朽木ゆり子著「マティーニを探偵する 」(集英社新書)

2002年なんて、バブルもはじけて、カクテルブームもちょっと終わってたのかな・・・なんて思ったりするけれど。

この記事が、雑誌の連載からというのは驚きです。原文まであたられているので。

発祥・名前の由来・発展などの歴史はもちろん、イギリスの首相を務めたウィンストン・チャーチルのお話とか、禁酒法のもとでのマティーニとか、シェイクかステアかとか、うんちくとして語れそうなネタが凝縮された本とも言えるでしょう~。

個人的には、各章に挿入されていた映画のマティーニのあるワンシーンをみるだけでもたのしゅうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク