司馬遼太郎著「世に棲む日日」

 司馬遼太郎「世に棲む日日」

 幕末~明治維新にはまってしまって、お勧めをお伺いしたところ、挙がった本。私の司馬さんの幕末で既読本は「燃えよ剣」「新撰組血風録」でした。たしか、それらを読んだのは、大学生。

 当時は、小説として読んでいて、その時代がどうだとかより、登場人物の人となりに思いを馳せることが多かったように思います。

 このところ立て続けに読んだ本で、ほんのちょっぴりの"時代"の感覚を得て(ホホホ・・・もう少し若いころにもっているべきだった)読むと・・・。命を奪うということがあまりにも簡単に行われる、そのルールがない恐ろしさとか、今の平和に感謝。

 今更ながら、「尊皇」「攘夷」がセットだったのかとか理解しました。どこかで以前も読んでいたような気もするのですが、司馬さんのクリアな解説、幕府が開国による貿易を独占しようとしていたことに起因するということ・・・を読んで、目から鱗がポロポロおちました。山川出版「詳説 日本史研究」を開いて、学生時代どうならったんだろうと読むと、なんともわからない記載ですね。明確にしたくない理由があるのでしょうか。また、長州と、尊皇というか勤皇の理由も毛利元就の時代の習慣からなんて面白いです。

 小説に戻りまして。松陰から始まります。彼は哲学者、と私は捉えていました。"兵学"がご専門でしたか。江戸時代にあって兵学というのも、どれだけ形骸化した学問なのかしらなんて思ってしまいますけれど。この本を読むと、学問はできるが、単なる机上の学問を好む学者ではないのですね。非常に実践的な方だという感じがいたしました。安政の大獄で殺されてしまいますが・・・、直弼とは面識がないのだなぁというのも、この時代ならではでした。ここでは、"長州"という藩の性格や、長州藩主の敬親の人となりなどをじわじわと感じるように描かれています。


 そして、後半は高杉晋作の登場です。ここからは、どちらかというと、晋作の人生を描いている感じがありました。もしかしたら、彼が他の藩の人と交わるのをいやがったとか、一匹狼的な性格だったことに寄るのかもしれませんが。それにしても、近くにいた井上聞多(井上馨)、伊藤(伊藤博文)の書かれようと言ったら・・・(笑)。


 後半は、革命ってどういうことなのかなぁということを考えさせられるものです。あるべき姿や思想と、自分の最も愛する家(両親)とか藩とか長州武士という地位を壊すことでしか実現できないという矛盾を抱えながら、行動していく姿。一気に読んでしまいました。


 でも、何年かに一度、革命はおこらなければならないのかもしれないと思います。戦後70年。高度成長期で得た安定雇用とかわけのわからない既得権を手放すには、どうしたらいいんでしょうね。

 人間は平等じゃない。でも、既得権にしがみついても、何も進歩しない。その手放す心はどこから湧き起るのでしょうね。アメリカの起業とか、DIY革命とか・・・、勝手に新陳代謝していけるのはすごい気がします。アメリカという国の経済は好きではないですが。結局は、アメリカの新陳代謝は、高い価値より、量産しか生み出せない仕組みな気がして。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク