記事一覧

窪田喜美子「つぎはぎだらけのヴェルサイユ宮殿」クレオ

 このごろ、本屋さんやら、図書館やらウロウロしているので、見つけた本。

 「つぎはぎだらけ」というよりは、長く生きていれば進化するということを示しているだけなのだと思いますが。その進化の仕方が、住んでいる王がその住処をどういうものと位置付けたか、また前のものを壊さずに残した思いがあるのかどうか、などと考えると面白いのだな・・・と思いました。

 ヴェルサイユに行ったのは、1997年3月だったかしら。晴れた日でした。広大な土地には驚いたけれど、鏡の間の鏡を美しいとも思わず、家具もほとんどおいていないので思ったほど"晴れの場"という印象を抱かなかったのでした。読んでみて、みるべきところをみていなかったのかなという気持ちになりましたヨ。

 ルイ13世は、宮殿の喧騒から離れるための、自分の安らぎの場、狩にいってそこに泊まるためのシンプルな場として作ったところから始まる。

 太陽王 ルイ14世が、家族の住める場所と考え、内装に力を入れた。市民にも開放するための娯楽施設として、庭、動物園、遊具を配備。しかし更地から作るのではなく、ルイ13世の作った別荘的なものに・・・

 部屋をアポロン神話に基づいた配置にしたり・・・

 遷都するために、儀式用の鏡の間を作る・・・

 その後、さらに、マリーアントワネットも登場。あぁ、ロココ調の家具とか、どんな部屋だったのかしら?革命前に戻って拝見したいわ。

 先日、マリーアントワネットについて、「パンがなければブリオッシュを食べればいいじゃない」は彼女の台詞ではなかったという話をテレビか何かでみたのですが。この本によれば、ヴェルサイユの改築には夢中でかなりのお金をつぎ込むつもりだった彼女は、母親マリア・テレジアから、釘をさされるような手紙を受け取っているようですね。
スポンサーサイト

コメント

No title

マリア・テレジアがアントワネットに宛てた手紙やアントワネットの返信を見たことがあります。アントワネットの字がへろへろだらしなくて、そういう子だったんだろうなと思いました。(^^;

今でいうと、LINEにスタンプたくさんくっつけるタイプかな。

それから、ルイ16世の手術の後、アントワネットのお兄さんから贈られたお祝の食器セットとか。(^^;; 展覧会に行ってもそんなのばっかり見ています。:p

Re: No title

> マリア・テレジアがアントワネットに宛てた手紙やアントワネットの返信を見たことがあります。アントワネットの字がへろへろだらしなくて、そういう子だったんだろうなと思いました。(^^;

残っているんですねぇ…
どんな紙にしたためているのかも、興味深いですぅ。

> それから、ルイ16世の手術の後、アントワネットのお兄さんから贈られたお祝の食器セットとか。(^^;; 展覧会に行ってもそんなのばっかり見ています。:p


もう、まさにご自分の持ち物ですね…!

ヴェルサイユにはいくつか入口があり、アントワネットの部屋に、お兄さんが出入りするなんてこともできたらしいですね~。間取りのどこなのかよくわかってないですが~

もう二度といかないだろうと思っていたけれど、また見てみたくなりました~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム