瀬谷ルミ子氏講演

私のカテゴリにはない学びだけれど・・・

すごい人でした。自分に厳しくて、優しくて、オープンな方です。

考え方が、とても好きになりました。ファンが多い理由もわかります。

 正直言うと、こんな仕事をしている人、どういうメンタリティなんだろう?って不思議に思ってました。自分のことも顧みず、他人の救済に走る。マザー・テレサとか、ナイチンゲールとか。もちろん、そういう時代の、そういう場所に生まれたならわかります。でも、この日本に生まれ、なぜ、そんな遠くまでいって・・・。

 でも、なんとなくわかるような気がしました。彼女は、高校生の時、ある紛争地の写真をみて、この仕事をしようと決めたとおっしゃった理由を聞いて。彼女の言葉そのままでは書けないのだけれど、自分と同じシステムの中にいると感じたこと、そして、その問題を解決しようと思ったこと。なんとなく、一度何か疑問に思ってしまったら、解決方法を知りたくなる気持ちは、わかるような気がいたしました。そして、それを、最後まで極めていくプロセスが、とても私にはできていないので、尊敬するばかりですが・・・。あきらめと愚痴の人生ですな・・・

 そのモチベーションが、紛争地の人々の自立を促す、持続可能性を生む、精神的対立を解除する、そういったシステムの構築というところにつながるのだということを強く感じました。

 それから、やはり、国連等を通して、現場を沢山ご経験された結果なのだと思うのですが。日本人とは思えない、データ分析手法にすごく興味をもちました。どうやって紛争が収まっているか判断するためのデータの取り方、面白いです。日本のアンケートに多いのが、「役に立った」「面白かった」「よかった」というもの。どうやってこれで評価したらいいのかわからない。KPIとかいうのは作るけれど、本当にそれがKPIなのかわからないものが多いんです。

 また、最近、私の職場に妙にはびこった「思考停止」があります。どうしていいかわからない人たち。ちょっと困った人たちが何人かいて、思考停止したまま、心配で人を沢山まきこもうとしたり、誰かに考えさせようとしたり。進めようとしなければ進まないんですけど何がしたいのですか?!と、昨日も上司なのに怒鳴ってしまう始末。あなたの心配に付き合っているほど暇ではないです、と、大人げないわたくしです。

 でも、今日、「何かに着目して」、問題を少しずつひもといていけばいいのですよというお話をきいて、そうか逆に言えば思考停止とはそういうことなのか・・・。

 私の、カリフォルニア時代のメンターは、ちりのようにたくさんたくさんあって選べないと思うけれど、一歩引いて、きらめきをみつけるの!とおっしゃっていたのを思い出しました。確か、dustsと、flarという言葉を使われたと思うのだけれど。

 あぁ、よい一日でした。またお会いしてみたい方です。

 カテゴリーがないから、英語学習でゆるして。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク