記事一覧

ガレの庭 @ 東京庭園美術館

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/160116-0410_galle.html

 ガレというと、サントリー美術館で何年か前に見たガレ展の印象が強かった。トンボ等の昆虫や、植物のガラスを立体のまま、花瓶や鉢に嵌めた技法、マルケトリ?と、曇りガラスというか、乳白色にするパチネという技法がメインで、強烈な印象を与える。

 でも、初めて、美しい作品(笑)もあるということを知った。

 私の個人的好みは、伊万里風とか、ギリシャの黒絵風とか、イスラムの文様のようなものとか・・・、あまり、二つの技法を使っていないものが好き。

 東京庭園美術館、初めてじゃないはずなんだけれど・・・、このアール・ヌーボーの作品と、アール・デコ風建築の雰囲気の融和が結構楽しいです。

 白くて高い壁、そしてアールデコのシンプルな幾何学模様が、アールヌーヴォーのこの色を支える感じ。

 通風孔のちょっとしたデザイン、階段の手すりのちょっとした装飾、広間やベランダの窓枠のちょっとした遊び、こういうのかわいい。カンジンスキーみたいなガラスのデザインとか。それにしても、どうして一人の寝室の横に、ひとつの居間が付いてるの?小客間なんて壁紙がキャンパス地で、柄ではなくて森の絵なのですね。妃殿下の寝室の家具も重厚で素敵だった。入口から食堂ぐらいまでは、天井や、ランプなどの小物も素敵。そして、吉田茂も使ったという書斎。窓があいていて、書斎机がみえればよかったのに。

 あ、ガレ展でしたね。でも、あまり装飾の色彩が華美すぎなくて、天井の高いその部屋に、色の強い色彩がとってもいい感じだったのです。日本人のコレクションというのもあるんでしょうか。多くが北澤美術館所蔵でしたし。確かに、箱根で見たときも、そんなに強烈ではなかった気もする。

 ガレのおうちは、フランスのナンシーで、大きな庭があったようです。何ヘクタールと書いてありましたっけ。そんな自然に囲まれた環境で育った彼が、作った作品なのだなぁというのが今回の学びでありました。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム