「フェルメール」 BT BOOKS

絵画の専門家だけでなく、16人のがアーティクルや、対談があります。

舞台を拝見したことのあるダンサーの方とか、映画の関係の方・・・とか、視点が全く違うアプローチも面白いです。

今度は、この本に載っているフェルメールの旅系の本を読んでみるつもりです。

自分がフェルメールを初めて知ったのは1990年代前半だけれど、どんどん人気が高まっているのでしょうか?それはなぜなのかしら。日本だけの話でしょうか。よく見ると、日本では、2010年以降、急激に本の種類が増えてきてます。評価史っていう意味でも、少し考えてみたいトピックなのかなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク