呉座勇一著「応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 」(中公新書)

人気だということなので、とりあえず読んでみましたぁ。

読み終わってみると、やっぱり理解できてない。

とりあえず、大乗院の門主から、興福寺別当となった、経覚によって書かれた日記、「経覚私要」や、そのあとに別当となる尋尊の『大乗院寺社雑事記』を中心に色々分析されているようです。

興福寺の時代的位置づけを理解するところで、おなかいっぱいになり、その周辺の守護たちの関係とか、まったくだめでした(笑)

しかし、あとがきを読むと、意図しなかった大反乱になってしまったというのが描かれているようで・・・。うーん、そうなんだという感じでした。

さて、いつかまた読むかしら。。。
スポンサーサイト

Harvard Business Review 2017年 6月号 [雑誌] (ビジネスエコシステム 協働と競争の戦略)

まぁ、読んでも読んでも答えはないものです。

自分が社会にとって必要だと感じる何か、あるいは他人が必要と感じる何かを察知し、他人に必要性を訴え・・・という何か腹の底からわきあがるものがないと厳しいのではないかなと思う。

正直、異文化交流とか、ハッカソンとかいろいろあるけど、私はその効果については若干疑問ももっている。イベント-勉強会が、常に行われていることは、とても助かると思う。何かのアイディアのきっかけを得るかもしれない。会いたい人がスピーチするなら、そこにいけばいい。問題意識をプレゼンして、仲間を増やしたり、自分のやりたいことを宣伝するのも効果的かも。でも、イベントがイノベーションを起こすわけではないと思うのです。

そして、ひとつだけ、「なぜ人は昇進すると横柄になるのか」というアーティクルは印象的でした。こんな小さな世界でと日々思いつつ、どうして人々は...と思っておりました。どんな小さなことでも、既得権ってなかなか手放せないもののようです。それを平気で口に出す人もよくおみかけします。自分が享受できないそういった権利については感じるけど、自分が享受し始めたらわからなくなるのだろうか?と、自分をいましめるために。色々社会的な立場で人格が壊れていくのってこわいなと日々感じています。私は、アウトローのはずなのに(笑)。マインドフルネスがきくということで、実践できるようにしてみようかしら。


映画「マレフィセント」

眠れる森の美女に出てくる、呪いをかける魔女の名前なんて知らなかった。マレフィセント。

女優は、アンジェリーナ・ジョリーなのね。この人、ホント、不思議ですね。この表情っていうか?

そして、ディズニー、このストーリーすごい。切なくうまくできてますねぇ。


備忘録:
観たい映画・・・
https://www.hollowcrown.jp/

そして、絶対録画を忘れてはいけないのは、シャーロック4
http://www4.nhk.or.jp/sherlock4/

本日のコーヒー(過去数か月分)

何を飲んだか忘れるほどいろいろためしましたが、

アメリカで買ったJoe coffee(https://joecoffeeshop.myshopify.com/collections/coffee)のハウスブレンドはいけました。
意外とキリリとした味。でも苦みは強くない。

徳島で有名というアアルトコーヒー(http://aaltocoffee.com/coffee.htm)のアアルトブレンド(中煎り)は、少しパンチが弱い感じ。
豆をひくとなんだか柔らかめ。きっと、これはこれでマイルドでのみやすいという考え方もありますが、深煎り派ではない私でもそう感じるというところで、かなりパンチは少ないと思います。アイスコーヒーとかに良いのかな。どうでしょう。

南蛮屋のおなじみのハウスブレンドもおいしい・・・

はぁ・・・。夏は珈琲とペリエ(炭酸水)の消費が多い。

徳島、鳴門へ・・・


朝ごはんは、ログハウスでおしゃれに♪ テニス帰りの団体さんやら、地元の人の集う老舗のベーカリー。とても居心地の良い空間でした。ちょっとパンを配るおねいさん無愛想でしたし、パンも温まっていなかったんですけど。

かなりゆうっくりモーニングをいただきまして・・・
20170604_mini (8)

さて、絶対行きたかった大塚国際美術館!


ぼったくりとかなんとかいう方もいらっしゃいますが、もともとすべて偽物と思えば、どちらかというと大きな絵本のような感じでしょうか。どちらかというと、壁画的なものとか、大型のものが見ごたえがあって面白く感じました。
20170604_mini (2)

美術館自身も案内に使っているローマのシスティーナ礼拝堂だけでなく・・・、様々な教会の壁を再現しており、解説のボランティアさんもプロフェッショナルで説明もよかったです。

戦争で焼失したとされるゴッホのひまわり、なんていうのもありました。
20170604_mini (3)

ダヴィットのナポレオンとかレンブラントの夜警とか、大物もありますが、陶板の光沢で反射してしまうので、ちょっと油絵の絨毛感が出ずのっぺり感を否めないのですが。まさにコーティングされた雑誌を実物大で開いていると思えばいいのかもしれません。


モネの庭を模したもの
20170604_mini (1)

一日遊んでいられそうでしたが渦潮は外せなかったので、3時間で断念!


さてはて、ボートに乗り込みます。友人が調べてくれたもっとも渦潮がよく見える時間は15:30。しかし、飛行機の時間を考え、14:30に船に乗ります。船は、大型のものから小型のものまでありますが、友人曰はく、こがたのもののほうが近くで見れてよいとのこと!

うずしお観潮船のホームページ(https://www.uzusio.com/know/)によると、鳴門海峡は、中央部がぐんと深く約100メートルほどあり、潮流は抵抗なく速く流れます。この流れを本流と呼びます。一方、本流の両岸は浅瀬になっているため流れは緩やかです。 渦潮は、この本流と両岸の緩やかな流れの境目付近で、本流の速い流れに巻き込まれるような形で発生します。とかかれています。

また、渦潮は、大きなものになると直径20メートルにも達するんですね。写真にとるとよくわからないのですが、渦が巻いている時間は、数秒から数十秒。渦は出来ては消え、消えては新たな渦が発生するというのを繰り返すというのを、はじめてみました。ずうっと同じところでグルグルしているわけではないのですね。
20170604_mini (4)  20170604_mini (5) 


さてはて、徳島ラーメン。本当はおんたまらしいのですが、ここはゆで卵でした。三八というお店です。
20170604_mini (6)

そして、AEON系のスーパーで野菜ときのことわかめをゲット。
20170604_mini (7)

友人のママの作ってくださったラッキョウ付も担いで、飛行機に乗り込みます!

久々に、「帰りたくないなぁ・・・」という感情を起こしたたびでした。

徳島 秘境へ・・・ 

友人の運転で、秘境へ。

私たちだけなら、ぐだぐだしゃべっていつ出発できたかわからないものを、友人のご両親がパキパキと迎えに来て、パキパキと出発~!

途中、道の駅で朝ごはん食べて、さらにサツマイモソフト。。。
20170603_mini (1)

徳島の高速道路は一車線だけれど、なんだかのどか。あぁ、首都高なんか運転したくないし、家の周りも決して運転したくないけど、久々に運転してみたい衝動に駆られました。あまり高くない山が続き、美しい緑です。そして晴天。

高速を降りるとちょっぴり山道っぽくなって・・・・、ここからは運転したくない感じには行ってきました(笑)友人、ありがとうございます。
20170603_mini (2)

山道をあがっていくと、しょんべん小僧。祖谷渓谷(いやけいこく)。写真を見たときは、てっきり山道を歩いてようやくたどり着ける場所かと思いきや、車道のよこにおいてあるんですね。そして、大自然にオブジェって不思議なんですが。徳島県オブジェ多いです。
20170603_mini (3)

そしてさらに山道を進むと、かのゆうめいなかずら橋です。
20170603_mini (4)20170603_mini (5)


橋の上の景色はこんな感じ。あぁ、わたくし、意外にスカイダイビングとか、高いところが好きみたいなんですよね。一人でみんなの写真を撮りまくりました。お金を払ってわたりますよ。
20170603_mini (6)

琵琶の滝です。これなかなか素敵なんですよ。源平合戦で敗れた平家落人が京の都をしのび、この滝で琵琶をかなで、つれづれを慰めあっていたことから名付けられたと言い伝えられている高さ50mの滝だそうです。ふぅん・・・。こんなところにまできていたのね。
20170603_mini (7)

そして、でたところで、おやつ。あゆはたべたことあるけれど、あめごは食べたことがないので、あめごにいたしました。赤い斑点がついているお魚さんです。
20170603_mini (8)

そして、そのあとは、大歩危遊覧船にのりました。船に乗ると、ガイドが流れます。「大股で歩くと危険」が「大歩危」の地名由来とされているが、実は「ほき、ほけ」は渓流に臨んだ断崖を意味する古語だとか、「崩壊(ほけ)」とも書き、奇岩や怪石の多い土地を示している。「おおぼけ」という音に対して、文化12年(1815年)編纂の阿波史では「大嶂」の字を充てており、明治6年(1873年)の地租改正の際に当時の三名村は「大歩怪」の字を充てている。地租改正の際に「こぼけ」には「小歩危」の字を充てており、後に「小歩危」に合わせて「大歩危」と表記するようになった。
20170603_mini (9)

このあたりは、8千万年~6千万年前にできた変成岩類で構成されます。こういった変成岩が露出している姿を見ることができるのは、数少ないそうです。吉野川を挟んで両岸の岩は、徳島県天然記念物に指定され、2014年3月18日には国の天然記念物、2015年10月7日には国の名勝に指定されたそうです。
20170603_mini (10)

また、しばらく進んで祖谷そばを喫茶店で頂き、同じ道を帰ります・・・
20170603_mini (12)

うだつの町並み。要望に応えて、とまっていただきました。
20170603_mini (13)

うだつのあがらないの意味を初めて知るわたくし。うだつは暴風・防火を目的につくられたものですが、のちに装飾的な意味合いが強くなりました。うだつを上げる(設置する)ためには費用が必要で、ある程度裕福な家でないとできなかったことから、出世できないことを「うだつの上がらない」と表現するようになったと言われています。江戸時代に近畿地方の商家を中心に、競うように上げられた「うだつ」だそうです、
20170603_mini (14)

現在町並みとして残っているのは、岐阜県美濃市と徳島県美馬市の2ヶ所しかないそうです。なかでもこの徳島県美馬市の脇町は、城下町として藍と繭で栄えているとか。小さな喫茶店やらお店になっていたり、博物館のように中が見学できるおうちもあります。
20170603_mini (15)

我が家は、友人がここで購入している珈琲を購入~♪

そのあとは、スーパー銭湯的な温泉に入り、そこでお食事を頂き、スーパーでお買い物をして帰ります。スーパーったらすごい野菜が安いです。山ほど持ってかえれるならもってかえりましたけどね・・・・。あぁ、本当に楽しかった。こういう旅行は好きだなぁ・・・

徳島1日目 ― お食事編

朝ごはんは空港でおにぎりをいただいてしまったので・・・

お昼は、待ち合わせ場所に近いところを、タクシーの運転手さんにお伺いして、つれていっていただいたのが、「山のせ」。:https://tabelog.com/tokushima/A3601/A360102/36000548/

セットメニュー、お寿司がめったにでないとかでお勧めされました。素直に選択~。
20170602_mini (9)

たらいうどんが有名だそうな。食べ方にいろいろ指定がありましたが、面倒で3行目までしかチャレンジできず。でも、温かいこしのあるおうどん、おいしゅうございました。
20170602_mini (8)


お遍路のあとのおやつは、喫茶店「ろうそく夜」:http://rousokuyocafe.hatenadiary.jp/ 

種蒔大師 東林院の境内の中のかわいいお店です。
20170602_mini (10)

おいしそうなパンもあったけど・・・・
20170602_mini (11)

私は、夏みかんシロップのかき氷を選択。おいしゅうございました。
20170602_mini (12)20170602_mini (13)


そして、夜は、友人が私の好きそうと選んでくれた「Agri Cafe Comodo」:http://www.agricafecomodo.jp/

ハーブガーデンをながめながらお食事。
20170602_mini (14)

お食事自体もお洒落。サラダ&ミニデザート付き。
20170602_mini (15)

四国八十八ヶ所 1, 2番

友人に松茂とくとくターミナルでピックアップしてもらい、目指すは1、2番です。

まずは、ご朱印帳を購入(笑)。八十八か所専用のご朱印帳。お参り前にすでに一番の朱印がされているんですけど(笑)

それから、友人が、マッチ・ろうそく・線香、おさめる札を用意してくれていました。札には名前と住所を書いてから出発いたします。

まずは山門をくぐります。仁王様に合掌し、厳かな気持ちで・・・・。
20170602_mini (10)

と思ったのですが、入ってすぐの池にオブジェが。少し笑ってしまう私です。このあと、徳島って自然の中にいきなりオブジェがあることが多いなと感じたのは秘密です。
20170602_mini (11)

それから、友人の準備してくれた、NHKで紹介されたというお参り方法にしたがって、お参りします。

お水で手と口を漱ぎ清めます。

ろうそくたてに、火のついたろうそくをたて、自分のたてたろうそくで、お線香に火をつけます。そしてお線香をたてます。

納札を納める。本堂の前に設置されている納札箱に入れます。

お賽銭を入れます。

三礼してお経を上げます。お経は、本堂の本尊によって一か所違うようです。かなりながい。合掌、一礼で下がります。ふぅ・・・。お経はかなり長くてつらかったです。八十八をやっていたら、すらすらになってしまうのかしら。

これを、一本堂でも行います。


さらに、車で二番へ。あるいても、さほど遠くないようです。

20170602_mini (12)

なんとなく、二番は静かで一番の雰囲気とは違います。お経をあげたあとは、なんとなく達成感。

徳島へ・・・

徳島へ降り立つ。羽田-徳島間というのは1時間なんですね。

天気予報を見て東京より暑いものだと思っていたのです。とても涼しい。あぁ、出がけに、パーカーとストールをいれてきてよかったわ。

色々調べたのですが、車なしで移動するには綿密な行動計画をたてないと厳しそうだということがわかり、事前にタクシーを予約。
予約手続きしているときは、タクシー会社さんと会話がちぐはぐだったので、大丈夫かなと心配していました、とってもにこやかな笑顔のおじ様のお迎えでほっ。



まず、眉山へ向かいます。

眉山というタイトルで、さだまさしは小説を書いていらっしゃるとか、映画化もされたとか、タクシーの運転手さんが説明してくださいました。そして、ロープウェイの中は、眉山をうたったような音楽が流れていました。

調べてみると、徳島在住のシンガーソングライター・福富弥生さんが歌う「ここにしかない徳島」(往路)と、旅するシンガーソングライター・エバラ健太さんが歌う、「もんてこい」(復路)。だったようです。(http://www.suito-tokushima.jp/news/20160509_22906.html

ちなみに、横綱 白鵬さんと奥様のゆかりの地でもあるようですよ。


20170602_mini (1)


吉野川が海に流れ込むところまで見えます。そして、山の逆側は、標高約290メートルの眉山と比べてもさほど高くない山が何重にも連なっています。この地形が、圧迫感のないのんびりとした土地をはぐくんでいるのでしょうか。

20170602_mini (2)

クマン蜂がたくさんとんでいましたし、まむし注意と表示されていましたが、とりあえず気持ちよくのびをして、吹いてくる風を心地よく感じ、楽しい気持ちが盛り上がりました。最初に眉山は正解!

さて、本来ならここで阿波踊り会館を見るところなのですが、11:00まで踊が始まらないらしく、次は、徳島城の遺構というか、お堀のあとに出発!

20170602_mini (3)

眉山から見ると若干もりあがってはいました。しかし、タクシーを降りてあるいてみると、ほとんど平らなところに建てられていたように見えます。

Wikiによると、石垣の石には、眉山の三波川変成岩(結晶片石)が使われている。岩石の種類としては、青石(緑簾石‐アクチノ閃石片岩・緑簾石‐藍閃石片岩)・紅簾片石・石英片岩]。なお、表御殿庭園の庭石には、眉山の石のほか、鳴門・淡路の海岸から舟で運ばれた石も使われているそうです。なんとなく、いしはきれいですよ。

中は庭園になっているのですが、貝塚となっている山に、なんと、さぎが山ほどいるらしいです。鳥の糞のにおいがすごいです。タクシーの運転手さんによると、近年大問題になっているらしいです。鳴門のコウノトリの旅立ちの話もしていました。

20170602_mini (4)

さてはて、そのあとは十郎兵衛屋敷へ・・・。書いていたら気が付きましたが、県立なんですね。入場料安い!

20170602_mini (5)

中に入ると、資料館はお姉さんが説明してくださるし、ビデオ上映で見どころの解説を聞いた後に、浄瑠璃の一幕も見せていただけるので、充実しています。徳島といえば阿波踊と思っていましたが、実は阿波浄瑠璃と呼ばれる人形劇の盛んな土地なのだそうです。

文楽の歴史をもう一度紐解くまではいけませんが、300棟にものぼる神社の境内に建てられた農村舞台で祭礼として演じられていたようです。また、江戸末期から明治時代中期には徳島の人形座が70もあったとか。今でも、文楽を上演する市民団体がいくつもあるのは、阿波だけとのこと。なにしろ、遊びに行った友人のお母さまも所属しているそうです。

あとからお母さまから聞いた話では、人形1体につき3人の人が役割を持って動かすのですが、「どの役でもやれるようにするのよ、誰かが休んだらできないということにならないように」だそうです。ちなみに、頭と右手の人、左手の人・・・左手を動かす仕組みを差し金というらしいですよ!・・・、脚の人という3人です。

徳島市在住の有名な人形師の人形に関する展示もありました。人形は、大阪や東京の劇場で演じられる文楽の人形に比べて若干頭が大きいとか、また文楽では嫌われるてかりのある塗りをつかっているとか。そうですね、農村舞台で演じられるのですから。こういった作家も徳島に集まっているのですね。これから先はどうなるのかしら。そうそう、丁度犬山城でからくりにんぎょうをみたばかりですが、目の開閉、眉の上下、口の開閉をはじめガブや梨割などの精巧なカラクリが仕込まれているので、きっとそうそうは作れないのでしょうね。またクジラのひげなども使われているようで、伝統工芸んの維持存続は大変ですね。
20170602_mini (6)

また、お客さんは、人形浄瑠璃は弁当箱を持ってくるようです。子供の弁当箱は「遊山箱」という三段になったものらしいです。人形浄瑠璃みんなの楽しみだったのでしょうか。

さて、タクシーの旅の最後は、藍の館でした。

お店の人に勧められて、スカーフを染めてみました。あっという間に染まってしまうのですが・・・。それが、発酵と微生物によるものだと初めて知りました。このものづくりをやってからだと、作成工程を展示の意味も少しわかるような気がします。麸(ふすま)と灰などをいれているのは、微生物のえさなんですね。

20170602_mini (7)

この藍を運ぶのに船に関する産業も栄えたのでしょうね。おそらくですが。紅の様に玉にして運び出している展示がありました。

こんな風にして、あっという間に4時間のタクシーの旅はおしまい。3人で、4200円/時間*4時間ですが、それだけ払う価値のある時間だったと思います♪
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク