青木 卓著「ロイヤル・コンセルトヘボウ」アルファベータ

この本は、以下のサイト「コンセルトヘボウ管弦楽団のページ」から作られているんですって
http://www.andiemusik.jp/classic/concertgebouw/index.html

膨大な資料のかたまりなんですけれど、なんだか、愛のある文章で楽しく読めます。

何回かいたかわからないけど、シャイー様&ポリーニ様とRCO「皇帝」・・・これは、自分の音楽観をかえるものだった・・・

この本の中で、シャイーがベートーベンのレコーディングするタイミングについて述べていて、この演奏の前だったのでしょうかねぇ。

そして、これ、気になってオーダしちゃいました(笑)。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000EMH7VY/ref=ox_sc_act_title_1?ie=UTF8&psc=1&smid=AN1VRQENFRJN5




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この本、楽しいですよね。(^^) 一気に読むという本じゃないけど、時々引っ張り出して開いたところを読んだり、調べたりするのにいつも近くに置いています。

シャイーからヤンソンスになった時も慣れるのに2,3年かかりましたが、ガッティはどうかな。感性は素晴らしいんですが、音作りがヤンソンスとまったく別の方向を向いているんですよね。

Re: No title

> この本、楽しいですよね。(^^) 一気に読むという本じゃないけど、時々引っ張り出して開いたところを読んだり、調べたりするのにいつも近くに置いています。

はい~。とりあえず、ながして一度読みました。またCD買ったら、その章をよみたーいですぅ。。。

> シャイーからヤンソンスになった時も慣れるのに2,3年かかりましたが、ガッティはどうかな。感性は素晴らしいんですが、音作りがヤンソンスとまったく別の方向を向いているんですよね。

ウフフ。前回1度だけでは、そう感じるには至りませんでしたが。この本によると、若い指揮者と楽団が育っていくような感じなので、色々なチャレンジがあるのでしょうね。楽しみです・・・
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク