高田郁著 みをつくし料理帖シリーズ

みをつくし料理帖

ふふふ、楽しく読了。

著者のお人柄なんでしょうかねぇ。

こんなに毎回人が死んだり、いろいろな災難が降りかかる設定なのに。よいひとばっかりだなぁ~と感じるできあがりっていいですね。

悪い人も出てくるんですが。殆ど、その人たちの細かい人物描写がなくて、主人公格の人たちの受け止め方もなんだかこう前向きな感じ。こんな風に生きられたらいいわねぇ・・・という感じです。ついつい・・・。

お料理の話も面白かったです。小説なので、リアリティは期待していませんでしたが、気になりますね。こんぶと、かつおの混合出汁ができた背景ってほんとうはどうなんだろう。昆布の意味とか。武士はキュウリの輪切りを、葵の紋に似てるから食べなかったとか。

凍り豆腐は、私もキシキシした歯ごたえはあまり好みではないのすが。このメニューためしてみたい!というのもありました。

江戸の地図が付いていて、つる屋さんはこのあたりで・・・と書いています。今、何があるところなんでしょうね。最初は神田。そのあとは、九段坂。江戸時代に、水害があったという話もどうなんでしょうか~。ちょっと調べてみたいなぁと思いつつ、調べないのが私かも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク