バレンタインデーのお食事@Salone 2007

 ここのところ、上司と喧嘩しまくり。平日は仕事ができないから、土日も8時間/日働くのをずっと続けてきたけど。

 anger controlのため、仕事するのを一度やめる。リセットリセット。

 相方君の予約していてくれたレストランへ・・・

 Salone 2007というお店。
 http://www.salone2007.com/corso.html

 とっても楽しかった。

 まず、お店の食器類が、エンターテイメント風。どのお料理のお皿もへぇ~という感じした。ナイフも特別です。みているだけで楽しい。

 
 これは、カモ肉用にでてきたものですよ。

20150214_11.jpg

 うまくうつせなかったけど、ナイフは、右手にあるもの。刃と持ち手の感じが普通のナイフとは違うんですよ。

20150214_12.jpg


 壁の装飾等も皆無で、超シンプル。グラスがおいてある棚が間仕切りのようになっているだけ。あぁ、この動と静のバランスが、料理に集中させるのかもしれない。

 そして、お店の方々、とってもお話が上手でした。聞かれたことに、上手なタイミングで答えています。

 そして、お料理。

 どれも、伝統料理をベースに・・・となっていて、創作性の高いものでした。定番の3品以外は、毎月全部新作なのだそうです。

 おいしいというのもあるけれど。驚きのほうが多かったかなぁ。どの品も、香りの強いものを使っているんです。量がさほど多くないのと、十分な時間が空いているので、喧嘩している感じはしませんでした。

 毎日食べるものではないから、エンターテイメント性が高くてもいいですよね。

 メニューにも名前を付けています。シェフのお人柄なんでしょうか。

inizio/ 序章 牛・ポテト・トリュフ
fusione/ 融合 イカ・フォアグラ・グリンピース
filosofia/ 哲学 鮮魚・タコ・ハマグリ
cacciagione/ ジビエ トルテッリ・猪・フォンティーナ
memoria/ 追憶 仔豚・ラディッキオ・白インゲン豆
combinazione/ 組み合わせ リガテッリ・牡蠣・仔牛
ristretto/ 味覚の濃縮 オマール海老・マンゴー・パプリカ
baldanza/ 自信 鴨・リンゴ・茸・フランボワーズ
rinascita/ 再構築 チョコレート・ヘーゼルナッツ・生姜
binario/ プラットホーム 小菓子
Caffè o Tè カフェまたはティー

20150214_1.jpg20150214_2.jpg20150214_3.jpg


20150214_5.jpg20150214_6.jpg20150214_4.jpg


20150214_7.jpg20150214_8.jpg20150214_9.jpg


20150214_10.jpg


 ちなみに、ワインは、2杯。

 ア・ユズキ! トリンケーロ Trinchero A-yuzuki
 古典派バルベーラ最高と評価の高い単一畑(ヴィーニャ・デル・ノーチェ)の特異点とも言える2009年ヴィンテージをベースに造られたのが【ア・ユズキ】。東向きの畑(パルメ)をブレンドして作られています。輸入元社長の愛娘、遊月(ゆづき)ちゃんのために瓶詰めされた、最強コラボワインなのです!
 ※それにしても、グラス二人で3,600えんです(笑)。ボトルで楽天で2,800円ですね(笑)。でも、いい感じのおいしさでしたよ。

 名前失念 Brunello
 ワインのラベルは、犬の絵です。トスカーナ地方は、犬は、Happyの象徴みたいな意味があるらしいという話でした。のみやすかったですよ~。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク