人生観

お給料を頂いて、仕事をしている。評価制度もある環境で働いている。

でも、人生は平等じゃない。同じ会社だって。この人がこの給料で、あの人があの給料なのか。この人の給料で、優秀なアルバイトを2名雇えば、きっともっといい仕事もできるって思うこともあるし。会社のお金を貪り食うだけで、何の役にも立たないマネジメントもある。あるいは、多くの部下からお金を沢山借りて返さないのに、偉くなってしまった人。

配偶者控除上限、150万円について、もっと知りたい。夫の給料が1,000万円で子供がいない人と、夫の給料が500万円で子供が2名いる人との関係は?男性が300万円、女性が300万円稼ぐ家庭と、男性が450万円、女性が150万円稼ぐ家庭との関係は?どう計算するのかなぁ。疑いとしては、高所得の男性の妻の趣味がもっとも優遇されるんじゃない?

低所得の若者のインタビューで時々ある、「低収入なので、結婚も、子供も考えられない」という言葉。

今、低所得だから、子供が育てられないっていうのは、どうなんだろう。人生、一度失敗したら立ち直れない社会。二人で頑張ることが許されない社会。

16歳の競泳選手が言う、「賞金を老後のために蓄える」という台詞。

そして、若くて優秀なのに、自分に投資して、自分のできることを増やして、稼げるようになろうではなく、あと40年以上も先の老後に蓄えますいう答えをしちゃうのかぁ。もちろん、彼女は素晴らしいし、きっとこれからも活躍すると思うけれど、この台詞が意味するメンタリティとか社会性を考えさせられる。

結局、GDPを伸ばしたいと言っているけれど、思考停止して何もしないことを選んでしまってないのかしら。自分の環境を変えられるんだって思ってもいいのかなぁと。

政治なのか、メディアの操作なのか、そもそもそのインタビューに答える内容は、かならずしも大衆の意見とは限らないでしょうが。

私は、アメリカ的な大量生産、使い捨てはきらいだし、アメリカの株主の望む10%の企業成長は異常だと感じているけれども。そのアメリカですら、シェアリングが流行り出しているし・・・、何かは変わり始めている。

そして、150万円が何を意味するのか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク