英国ロイヤルバレエ フランケンシュタイン

https://bh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20161120-10-32594&pf=p

新作バレエだそうです。

小説をもとに作られているらしいのですが、原作が正確にはわからない。あらすじは、ヴィクター・フランケンが、医学的な熱意から、死体に生を与える。その創造物は、あまりにも醜いものだったであった。ヴィクターは去る。時がたち、創造物は、ヴィクターを訪ねるが、受け入れられないことから、彼の親友や、婚約者、そして最後は全てを殺してしまう・・・って感じでしょうか。

英国バレエらしい美しい衣装と演技と、フランケンシュタインの姿の対象が際立ちます。あまり複雑で華美な大道具はなく、踊りとストーリーで見せるので、心の表現が本当に際立つ感じ。

やっぱり生で見ないと感情移入が少ないのでしょうねぇ・・・

あぁ、最近、生舞台みてないです。NYでのミュージカルを6本見たきりかもしれない。昔あったあの時間は何処に行ってしまったのだろう~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク