記事一覧

Roma non fu fatta in un giorno

ふと、Si Ci Ti...という発音はどう違うんだろう?と考え始める。ネット検索。総合するとCiは、チに近い発音。Siは、スィという感じに書いてあります。でも、Yesの意味のSìは、iではなくìなのね。どうちがうのかなぁ。Ti は、ティに近いようです。なんとなく見やすかったのは、50音のように母音に対応する子音を合わせてマトリックスにしているこのサイト。http://japanknowledge.com/contents/italian/hanrei07.html今日のフレー...

続きを読む

Roma non fu fatta in un giorno

イタリア語学習、今月再開。我ながら語学ができない理由を実感いたしまする。地道な努力ができないからです。ほら、りんご、とか、みかんとか、面白くないことからはじめなければならない。りんごとみかんがイタリア語で言えて幸せと感じるにはどうしたらいいのか~?!大人になって読んだ様々なアーティクルに、「子供に、努力や過程を褒めず、結果を褒めると、努力しない人間になる」。できる子がいると「あの子は天才だから」と...

続きを読む

多田富雄著「イタリアの旅から」

アメリカにももって行きながら、読み終えられなかった本。ここ数週間は、6月の旅行、夏休み、10-11月のオケ来日チケットと心がわらわらとして何も手につかなかったのです。夏休み、海外にいくのはやめておこうということにしたら、なんとなく心の平静をたもてるように。昨年の梅酒の梅を上げたり、そろそろ味噌甕の蓋を開けなければいけないのですが・・・ちょっと、味噌甕のカビが怖くてまだあけられずグダグダしながらこの本へ。...

続きを読む

今村ひとみ著「教育はよくなっているのか?: 現職教師が語る"不都合な真実”」

教育は、未来の子供たちに影響することだから、とても重要な話題だし、課題だと考えます。貧困家庭、学習障害、目次にあるどの項目も、少なくとも自分の児童だった頃には起こっていたと感じています。当時長時間労働はあったかわかりませんけれども。ようやく、学校の問題が、表に出始めたというのが真実のような気もいたします。また、教員という観点で現れてくる奥底に、日本の社会の問題の本質が潜んでいるような気がいたしまし...

続きを読む

ブリア サヴァラン著 「美味礼讃」 岩波文庫

最近読んだ本に引用されていたので手に取りました。岩波文庫、翻訳は1962年くらいなんですかね。もう少し新しいものを買えばよかったでしょうか。出だしの「本を書くにあたっての経緯」を読むだけで、微笑んでしまう私です。高校時代は、倫理の資料集に出てくる引用書籍を片っ端から読むというわけのわからないことを楽しんでいましたが。しばし忘れていた、あのとき感じた愉快な気分を思い出しました。あの時もう少しまじめに世界...

続きを読む

池田理代子 「ベルサイユのばら」 11-13

友人が貸してくれました。中学生以来はじめてあったのに、借りるなんて!またすぐあわなきゃ~(笑)。とりあえず、この11-13巻はエピソード編ということになっているらしく、読みきりの物語です。11巻エピソード1は・・・少女漫画の歴史的名作『ベルサイユのばら』が連載終了から40年余の時を経て、ついに蘇る! アンドレ、ジェローデル、フェルゼン、アラン…オスカルを巡る人々のその後や、知られざる過去を描いた新作エピソー...

続きを読む

ミュシャ展 @ 新国立美術館

中学生から一度もあっていない友人と再会することになり、ミュシャ展が選ばれました。めずらしく、展覧会解説が詳しい。http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/alfons-mucha/http://www.mucha2017.jp/スラブ抒情詩、その友人の世界史解説を聞きながらみることができ~、とっても楽しかった。日曜美術館はちゃんとみてからいったんですけれども。ひとりでみていたら、おそらく、大きい!すごい!ミュシャの絵の一番目立つのは...

続きを読む

池田理代子 デビュー50周年記念展 -べるばらと共に-

著者のビデオを最後に拝聴して、もう一度読みたくなりました。どうしましょう・・・。でも、漫画って場所を取るんですよね。そのビデオで、ベルバラに込められたメッセージを知ったためです。自立ということ。また、2つの大きなテーマがあるということ。ひとつのテーマはアントワネットの自分に目覚める最期。驚きでした。小学生の私にとっては、ただの漫画としか受け止めていなかったので、そんな情熱で取り組んでいらしたとは。...

続きを読む

飛行機で見た映画

La La LandHidden Figures...

続きを読む

New Yorkで食べたもの

えへん。このアーティクルを今回は日々Updateしています。◆初日City Kitchenでディナーhttp://citykitchen.rownyc.com/池城美菜子著「New York Foodies」で発見。多分ベンチャー的レストランの出店で、フードコートみたいになってるのかな。私たちは、メキシカンのGabliela'sで、タコスと、サイドにBeanなどをお願いしました。タコスというとサルサなんですけど、ディップにはアボガドのみ。シュリンプのほうはフライになってまし...

続きを読む

War Paint @ Nederlander Theatre

Tony Awardのチケット売出しとノミネートの日みたいです。http://www.tonyawards.com/en_US/multimedia/calendar/テレビをオンしたら、丁度ニュースやってました。ノミネートされたBest Musical 2個は観ることができました。今年はなにかあたりそうかな~http://www.tonyawards.com/en_US/nominees/index.htmlそしてノミネートされている主演女優には、PattiもChristineも、 入ってますね。もちろん、Bettも。大物が多いと、若者...

続きを読む

The High Line

High Lineというのは、ウエストサイド線と呼ばれるニューヨーク・セントラル鉄道の支線の高架部分に建設された公園。類似したパリのプロジェクトである全長4.8kmのプロムナード・プランテ(並木道)に着想を得て、ハイラインは空中緑道および廃線跡公園として再設計されたと、WikiPediaにはかかれています。-ちょっとまとめてみたいです。-・1840年代に車両が通ったこと、その後の歴史。・再生までの道のり。・緑化のテーマや、Sup...

続きを読む

National Air & Space 、National Gallery of Artと、International Spy Museum

朝ごはんを食べて、元気にMuseumはしご。National Air & Space(https://airandspace.si.edu/)は、セキュリティチェックが若干厳しく、また荷物をあずける場所もなかったです。着替えやらパソコンやら全部をバックパックに詰めたまま歩いていた私たちには、かなり厳しい状況となりました。それでも、ここにきたからには、Apollo関係の展示は見なくてはいけません。歴代Apolloの持ち帰った石の展示とか、探査機とかあるんですね。...

続きを読む

ワシントンDCのお食事・・・

◆初日ランチはフィリップスコレクションの中でいただきました。カフェのみの利用はできないので、フィリップスコレクションで展示をみるときのみの選択になります。キッシュをオーダすると、サイドにスープかサラダを選択できました。私はスープを選択しました。Vegan用らしく、お肉は入っておらずおいしゅうございました。それから、アップルパイが本当にりんごをたっぷりつかったものでした。ちなみに、コレクションの近くで、Fa...

続きを読む

フリーア美術館とフィリップスコレクション

ワシントンDCというといい思い出がない。1度出張で来た際(多分人生初出張)、到着して寝て、交渉して、次の日の朝帰るというひどい記憶。身体がボロボロになりました。いや、交渉は成功した時だたんですけど。今回も、大変なことになりながら、珍道中記含め記載します♪Penn Stationの窓口で購入。ネットでみたけれど、AMTRACのチケットのクラスがよくわからない。窓口でオーダしますと、特に何も言わなかったら、一番安い価格のチ...

続きを読む

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム