なんだか笑ってしまいますが。

ポーランドから始まります。なんとなく、ポーランドのものは多くが破壊されてしまったように読めますね。

そして、パリへ・・・。実は、ナチスもフランスの文化を好んでおり、パリを大事にしたようです。特別な扱いだったのですね。

とはいっても、グッゲンハイムさんなど、状況を読まずに楽観的に買い付けるシーン。アメリカに逃げるための資金としてアートを売る人たちがいたこと。また状況が変わったが、彼女の絵をルーブルが保護してくれなくて泣きそうになっていたようです。最終的には友人宅に隠します。淡々と事実のように時系列に事実が書いてあるように読めるにもかかわらず、心情が手に取るようにわかるような気がしてなんともいえないものでした。

さらに、オランダへ・・・。

先日訪問した、クレラー・ミューラー。こんな風にゴッホ、ピサロ、マネなどを買い付け方法におどろきました。どうしてこんな絵を買ったんだろうと思った、ルノワールのピエロや、エル・グレコのぶどう・・・なんていうのは、こんな風に購入されたのかもしれないですね。退廃的というか、ため息。次回行くときは、笑って拝見できないかもしれません。愛おしいかも。

こうしてどんどん進んでいきます。もうちょっと、年号をしっかり読み取っておけばよかったかな。でも、この後、1940年くらいに、ホイットニー、ロックフェラー、グッゲンハイムなどがアメリカ入りしていると書かれていました。また、アメリカ主導の芸術家・知識人・政治的亡命者をアメリカに避難させる計画があったようです。現地では、ヴァリアン・フライという人によって、シャガールや、エンルストなどがアメリカに亡命したとかいうこともかかれていました。

このあとも、ヒトラーとゲーリングの収集は続いています。

そしてエルミタージュ。まだ見ぬそこにも、ナチスはいっていたんですね。あぁ、読むにつけても痛ましい。そして、エルミタージュの館長の素晴らしさ。泣けました。

一方で、アメリカ。日本の作品も保護されたことなどはなんともいえません。あるいは、防空壕の地下で大変なことになっていた美術品の保護対策とかを議論したり。日に当てないと黄変しちゃうんですねぇ。アムスの国立美術館にあった「夜警」もそのひとつだったみたいです。イタリアのダ・ヴィンチの最後の晩餐が擁壁で守られている絵も始めてみました。イタリアもこんなに大変だったのですね。

その後、連合軍による占領・・・。ここから先はいろいろ登場人物が多くて理解できず。最終的には、分類にしたがって、返還されたり、アメリカに残されたりしたということがかかれています。また返し先の見つからない美術品もちゃんと管理されており、今も活動は続いているようです。

フェルメールは、もう1930年代には大きな存在だったのなぁというのも、実感いたしました。なにしろ、ナチス・ドイツでも流行していたこと。ゲーリングのもっていた「キリストと姦婦」の贋作のこと。それから、アメリカに渡ったフェルメールとその返還のお話など、この本を通してフェルメールの人気がわかります。

さて、著者についても、訳者あとがきから少し読み取りました。アメリカ人で、イギリスの大学を出て、ワシントンDCのナショナルギャラリー勤務という方のようです。アメリカ人の著作だろうと読みながら思っていたのですが、ヨーロッパにお詳しいのもこの留学経験によるものなのでしょうか。

失われたものも多く、戦争も悲惨だったと考えますが。その中で、多くの人が、こうして守った文化財というのはすごいな~とつくづく思います。

今、自分が、少しずつかかわっていることも、そんな営みの一部になるとよいなと、思っております。

次は、『ダ・ヴィンチ・レスキュー』(2006)/『モニュメンツ・メン』(2009)/『イタリアを守れ──ナチスからイタリア国宝を救う競争』(2013)をよもうかなぁ。映画『モニュメンツ・メン』(邦題『ミケランジェロ・プロジェクト』監督ジョージ・クルーニー)もみなきゃ。と思ったけ
ど、日本語の本がないじゃない~。英語版Rescueing Da Vinciオーダしました。

本日のコーヒー

豆は、いつもと同じ量いれたのだけれど。なぜか薄いねって言われてしまった。マイルドで飲みやすいお味でした。

クイーンズ伊勢丹のオリジナル。ブラジルのお豆ですって。

20170212_coffee


最近もお菓子は食べまくりですが、とりたててここにかくなら、チョコレート。赤坂出張があったので買ってみました。
http://mamano-chocolate.com/
20170209_sweets (1)20170209_sweets (3)



大野出著 図解雑学 「菜根譚」 ナツメ社

先日、仙太郎の菜根譚というお菓子を頂いたとき、相方が「この本のことを知らないの?」という。それで、読むことにしました。

最初の出だしで、この本が誰によっていつ書かれたのかを知っただけで、おおむね私の読む目的は果たしてしまったのですが。

著者のおっしゃる通り、まずはさらっと図解だけを追って全体を見ました。

著者、洪自誠は、儒・仏・道の三教兼修であり、この本は、その「清言」の書だそうです。儒・仏・道にわけて解説があります。しかし、中を読んでみると、殆ど道教として広まってはいないと言えど、日本でも普通に聴くようなお話ばかりです。日本でも、江戸時代にはやっていたとも書かれておりますので、そのころの教えは今も、少なくとも昭和時代の子供たちにはのこっていたのでしょうか。また、文人思想の流れ、竹林の七賢の清談からきていたともされています。ドラスティックな思想の変化はみられなかったんでしょうかね。また、今の中国はどうなのでしょう。

しっかり読む日が来るかはわかりませんが。もし次回読むとしたら、明時代、中国でなにがあったのかとか、その源流をもっと知りたいような気がいたします。そして、なぜ江戸で好まれたのでしょうね。質素倹約とか、今の自分に満足せよなんて、天下泰平を生きるには、たしかによい標語には思えますけれども。

自分の生活を振り返るために読む意味でも、心静かになるのによいな~とは思いましたけれども。

三国志においても、「なぜ孔明でなく、劉備なのか」なんていうことは、これを読むとなるほどなと思うのでした。人徳は才能の主人である、至人は愚人と相通ずなんて、まさにそれかしら?と思うわたくしでございました。

ピーター・ティール著「ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか 」

日本語訳を拝読いたしました。翻訳は、瀧本 哲史氏。

一瞬 kndle版が、599円だったので即買いでした(笑)

ピーターティール氏が、トランプ支持。どこかのブログに、彼の言葉を分析しており、今の政治が間違った方向に行っているのを変えるためだそうです。色々書いてあるけど、私の頭ではまだよくわからないです。色々これから起こることを注意深く観ていきたいと思います。ふぅ。


とても、面白かったです。以前、なぜMBAはすべて軍隊用語で語るのか。戦略とか、競合とか、それが好きになれないとおっしゃっている尊敬する日本人の先輩がおっしゃっていましたが。彼も、そう語っていました。

シリコンバレーに行って思ったことと言えば、私は「ここでは、生きていけない」。いつも何か競い合っていなければいけないし、人と交流していなければいけないし、疲れると。

この本を読んで、実は多くの人がそうやってもがいているけど、成功はそこにはないと言われているのだなと思うようになりました。

むしろ、静かに、何が本質かを見極められること。

確かに、シリコンバレーで、本に載っているような有名な人のスピーチも無料で聴く機会に恵まれたり、あるいは物理的に近くで見かけたこともあるけれど。彼らがどういう生活を送っているのか、知らないな、とも、思っていました。それは、自分が、そこにいる資格がないから仕方がないと思っていたのだけれども。もしかしたら、必要以上には交流していないのかもしれません。

また、私のメンターであったCEOは、こんなことをいっていました。「すごく色々なことがあるdustをあれこれみていたらわからなくなるかもしれないけど、本当のキラメキをみつけるの」と。彼女の会社は、10年以上もつぶれずにやっているのだから、ある意味成功した方なのだと思います。

また、彼のチームの作り方については、激しく合意。何か新しいビジネスをする元気が私にできたなら、こうできたらいいなぁ・・・。と思います。また、営業が大事で、営業の方法について述べているのも面白く読みました。この辺は、本当に合意です。知られなければ売れないし、売れなければどんなに素晴らしい技術でも葬られるのは、何度も目の当たりにしてきました。

全体として、あぁ、そう考えたら、すっきりわかるかもな・・・と思いました。私の中には成功体験はないから、最終的にはどうだかわかりませんけれど。

最後に、彼の書いている「破壊的イノベーションである必要はない」という言葉にたいしては、大企業にいる自分にとってはちょっとコメントしたいですね。本質を見極めて実現した時に、破壊することは目的ではないし、手段でもないというのはわかります。でも、従来本質だと思っていたものとそれを取り巻く仕組みは結果として"破壊される"ものなのだと思います。「本質的に求められていること」が、その時代のその環境によってかわることもありますから。

とにかく、政権のゆくえがますます気になります。

マーティン・フリーマンのスクール・オブ・ミュージカル @ TV

マーティンフリーマン・・・、ラヴ・アクチュアリと、SHARLOCKしか気が付いていなかったのに、たくさん出演していらしたのですね。しかもイギリス版の「笑の大学」にでていたとは。

はぁ・・・

面白かった~。

イギリス映画だねぇ。

マーティンフリーマンの年齢を考えると、2010年くらいの作品でしょうかね。iMACのスケルトンんにみえたのは気のせいかな。

ところで、Ben Willby...すごい。。。

朽木ゆり子著「フェルメール全点踏破の旅」

2004年12月-2005年1月にまわられたそうです。雑誌UOMOの企画とのことでしたけれども。

オランダの写真も晴れた空というよりは、寒々しい空の色は、この季節ならではなんでしょうか。できれば、冬のヨーロッパはお断りしたいという印象です。だって、ほら、寒くて、どこもあっという間に閉まってしまうから。

政権が変わって、大騒ぎの都市に足を踏み入れるのはちょっと不安ではありますが。ますます、Washington DCに行きたくなりました。天秤を持つ女、赤い帽子の女、フルートを持つ女。

天秤を持つ女はともかく、顔がかわいくない(笑)という個人的な感想はさておき、フルートを持つ女はフェルメール作品か?という話もあるようですね。フム~。やっぱりちょっと違いますよね。写真でしか見たことないです。

なにはともあれ、この本は、出だしにも著者が述べているように、「なぜそこにあるのか?」という掘り下げとしています。それを語るには、フェルメールという作家という観点、コレクションという観点、美術的な観点、そして贋作の可能性やら評価など、様々なエッセンス-他の作品との完形などがちりばめられる必要があるという感じで、楽しく読めます。

それから、一番驚いたのは、フェルメールが有名になったのは、「真珠の耳飾りの少女」と勝手に思い込んでおりました。おそらく1990年代に、何かの本か雑誌でその絵を見たときのおどろきといったら忘れません。初めて違うと初めて認識しました。

また、個人的には、ダリやレンブラントが好きなので、こんな小話も面白かったです。たとえば、ダリの「レースを編む少女」をモチーフにした贋作とは言い難い贋作とか、全く違う絵の紹介とか。「赤い帽子の女」はレンブラントの自画像をモチーフにした自画像のトローニーである可能性を論じている学者がいるとか。こういうことが、入手の経緯と絡めて語られているわけですが....。

国立博物館でフェルメール展に来た時に観たのを合わせればですが、私もだんだん制覇に近づいてきたように思います。しかし、やはり現地で拝見したいですね。行く直前に読まないと、朽木さんの指摘を忘れてしまいそうです。デルフトでは、「小路」の場所を探すツアーすればよかったかな、とは思います。

また、アムスいけるかなぁ。その前にいろいろ行きたいところもありますしね。フェルメールに関係なくベルリンもいきたい場所の一つ。

朽木ゆり子著「パルテノン・スキャンダル」(2004)

朽木氏は、エルギンという英国人が、パルテノン神殿の彫刻をイギリスに持ち帰るという行動を、手紙や様々な根拠から順に追っていきます。大分古い本で、おそらく、このあとがあるはず・・・。決着がついているのだろうか?それとも?Wikiペディアをみると、そのままのような気がしますが。

最近の日本でいうと、対馬仏像盗難事件(2012)が思い出されます。日本から持ち出された仏像。韓国の方は、日本(元寇)が韓国の仏像を盗んだので、とりかえしたと主張しているとニュースで耳にしました。その歴史的事実が正しかったとしても、盗むという行為によって取り返すという方法は、法が機能していない証拠。問題があるかなとは思います。それに、元寇時代ともなれば、1200から1300年代と考えられて、もう700年も大事に日本で守られてしまったんですものね。

北方領土問題。そこに新たに住んで、既成事実を作り、歴史を作り始める人々。そして、自分の先祖代々の故郷だと主張している人々の死。難しいものだな、と思います。

それぞれの問題について知らないですし、深堀しようとしたこともありませんが。ニュースを聞きながら、世界中にこんなお話がたくさんあるんだな、という認識を新たにいたしました。

個人的には、今、この形になっているというありのままに受け止めて、まずはいろいろ拝見したいと思います。何にせよ。大英博物館、今まで、大英帝国として維持してきた様々なもの。そのコレクションを維持できずに売るなんて時代も来るかもしれないですね。

今の囲い込みの時代がまた終わって、グローバリゼーションが再度やってきたら、また別のことがおこるかもしれませんし。

「マダム イン ニューヨーク」 @ TV

いつみても楽しいですね。
音楽が結構好きです。
これこれ English-Vinglish
http://www.lyricsmint.com/2012/08/english-vinglish-title-song-lyrics.html

色々なテーマで・・・、ちょっと教育ムービー的かもしれないけれど。
・マダムのお人柄
・マダムのみるニューヨーク(初めての旅行客のみるニューヨーク)
・語学学校のありかた
・インド文化
・家族

でも、本当は、バロンをみようとしていたんですけどね。相方はモンティパイソン系苦手みたいです。

本日の和菓子

菜根譚@仙太郎

おいしすぎないおいしさと書いてありました。どういう意味でしょうね。

しっとりした蒸しパンのような、山芋が入っているのでかるかん的ではあるけれど甘味は強くなく滋味。刻み菜の花が入っているのですが苦みもない。

学がないので名前も知らなかったけれど、相方が、中国明代末期の本の名前だよという。後集では自然と閑居を解くもので、私のような嗜好なら読んでいないのはおかしいと指摘を受けました(汗)。

写真撮るの忘れちゃった。

おいしゅうございました。

情熱大陸 君が代を”神アレンジ”したハイブリッドな作曲家 三宅純 by TBS

1月29日放送をビデオをみる。

去年、ブルーノートのライヴ拝見しました。彼の音楽を好きか?と聞かれたら、好きって即答するのとは違うんです。ライヴに行く前に予習しているときも、これはなんなのだろう?と思ってました。ライヴで感じたのも、これってなんなのかなという感じが正しい表現かな・・・。なんだかおもしろくて、どうなるかわからなくて。

彼が、言葉で語ることができないことを音楽で、とか、大衆に好かれることを目指しているわけではないという意味のコメントもあって。そんな風に三宅さんが選びぬいた言葉から、先日のライヴが自分の脳裏に蘇ってきました。

彼が、それらの音楽をこうやって生み出すという話もありました。感動するお話で。禅の修行僧みたいですね、三宅さん。

私のいる業界的には、クリエイティブでいるために、イノベーションを起こすために、とか必死に騒がしくしているのです。刺激的だけど、私のエネルギーレベルって、ローなので、ここでは生きていけないなと感じてました。自分のエネルギーをそのレベルに常に保つのは無理という話の前に、一瞬でもそのレベルに持ち上げることすら無理でした・・・。

でも、このお話を聞いて、ふと、違うやり方があるのだろう、と考えさせられました~。マインドフルネスとかヨガとか、それに近いエッセンスをもっているように思いましたが、活用できていない私です。(そもそものできが・・・(笑))

なにはともあれ、人生を見直したくなる三宅さんの台詞がたくさんつまった番組でございました。

ふぅ。。。

魅惑のドールハウス展@横浜そごう

何かストレスがたまっているらしい。たいがいは、観たい展示があっても、平日だったらあきらめるのでありますが。

なんとなく予定をみたら、毎日5-6個会議があるのに、なぜかぽっかり午前中に会議がない本展示最終日(笑)。

こういうときこそ、本当は来年度の計画を練らなければならないのだが、なんとなく力はいらないのも本当。四月からも私はどこにいるのだろう?誰か守ってくれるのかな。今までの守られ感がないのは、年齢を重ねたということかな・・・。

さて、そごう美術館のドールハウス展

普通の絵画や彫刻と同じで、コレクターという切り口、同一作家の作品という切り口とがあるのですが、そういう観点で。

世界の二大プライベートコレクターといわれているのは、イギリスのヴィヴィアン・グリーン・コレクションと、アメリカのモッツ・ミニュチュア・コレクションという2種類です。

解説によりますと、16c中頃にドイツの貴族が子女教育のためにドールハウスを作ったとなっております。スケールは1/12だそうで、今も引き継がれているとされています。

上述のヴィヴィアン・グリーン・コレクションはその流れを汲んでいるんでしょうか。今回の古いものは、18c後半~19cくらいのものがあります。ちょっと古いものは、布が傷んでいて、空き館的な雰囲気もあり、若干怖い(笑)。しかし、当時の美しさは相当なものだったでしょうね。壁にかけられた絵画や彫刻、人形の衣服、ため息が出ます。
20170131_house4 (2)_mini20170131_house4 (3)_mini20170131_house5 (3)_mini


一方で、アメリカのモッツ・ミニチュアコレクションについては、解説でも「おもちゃのおまけに惹かれてコレクションが始まった」と書いている通り、かなり違います。モッツ雑貨店、エルムウッド・スクールハウス(学校の教室)、ピルグリムの住居、モトロポリタン美術館・・・と、ポップカルチャー的なものが多く、1930年代初期のものがほとんどでした。これはこれで、面白いです。

20170131_house6 (2)_mini20170131_house6 (3)_mini20170131_house6 (5)_mini


20170131_house7 (2)_mini


それにしても、りかちゃんハウスは子供のころ持っていましたが、1/12どころではないようにも思いましたけどね。小さな日本のおうちにはおき場所がないということで、規格外になったのでしょうか。

さて、じっくりみたところで、作家の作品です。

ディケンズの家などを作っていらっしゃるスティーブ・ヒルバートの作品や、以下の農家やローカルの文化を伝えるグラハム・ジョン・ウッズの作品。
20170131_house11 (3)_mini 


それから日本人の作家さんの修復作品として、スペイン・フランス・イギリス・ドイツなどのハウスがありました。おもしろいですね。建築様式とかエレベーターとか・・・

日本人の現代作家さんの作品も素敵でしたよ~。
20170131_house_jp1.jpg 20170131_house_jp2.jpg

よい息抜きできました。
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク