記事一覧

フリックコレクション

なん回きてもいいですね。

フェルメールは、3枚あるけれど、入口の二枚より、奥にある一枚『婦人と召使』がいいですよね。この飾り方を見ても、やっぱりみんな同じ感想なのだなぁ・・・なんて思ってしまいます。

あとは、ブーシェとフラゴナールの絵が部屋全体は、頭にやきついていたので、またきてもやっぱり、あぁこれこれ・・・。今回は、フリック氏の奥様らしき絵がおいてあったのですが、こんな美しい方だったのですね。少し調度にもめがいくようになって、椅子の刺繍もロココ調だったとは、とさらに驚きました。こんなところでお茶いただいてみたい。ちなみに、ブーシェの奥様の肖像画・・・ウーム。これも、なんだか少し微笑んでしまいました。彼の目には本当にこう映るのでしょうか。

今回は、ライブラリーの本をのぞいていたら、バザーリの画家・彫刻家・建築家列伝 ありましたよ!本のタイトルみているだけでも楽しいですが、フリック氏は、この本をご覧になったんでしょうか。

今日は、ファンダイクの特別展で、いろいろな絵の下絵が展示されていました。丁度、「ニューヨーク美術案内 (光文社新書)」という本を読んでいたので、耳や手の描写をよくみてしまいました。うーん。まぁ、その感想は、おいておきましょう。

15分のツアーをきいていたら、このたてものには、フリックさんは5年しかすんでいらっしゃらなかったのだそうです。カーネギーとの確執は、"Meet you in hell"( http://www.amazon.co.jp/Meet-You-Hell-Carnegie-Partnership/dp/1400047684 )を読むようになんてはなしもしてくださいましたよ。

あとは、ツアーガイドさんったら、わたしたちに、METの今日の展示を見るようにもすすめてくださいましたが・・・。余力なく帰りました。
スポンサーサイト

コメント

No title

いいなぁ、フリック・コレクション。あそこは貸し出しをしないから、あそこに行って見るしかないんですよね、たしか。

よく個人であそこまで集めたものだ。

パリのジャック・マール・アンドレもお屋敷の雰囲気はあれをもう少しロココにした感じです。

NYは汚くて失礼で嫌いだけど、美術だけはたくさん持ってる。札束でほっぺはたいて持ってきたと、昔、娘らに言いましたが(笑)

Re: No title

> いいなぁ、フリック・コレクション。あそこは貸し出しをしないから、あそこに行って見るしかないんですよね、たしか。

フリックもそうなんですね。確かに飾り方がきまっているのでそうでもおかしくないですが。DCのフーリアもそうなんだそうです。

ちなみに、池のあたりからは拡張部分で、地下も拡張したそうです。前、その池の前のところに、アングルの泉があったように思ったんですが・・・そのあたりは借りたものをてんじしたりするのでしょうか。

> パリのジャック・マール・アンドレもお屋敷の雰囲気はあれをもう少しロココにした感じです。

ぜひいつかいきます。

> NYは汚くて失礼で嫌いだけど、美術だけはたくさん持ってる。札束でほっぺはたいて持ってきたと、昔、娘らに言いましたが(笑)

そうそう、以前はupper eastにとまっていたのですが、最近、筋様に楽を教えていただいてブロードウェイの近くに泊まっているので・・・、本当にミュージカル以外の時間はそとにでたくありません。もっとも外は寒くて・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム