宮本直美著「コンサートという文化装置」

宮本直美著「コンサートという文化装置

クラシックファン必見。

いやぁ、私って、うんちく苦手なもので。ワインも、音楽も、好きだけど、苦手意識高いんですよね。うんちくおぼえられない。おいしかったり、楽しかったり、感動するだけじゃダメですか?あの各楽章の間に咳をゴホゴホするのもなんか変な感じでしょう(笑)。

本では、19Cくらいからあとを中心に語られています。当時、オペラ、交響曲がどのように演奏されていたかかかれています。今のように交響曲が全部続けて演奏されることはなかったとか。もっと騒がしく聴いていたとか。そもそも、一番よく聞こえるわけでもないボックス席は、聞く場所ではなく、見せる場所だったとか。モーツワルトが神童というのも、ある意味「見世物」的な意味で神童と呼ばれたなんていうお話は、今までの理解をかえてくださいました。バッハの公共強を書いていない理由なんて、てっきりまだ交響曲がないからと思っていたら違いました。皆様、詳しくは、本でご覧ください!

観客が沈黙するようになった理由、交響曲が通しで演奏されるようになった理由、繰り返し聞かれることの意味、教養・ステイタスとしての位置づけへの変化するということを、当時の演目や、パンフレットに記載されている内容や、その他の論文の引用で書かれています。

これから先、ネットワークやコンピュータを通して発されるオーディオや映像の質-いわゆるヴァーチャルリアリティの質が上がった時、何が起こるんでしょうね。舞台とか、存在しうるのでしょうかね。

でも、そうやって変化するのが面白いなと、最近思います。文化遺産とタグをつけても、お金がなければやはり手放さざるを得ないです。その時代にあった位置づけをうみださなければ、ただの荷物になってしまい、最後は捨てざるを得ないのだろうと思います。

歌舞伎も、大衆芸能から、明治時代に高級化されました。繰り返し演じられる古典と、新作と。新作は、繰り返されるうちに、きっと古典になります。私はやっぱり古典が好きです。浄瑠璃の中に(昭和生まれの私から)観る江戸時代理不尽とか、正義とか、それが私には面白いですし。見目麗しかったり、美しい衣装だったりも、楽しいですけどね。一方、新作は、歌舞伎である必要性・・・現代劇ではダメな理由がわからなくて。これから先どうあるべきかなんていうのも、まだまだ楽しみですぅ。
スポンサーサイト

クロワッサン 2017年 4/25 号[創刊40周年 記念特大号2 仏をたずね、京都・奈良へ。

雑誌久々に買いました。ただひとつの対談を読むために買いました。

まだその記事しか読んでませんでしたけど。

音声で聴きたい。

ある意味、書き下ろした方が、二人の息遣いを上手にあらわしているのかもしれません。

マイケル・コウ/ソフィー・コウ著「チョコレートの歴史」

マイケル・コウ/ソフィー・コウ著「チョコレートの歴史」

おもしろいです。

先に読んだ本に比べると、出だしからずいぶん違います。アステカ族のみならず、マヤでのチョコレートの飲まれ方の話がかかれております。そして、ヨーロッパへの伝わり方についていくつか検証されたプロセスがみられます。もうここで読み応えたっぷりです。

でも、やはり、ここでチョコレートは、各時代で、誰にのまれたのか、またどういう栄養学的評価だったのか。17世紀以降、なんだか怪しい栄養学....冷・温・乾・湿だとかいう分類でヨーロッパにおいても物事が語られたこと。しかし、チョコレート/カカオというよりは、砂糖やら、様々な混ぜ物によってできた加工品としての評価なのではないかとか。あるいは、性欲とおおいに関連して語られたこと、その歴史が何度となく繰り返されたことなどが歴史を追って、また場所を移動しながら描かれています。17世紀、フランス人がすでに砂糖菓子をたくさん食べて肥満気味だったこと、マリーアントワネットは実は質素な食生活を送っていただろうことなども中に出てきますよ。

さらに最後の方は、ミルクチョコレートはイギリス人の発明ですが、スイスで作られるようになったこと、ハーシーズの始まりという流れもなかなか楽しいですね。

チョコレートひとつで、これだけ色々語れるんだなぁと、しみじみ。まだまだチョコレートを違う観点で語れそうな気がしますけど、他の本もさがしてみようかしら。

サラ・モス、アレクサンダー・バデノック著「チョコレートの歴史物語」

さきほど、Amazonをみたら、あまり評価が良くないですね。確かに妙に細かいところと、かなり雑な感じがするところと。共著に関係あるのかはわからないです。

自分としては、知らなかったことなので、素直に面白かったです。割と新しい本で、新しいフェアトレードに言及しているなんていうのもメッセージを感じました。

なにより、西洋におけるチョコレートを楽しむ人々の絵画や、パッケージの写真。美しくて楽しいです。

先日ジャガイモが南米からヨーロッパへ広がったのを本で読んだばかり。カカオも南米なんですね。たしかに、カカオはヨーロッパでとれるイメージないですし、考えるまでもなく外から入ってきたものなんでしょうけれど。

17cくらいから、スペインに入ってきて、18cくらいに広がっていきます。その間も、飲むという行為から、固形のチョコレートへの変化。高級なチョコレートとしてヨーロッパの広い範囲、国々で楽しまれます。ようやく19cに、大衆化。ヴァンホーテン、ネスレなど、耳慣れた企業の名前が。

ノイハウス、ゴディバ・・・などの、いわゆるナッツ等をチョコレートでくるんだものがでてきます。

コートドールのチョコレート好きなんですけど、実はそんな大衆的な会社だったのですね、なんてことも学んだりして。

第二次世界大戦後、「give me chocolate」という風に米兵に言っておいかけたという話を、母からきいたことも、思い出します。アメリカでも大衆化されていたということを指しており、のちに、アジアへもカカオがということなんでしょうか。

アントニー・ローリー著「美食の歴史」

アントニー・ローリー著「美食の歴史」

この本から様々な本が引用されており、また興味が広がってしまいました。やはり、サヴァランの美味礼讃から読むべきでしょうか。

個人的には、ジャガイモが1600年代くらいまでほとんど食べられていなかったというのは驚きです。どちらかというと南アメリカからもってきたんですね。フレンチフライとかそんな名前や、フィッシュアンドチップなんていうと、古い食材かと思っていたのに。

さて、しばらくは食べ物にはまっていようと思います。でも、すでに、第二次世界大戦の文化財の話は頭から抜けて行っています。あんなに読んでも、年号も何も覚えていない私ってどうなんだろう・・・(笑)

犬山の家めぐり

城下町ってへんなところに隠れてみどころがあります。犬山の裏門がお寺の門になっているとか。それはさておき・・・

磯部邸 (https://inuyama.gr.jp/facility/facility-41634

江戸期の建築様式を持つ木造家屋。主屋は幕末建造。起り屋根(むくりやね)は犬山市内の町家で唯一現存したもの。正面は2階建て、裏は平屋の「バンコ二階」と呼ばれる造りになっています。国宝犬山城大手門から延びる本町筋にあり、江戸期から呉服商を営んできました。敷地は間口が狭く、奥行きが広い「ウナギの寝床」のよう。江戸期の税金は間口の広さで決まっていたからそのようになったと言われる。

写真は、むくり屋根がきっちりうつっていなかったので、他のURLからみたほうがいいですね。

堀部家 (https://inuyama.gr.jp/facility/facility-41640)

堀部家は代々成瀬家に仕える武士。この建物は明治期に建てられたものですが、随所に武家住宅の特徴が備わっている。

奥土さんや、井戸も、とても面白い。でも、武士の家なのに、ウナギの寝床のように長い。町割りがこうなっているからでしょうか。

20170401 (78)_mini 20170401 (79)_mini 20170401 (80)_mini


そして、最後は2日目にまわった、酒屋「小島家」にある「残月の間」のうつしの特別公開を拝見いたしました。

いまひとつよくわからないのですが、酒屋さんとはいえ、もともとは武士の出身だったようです。武士を捨てこの地に移り、惣町代であったり、献上酒を創ったりされていたようです。

表千家の残月の間の写しですから、様々なところに千家の特徴をみるらしいです。桐の紋の襖とかそんな細かいところも楽しいです。。。

色々書きたいけれど、時間の関係でここまで・・・




犬山でたべたものとか・・・

 一日目の夜は、「松の里」さんで鰻を頂きました。やはり愛知県。蒸さずに、やいた鰻でした。提灯が見えるように、予約手配していただいたのでした。
20170401_mini (54) 

二日目の昼は、アユ釜飯。アユの塩焼きもたくさん売ってましたから、木曽川で有名なんでしょうか。
20170402_mini (43)



練り歩きながら色々買ってしまいました。さすが城下町、歩いていると和菓子屋さんが各町にありそうです。食べすぎかもしれません。


ガイドブックにかいてある特産品げんこつ飴。高田屋のと、藤沢げんこつの2点を購入~
20170401_mini (75)20170402_mini (57)


写真を撮ってませんでしたが、五平餅。
20170401_goheimochi.jpg 


おにまんじゅう~。売っているお店の名前、多分オカヨシとかいてありました。
20170401_mini (74)

栗わらび極み。。。
20170401_mini (67)


そして甘酒~・・・
    20170402_mini (50)  


帰りは、名古屋駅で、「あんぱんや」の餡パン何種類も、「美濃味匠」で手羽先やみそかつ、「コンパル」のえびふりゃーサンドを買って帰りました。満足満足・・・
20170402 (124)_mini 

犬山祭

最初は、犬山遊園から犬山城に歩きましたので、城下町はとおらなかったんです。

城下町っていいですね~。なんとなくどの城下町にいっても感じる不思議と心地よい風情がございます。まっすぐな、きれいにととのえられた道。なんとなく調和した家々によってつくられるその町並み。横浜では見ない、何か平坦な、幾何学的な感じが、楽しいです。京都のうなぎの寝床にも似た町屋の間口が狭くて奥に長い区割りはまだ残っていました。

今日、明日は、魚屋町の車山についてあるきます!車山とかいて"やま"と読むそうです。

聞いた通りに正しく説明できるかわかりませんが。私の理解で。

13台の車山があります。初日は、午前中は13台街を練り歩きます、犬山駅前にやまが集合し、夜には和提灯をつけます。そして、また和提灯のつけたやまが、各町にもどります。前夜祭の盛り上がりです。
20170401 (38)_mini 

各町では、役割にしたがって、違う色の衣装を着ているようです。緑色が宰領という役割のリーダのようですよ。多分・・・
20170401 (52)_mini 

おはやしは、高校生以上が笛を吹き、12才くらいの子供が太鼓をたたくようです。新年になると練習するんですって。それにしても小さな子供たちは、最後夜の9時か10時すぎまで、やまに乗って声を出しながらおはやしを演奏します。今は女子も山に乗っていますが、我々が子供のころは乗れなかったんですって。

このやまは、大体5tくらいあります。やっぱりいろいろ怪我したりします。特に、方向転換することを、車切りというのですが。人は、こんな風にやまの下に入っているので、けがをしやすそうです。

20170401 (40)_mini 


14:00くらいには、駅前に集まってきます。昔は駅のあたりなんだったのでしょうかね。

20170401 (91)_mini 


夜になると、和提灯をつけます。全部和ろうそくなんです。ほんのりした黄色が美しくてみとれます。

20170401 (97)_mini 

365ついているといわれているそうです。ろうそくをつけた状態で、"どんでん"という名の旋回をします。これがみものですよ。ネットにいろいろ動画がありますが、リアルで必見です。ちょうちんがなびくのが、こわいような、美しいような。

ちなみに、海老のような絵の描いた紙に文字が書かれたものがまちのそこかしこに貼られています。実は、寄付したものが張り出されますが、海老紙とよばれるのだそうです。



2日目はいよいよ本番です!

このお祭りは、もともと、からくり人形を、針鋼神社も奉納するおまつりだそうです。城主に、忠誠を示すお祭りなのだと、街の人はおっしゃっていました。このときは、おはやしをする子供たちも正装になります。


朝は8:00から町内に集まります。昨日と役割も違うんですって!緑色の服を着た方が、みんなに怪我のないよう注意をうながしていらっしゃいました。
20170402_mini (4) 
ちなみに、法被をきた男性陣が、たくさんへこ帯をしています。昔は、彼女からもらう帯だったそうです。勿論こんな化繊の帯ではなく、その美しい帯で、相手の思いを確かめたとおっしゃってました。しかも、沢山している方は大もての証みたいです。

20170402_mini (5)  

そして、魚屋町は真先という青い布をからくり人形にかぶせています。これは、真っ先に奉納するの意味だそうです。
20170402_mini (10)

言い伝えによると、各町で、奉納の順番を決めるのに、何か競争が行われたらしいです。本町が途中まで一番だったのですが、魚町が何かで一番になり、一番目に奉納することになったということになっているそうです。また、枝町が実際の奉納時は一番に針鋼神社に出ていきますが、チリ払いという位置づけということでした。

ちなみに、すねた下本町だけが、やまの上についている梵天(白いもの)がついておらず、鬼瓦を付けたとよばれているそうです。

昔は、13台全てが奉納しているわけではなかったようです。ユネスコの無形遺産に登録されたことがきっかけでみんなで盛り上げようということになったとおっしゃっていたようにも思います。でも、町によっては世帯数が少なく、大変とお伺いしました。どうなっていくんでしょうね。たくさん人を呼んで、街としての収益を上げるしかないのでしょうか。ホテルとか、その辺はもう少し力を入れてもいいのかしらと思いましたが....。お祭り以外の時はさほど集客できないのでしょうか。あとで語りますが、一泊ぐらいしてゆっくりみても良い場所と思います!

ちなみに、これ、やまの位置を示すディスプレイ。やはり、世界遺産になるとお客様も多いから・・・ 
20170402_mini (19)

11:00くらいになると、13台すべてが一堂に集まります。みなさん写真を撮ってくださいと、運営されている方がおっしゃっているのが印象的でした。
20170402_mini (17)


奉納のからくり人形は、後ろからしか見えないのですね。ほとんどみえませんでした。1日目に「どんでん館」の25分程度のビデオでいくつかのからくりについてみせていただいて居てよかったです。

20170402_mini (35) 

奉納が終わった順に、城下町に戻り、やまは巡回をはじめます。子供は正装から俗な衣装に着替えるそうです。また町の練り歩きが始まります!


犬山祭の犬山市

朝は、犬山城から・・・

駅からお城が見える。ほとんど平らなのに、お城があるところだけ、盛り上がっている。不思議。そして、木曽川に沿って、犬山温泉というさびれた看板が見える。いつごろこのあたりは栄えたのかしら。
20170401 (1)_mini20170401 (4)_mini


お城は、1500年代に織田 信康城主として建てられたらしい。9時前に城門に到着。お城が見えない。こんなつくりは普通なのかしら。あまり、他のお城はどうだったか思い出せない。

現存するお城とは言ってもいろいろありそうです。戦争による破壊ではなく、地震やら、雷やら、明治の廃藩置県で廃城のときに天守を除いて櫓・城門などほとんどが取り壊されたり。あまり勉強せずに出かけたら、いつも通り、ちゃんとはわかりませんでした。ネットでも情報は十分ではないみたい。何かまとまって書かれている書籍でも読まないと。でも、確かに城壁のあたりや、お城の中の地下の石垣、当時のままではないなとは思いました。

さて、中に入ると、冷える。冷える。それに、階段がなぜこんなに上りにくいのかしら。こうしてのぼった天守から見る景色は格別ですね。
20170401 (10)_mini20170401 (21)_mini

元和3年(1617?)成瀬家が当主になってから、廃藩置県まで、成瀬家が当主であったようですね。江戸時代は平和な成瀬のお殿様だったのかなぁ。なぜ犬山祭が寛永12年(1635)ごろにはじまったんでしょうかねぇ。なにかあったのでしょうか。

そのあとは、茶室見学。有楽庵に参ります。チケットは1,000円でございます。

この建物がなぜここに移築されたかという話からガイドさんがしてくださいました。明治村へという案もあったのだが、それは時代が異なるし、やはりこの犬山遊園あとにということになったらしい。このあたり、三井財閥との関係も深いというご説明も受けましたが、様々な経緯、第二次世界大戦などとの関係説明ありましたが、脳に沈着しませんでした。

花こそほとんどなかったのですが、ぶんご梅(?)という梅がみえます。

ついに、如庵初対面。もっと早く来ないとわすれちゃうのにね。

如庵は、元和4年(1618年)に建築とされているそうです。

たくさんのかたがいらっしゃり、写真はあまりとれませんでした。また、如庵の中に入るのは限定期間のみということで、外の窓からのぞきます。勝手口からは給仕の動線に沿って斜行する壁を立て足元には三角形の板畳である鱗板は見えました。色々ならったのにわすれてしまいました。やっぱり習ってすぐ見ないとね。有楽窓も。

20170401_mini (29) 20170401_mini (32) 20170401_mini (34)


今日学んだことは、有楽が、竹と椿を好きだったということ。有楽と名付けられた椿の種類があるらしいです。亀甲竹とか班竹とかいう名前の竹が植えられていました。この竹まで移植したんでしょうかねぇ。写真は亀甲竹。
20170401_mini (12)

それから、元庵も拝見。

大阪・天満に構えた茶室を古図にもとづいて復元。三畳台目の茶室内部は奥に深い間取りで、亭主床と呼ばれる床構えになっているらしい。

わりと、図面が残っているらしく、有楽の隠居所で入母屋造の旧正伝院書院も、途中で作り変えられた部分も、図面に基づいてもとにもどされたという説明だったような・・・。窓の形とかが途中で変わっていたようです。それにしても、含翠門の絵画的な感じは印象的でしたぁ。茶室楽しいです。



プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク