記事一覧

一遍聖絵巻 @第一会場「遊行寺」

 友人を誘っていきました。いい天気で。藤沢も久々で。遊行寺も初めてで。時宗のこと、トキムネ?とか言っている声も聞こえたりして。楽しい出だしでした。

  それにしても、展示の文脈は、よくわからないと感じました。解説を読んでも、展示の意図がよくわからなかったです。もう少し勉強してから行けばよかったのでしょうか・・・。

 一遍さんは、延応元年(1239)伊予で生まれてから、その後の足取りが、最初に表示されています。本当に日本全国を歩かれているのですね。そして、その足取りをたどるという絵巻自体は、とっても面白いんですけれども・・・。

 遊行寺のホームページによると、「一遍上人の学んだのは浄土宗西山流の念仏義」とありますね。昨年丁度、五木寛之氏の親鸞という本を読んで、身なりにかまわなかったり、高僧ともぶつかったりしながら、念仏の教えをしていったのですね~。

 それから、一遍さんは、最後に自分の書き物は捨ててしまったようですね。なんででしょう。

 いろいろ、もう少し絵巻自身のことも知らないと・・・国内最古の絹本著色絵巻でした~。さて、テキストでも広げましょうか。それに、もちろん図録買ってまいりました♪

 そうそう、全十二巻四十八段の各段から、江戸時代の漫画のようにして一コマずつにしたものも展示されていました。こうやって考えると、時宗は、民間にも、そして江戸時代まで広がっていたのですね~。もう少しじっくり味わいたいわ~。

20151107_yugyoji (15)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム