記事一覧

女性の・・・

活躍とはなんだろうなぁ。

数値化されるいろいろなこと。20XX年までに、会社の役員の女性比率○%、管理職比率○%・・・・。 政府の目標30%。多分、無理やりやらなくては変わらないんだろうというのは理解します。

管理職じゃなくて、まずは女性の就業人口じゃないのって思いますけど。なぜ、再び150万円に再び壁を作ったのか?!(私の疑いは、夫の収入が高い場合が、妻の収入をおさえると最も得するのではないかと思っていること。まだ計算していないけど。)

そんな中、最近、女性の役員やら、次に役員になれるようなポストの女性が、増えてきた。 「女性は能力なくても、役員になれる」なんて話を聞くんですよね。その女性の仕事をしらないので、その評価が適切かどうかはしらないけれど。(じゃ、男性は能力あるか?といわれると、そうでしたっけと思うんですけれど)

たまたま、今日は立て続けに上司の二つの発言。

「なんであの人が役員になったんだろう。大した人じゃないのに。女性だからかな。」という台詞を、なぜか私に向かって。

「もう管理職にするのに、人が詰まってしまっているから、年寄でなく若手から選ばないと枠が取れないかも。それか・・・、女性か。会社の思うつぼだな。」という台詞。(どういう意味か不明)

でもでも、女性陣は、もしも、それが不要な持ち上げなら、居心地の悪さを感じていると思う。迷惑。抑圧のあとの、無理な押上げ。ほうっておいてほしいのは私の世代だろうか?とにかく、入社時はひどいめにあってきたけれど。今更なんやかやいわれても・・・

自分も、相方を置いて海外へいくことになったけれど。相方は、失敗プロジェクトの補充要因として夜1時に帰ってきて朝5時に会社に出発という遠距離通勤を余儀なくさせられていて。私は、子供を産みたいから、もう少し便の良いところに、家を購入したばかりのこと。「女性だから選んどいたから」と、私の希望も確認しないまま海外赴任を命ずる偉い方の言葉は、私にとってはかなり厳しいものだった。いや、その方には、私はとてもお世話になっていて、きっとわたしにとってよかれと思ってくださったのだと、感謝しているのだが...。でも、みんなには「すごい」とか言われ、親には「勝手だ」と怒られ、迷惑この上ない。私は、普通に"生活"をしたいだけのこと。「女性だから」という理由は、本当に困ったものだと感じる。

同じプログラムの男性は、全員家族と一緒に赴任し、私は相手も働いているから独身扱いで、会社の制度は理不尽づくし。基本的には、想定されていない赴任なのだ。私だって、家族と行けるならそうしたいし、手当があれば、自腹でもっとかえったかもしれない。まぁ、つまり、下駄をはかされていても、やっぱり条件はよくないどころか、かなり悪い。働くより妻の手当の方がいいんじゃない?ってどういうこと・・・

そして、自分のチームは同世代の女性4。みな優秀だけれど、教育されていないな、と感じる。どうやってプロジェクトの課題は解決・相談するのか、プロジェクトの完成を報告するのか、どうしてここまでだめなのかしらね。平均的な男性に比べ、はるかに細かく気を配るので、プロジェクトは高い確率で期限内に完成しているのにもかかわらず。そして、仕事の内容を男性がやらないタイプの仕事に押し込められている上、一般の男性ならできなさそうな調整ごとなどは難なくこなしてし、そして前述のとおり報告がいまいちなので、評価も高くない。

ようやく、新人のころのこっぴどい差別から、少し大人になって同じレベルのことはされなくなって。また、次のフェーズでひとつ悩み。子供ができそうもないことになってまた次のフェーズも考えさせられる。きっと子供ができると別に悩んだろう。どのフェーズでも、女性であるということが面倒。昇進より、淡々と、より社会とか、会社とかに貢献して、良い結果を出す方に集中したほうがみんなハッピーなのになぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム