魅惑のドールハウス展@横浜そごう

何かストレスがたまっているらしい。たいがいは、観たい展示があっても、平日だったらあきらめるのでありますが。

なんとなく予定をみたら、毎日5-6個会議があるのに、なぜかぽっかり午前中に会議がない本展示最終日(笑)。

こういうときこそ、本当は来年度の計画を練らなければならないのだが、なんとなく力はいらないのも本当。四月からも私はどこにいるのだろう?誰か守ってくれるのかな。今までの守られ感がないのは、年齢を重ねたということかな・・・。

さて、そごう美術館のドールハウス展

普通の絵画や彫刻と同じで、コレクターという切り口、同一作家の作品という切り口とがあるのですが、そういう観点で。

世界の二大プライベートコレクターといわれているのは、イギリスのヴィヴィアン・グリーン・コレクションと、アメリカのモッツ・ミニュチュア・コレクションという2種類です。

解説によりますと、16c中頃にドイツの貴族が子女教育のためにドールハウスを作ったとなっております。スケールは1/12だそうで、今も引き継がれているとされています。

上述のヴィヴィアン・グリーン・コレクションはその流れを汲んでいるんでしょうか。今回の古いものは、18c後半~19cくらいのものがあります。ちょっと古いものは、布が傷んでいて、空き館的な雰囲気もあり、若干怖い(笑)。しかし、当時の美しさは相当なものだったでしょうね。壁にかけられた絵画や彫刻、人形の衣服、ため息が出ます。
20170131_house4 (2)_mini20170131_house4 (3)_mini20170131_house5 (3)_mini


一方で、アメリカのモッツ・ミニチュアコレクションについては、解説でも「おもちゃのおまけに惹かれてコレクションが始まった」と書いている通り、かなり違います。モッツ雑貨店、エルムウッド・スクールハウス(学校の教室)、ピルグリムの住居、モトロポリタン美術館・・・と、ポップカルチャー的なものが多く、1930年代初期のものがほとんどでした。これはこれで、面白いです。

20170131_house6 (2)_mini20170131_house6 (3)_mini20170131_house6 (5)_mini


20170131_house7 (2)_mini


それにしても、りかちゃんハウスは子供のころ持っていましたが、1/12どころではないようにも思いましたけどね。小さな日本のおうちにはおき場所がないということで、規格外になったのでしょうか。

さて、じっくりみたところで、作家の作品です。

ディケンズの家などを作っていらっしゃるスティーブ・ヒルバートの作品や、以下の農家やローカルの文化を伝えるグラハム・ジョン・ウッズの作品。
20170131_house11 (3)_mini 


それから日本人の作家さんの修復作品として、スペイン・フランス・イギリス・ドイツなどのハウスがありました。おもしろいですね。建築様式とかエレベーターとか・・・

日本人の現代作家さんの作品も素敵でしたよ~。
20170131_house_jp1.jpg 20170131_house_jp2.jpg

よい息抜きできました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク