記事一覧

Great Comet @Imperial Theatre

http://greatcometbroadway.com/
http://www.playbill.com/production/natasha-pierre-the-great-comet-of-1812-imperial-theatre-2016-2017

こちらも若干チケットがとりにくいものだったよう。以下の座席で1枚178USD(手数料別)だそうです。しかし、土日も出勤、寝る間もないはずなのに、ミュージカルチケットだけはとってあるのね~>相方(笑)。

建物を縦横無尽に使う変わった作り。
20170428 (19)_mini
私の目の前には花道のような通路が。
20170428 (20)_mini

観客もしばしば参加させられる演劇スタイル。青山円形劇場のア・ラカルトを見ている人なら、そこまではおどろかないでしょうが。それよりもさらに凝っています。特に前方に見える座席は、みているのかみられているのか、ドキドキしそうです。

19cのモスクワが舞台。

いくつかのサイトにストーリーがむずかしいとかいてあるのですが、Playbillに書かれている人間関係図さえおさえておけばいけるとおもいます!うら若き乙女ナターシャが、婚約者もいるのに、既婚の色男に恋に落ちたり、破れたりがメインの物語。そのあたりは単純です

音楽を演奏しながら、パフォーマンスをする。アコーディオンやギターやらを使った音楽と、コサック風のダンスだったり。

On/Offと照明を巧みに使ったいわゆるちょっとスローモーションカットのような踊りだったり。

迫力ある踊りも時々見られ、色々楽しくみられるような工夫がありました。

私は星が降るような照明の使い方が好きでしたね~。

プロデューサや、配役にもいろいろ相方と話をしましたが、ちょっとネットでチェックして書く暇がないので、今度時間のある時に。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム