映画「ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る」

http://rco-movie.com/

 私のクラシックに関する認識を一変させたオーケストラ、ロイヤル・コンセルトヘボウ。

 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、創立125周年記念のワールドツアーというのは、どんなものなんだろう?!

 どんな 監督:エディ・ホニグマン Heddy Honigmann氏は、どんな風に仕上げるのだろう?

 ちょっと最後を見たときは、正直ビックリしたけれど・・・・。びっくりというよりは、あれ?これが終わり?という感じ・・・

 でも、面白かった。南米、南アフリカ、ロシアとめぐる、それぞれの観客の日常と、コンセルトヘボウとの接点。音楽が彼らに何をもたらしているのか。

 共感する。ブエノスアイレスのタクシーの運転手さん、クラシック音楽は自分の品位を保ってくれるパートナーのような存在という。南米で、貧しい中で、音楽に出会う様子。その、日常と、自分の世界のあり方について。

 また楽団員の様子。音楽について語る団員。家族と離れている間の演奏旅行生活・・・。ヤンソンス氏が、遅れないで!とか言うのを聞いて、「えー、プロでもそんなこといわれるんだ」と思ったり。あるいは、英語で話しているのも驚きました。いろんな国の人がいるから、英語が確実なのですね。

 時々、ちょっとした演奏シーンがありますが、なぜか、コンセルトヘボウには私は涙腺が弱いようで、意味のないところでウルルとなってしまうときがあります。

出演
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 The Royal Concertgebouw Orchestra
指揮 マリス・ヤンソンス Mariss Jansons

マルセロ・ポンセ Marcelo Ponce
アリス・マコラネ Alice Makgorane
ポルティア・マコラネ Portia Makgorane
ミシェル・マソテ Michael Masote
セルゲイ・ボグダーノフ Sergej Bogdanov
ソウェト・マリンバ・ユース・オーケストラ Soweto Marimba Youth League
ソウェト・ユース・オーケストラ Soweto Youth Orchestra
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク