面倒くさいこと。

 ダイバーシティというような声が聞かれる。

 本当に、その言葉に疲れている。この2週間全く治らない風邪も、ダイバーシティにやられていると言っていいだろう。

 入社時は、あからさまな差別ばかりだった。打合せに出ているのに、「隣の打合わせのお茶を入れてきて」と呼び出される。2年目になったとき、お茶くみ作業を新人の男子に譲ったら、「なぜ男にゆずる」と怒られ。飲み会に出ては、なぜ注がない、とか、あれやこれや・・・挙句の果てには、評価面談中には「女子にはいい成績はあげられない」という耳を疑う発言を直接上司から聞かされる。そう思っても言わない、くらいの常識すらもない人たちに囲まれていた。人事にそれを言えば、人事が直接上司に話をし、自分が追いつめられるだけの仕組みだった。

 耐えられず、社内外で転職活動をし、うつった先。あからさまな差別用語を聞くこともなく、それなりに安定した日々だった。技術的な仕事ではなく、部署で1人しかやらないような作業を割り当てられていた。もしかすると「女性」だからだったのかもしれないと、今となっては思うこともある。とりあえず、自分なりに居場所を確保してのんびりした数年だった。

 それから先が、ダイバーシティという言葉で、人生がおかしな方向に。どちらかといえば、今まで日の当たらなかった人間に無理やり太陽を当てようという。この言葉には、会社のためでしかなく、自分のためだと感じられないんですけど?

 3年前、上司に呼ばれて「面接に行ってきて」と。わけのわからぬまま行った面接。そこで、海外に2年間行けという話を聞く。面接はその半年前だから2年半の拘束期間。「女性の方が受かりやすいと思って。」と上司の言葉。その言葉に悪意や差別的なイメージには受け取らなかったけど。そもそも私に選択する機会も与えられてなかったし。普通家族も居るのに、なんの相談もなく海外に送る?軍隊だよね。

 色々なことを計画していた。人間らしい生活を目標に、通勤時間を短くできる場所に家を立てる計画をした。その2年前、病気になった。その次の1年、相方は失敗プロジェクトの増員に取られ、新幹線で毎日仕事に通うことになった。毎日0時半に帰ってきて、朝6時に出て行った。残業代もタクシー代も会社から出ないのに、タクシーで通った。相方の体調が心配だから、一緒に夕飯を食べていて、睡眠時間は1年間4時間程度。おかげで土日は立ち上がれない相方、家事は全部自分の負担だった。ここから脱したいという思いだった。

 結局、そのほかのメンバーは家族同伴で移動する中、共働きの私だけ単身赴任となる。共働きだから、ほとんど手当もない。夫婦で正月前後の休みがずれてるし、飛行機は高いし取れないし....、それ以外も自腹で家族と会うしかない。女性差別というのではなく、要するに共働きなんか考えていない設定。様々な理不尽に耐えて、プログラムに女性もいた!という実績を作ったのも、会社のためか・・・となってしまった。

 相方と自分の1年かけてたてた計画をすべて捨てて、設計した新築の家にも住むことなく出発、時間を無駄にせず色々やらなければ!という思いだけは多分強かったですが。結局、自分勝手に考えて体験するにとどまるプログラムだったから、自分の能力レベルの成果---ここは仕方がないか(笑)。男女に関わらず素晴らしいプログラムで、次にいく人に勧められるものなら良かった。そうではないと感じているから。

 そして、日本。政府の女性の活躍号令に、仕事がまた増える。未来の女性のためになるのか?私個人にとっては、今を生きている。今は、"会社"のために無償で時間と労力を提供しているようにしか見えてないことを白状しなければならない。

 さらに、立場が変われば変わるほど、自分の役割を改めて感じざるを得ない。自分のために生きたいのに、自分の役割のために生きなければならない---と感じてしまう。他の女性のため?社会のため?になるかはわからないのに。それも、また"会社"のためなのか?

 男性20対、女性1くらいの会議。だれも疑問を持たない、発言、仕事の効率、やり方、評価・・・。私がおかしいと思うことがたくさんある。その中には私が女性だから反応する内容もあると思う。一方で、男性のやり方に従わなければ、私のチーム員の評価が全体として下がる可能性もあり、独自路線には簡単には行けない。私は、こんな重たいものを背負わなければいけないんだっけ・・・。知りたいとおもわなくても、知ることも増えて、疲れる。

 まだ、割り切れない、この女性の活躍のうっとうしさ。他の女性たちが、貢献しているのを見ると、自分だけそんな態度で働かないでいるのも申し訳ない気分。でも、なんだか腑に落ちない。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク