井上章一著「京都ぎらい」(朝日新書)

 面白かった~。

 何年か前に、京都で歴史の教科書を手にした時から、関東人の習うのと、少なくとも京都で習う、日本史は違うんだと認識したんです。

 だけど・・・、まだその中に、ミクロがあるとは。いまだに、京都市内ではなく、洛外洛中で決まるんですねぇ。

 とにかくどのコラムも、なぜか"想像可能"で。京都という土地に行くと、たとえば、レストランのような場所ですら、関東と違う。何かを薦められたとき、なぜか断れない、これをオーダーしなければならないような強い気を感じたりするのですが。何か、その会話の間合いをついつい思い出してしまって。

 洛内にはまた洛内の大変さがありそうですけど。

  杉本 秀太郎 著 「洛中生息」 (ちくま文庫) を読みた~い!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク