記事一覧

Prien am Chiemsee

 前日から切符を買い、準備万端。Googleで検索しているのですが、電車の時刻が1時間に1本くらいしかでないんです。駅できっちり時間を調べた方がよさそう。やはり、ヨーロッパはGoogleに魂を売っていないのかしらね。

 そして、時差ぼけで4時にはお腹が空いておきてしまうわたくし。朝から、駅にあるJOHANNAというお店で、たっぷりのお食事をしていました。

 ローマのようには駅が広くないので、10分前にカフェからでます。

 プラットフォームを最終確認と思い、タイムスケジュールをみると、Cancelledの文字。え?日本で言うみどりの窓口のようなところにいき、駅員さんに確認しました。チケットにハンコを押して、8:00の電車に乗れと指示がありました。しかし、その乗れと言われているその時は、8:00ぴったり出発時刻。プラットフォームまで走りますが、やっぱり乗れず。
20150817_de (7)

 もう一度駅員さんのところにもどり、指示を仰ぎます。すると、Freilassingまで行き、その後Munchen行の電車に乗れとのこと。うーん、そもそも、乗り換えが嫌で直行便を選んだのに・・・。

 8:24にFreilassingに到着すると、掲示板には8:24にMunchen行も出発すると掲示板に出ています。すぐくるかと思いきや、20分も電車は来ませんでした。しかも、遅延については、ドイツ語だけで、英語のアナウンスは一切ありません。もちろん、英語のアナウンスがあったらわかったかはわかりませんが。

 到着予定だった9:38に比べ、1時間遅れで、Prien am Chimsee St. に到着しました。もちろん、そんなわけでSLは今言ったばかりよといわれました。歩いて20分のフェリー乗り場に向かいます。

20150817_de (19)20150817_de (14)

 フェリー乗り場に到着したら、フェリーは出発してしまいまして、またさらに30分まち。

 ようやく、島の船着き場にたどりつきまして、お城の見学チケットを購入。お城の見学は、11:15を指定されました。

 フェリー乗り場からさらに20分とかあるくんですよ。
20150817_de (29) 20150817_de (25)

 ようやくみえる宮殿。あいにくの雨で、噴水が猛烈に寒々しうございました。晴れたらどんなにきれいなのでしょう。
20150817_de (30) 20150817_de (40)  

 中は、未完性ということで、できている美しい部屋だけをみます。あっという間の1時間ツアーですし、写真撮影も禁止ですので写真もありませんが、見る価値ありです。

 鏡の間は、 ルートヴィヒ2世がルイ14世にあこがれたということで、ベルサイユ宮殿を模したものとなっています。しかし、ベルサイユより、"鏡の間"でした。時代の差なのかお国の差なのか鏡のできが全く違うからですかね。

 それから、横には、ルートヴィヒ2世の博物館が。ドイツ語しか解説がなかったので何も解説はわかりませんでしたが。まず、痩せている肖像から、どうして数年でこんなに太ってしまうの?同一人物とは思えません。

 でも、政治が嫌いで、ルイ14世にあこがれちゃって、劇場つくって、オペラ大好き?、ロココ大好きで、ロココ調の絵の描かれたマイセンとか、さらには人間嫌いでこんな離れたところに隠居してしまう?どう考えても、とっ~ても変な人。お友達になったら、享楽的に過ごせて楽しいのでしょうか。

 ほとんどすべての部屋が使われたことがない、あるいは9日しか住まなかったと言われているこのお城は、とにかくきれいで、きらびやかで楽しい場所です。

 そして、まだ未完のむき出しの部屋がたくさんあり、ただいま何かに利用する予定のようです。

 #他は別途記載予定。

 レストランは、ここで。お城の食堂はもう少しジャンクな雰囲気でしたし、こちらのほうが女島も見えてゆったりできました~。
20150817_de (48) 

 はぁ、女島は宿題に残して・・・、雨も強まってきたので、ザルツブルクへ帰りました。帰りは意外とスムースで、ちょっと気が抜けましたが。

 ちなみに、アジア人がとっても少ないです。ガイドブックにのってないんでしょうかねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム