記事一覧

ミュシャ展 @ 新国立美術館

中学生から一度もあっていない友人と再会することになり、ミュシャ展が選ばれました。

めずらしく、展覧会解説が詳しい。
http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/alfons-mucha/
http://www.mucha2017.jp/

スラブ抒情詩、その友人の世界史解説を聞きながらみることができ~、とっても楽しかった。日曜美術館はちゃんとみてからいったんですけれども。ひとりでみていたら、おそらく、大きい!すごい!ミュシャの絵の一番目立つのは女性の姿よね・・・というにとどまっていたかと思うんだけれども。

まず、スラブ語という言語がどう分化したのかというところからはじまります。「スラヴ式典礼の導入」の右上の四人は誰なのか?スラブ語派の国の人々なのだそうです。支配するときに、言語から支配するかどうかということが問題だったのではないかということでした。(Wikiにスラブ語派という項がありましたが、思ったより広範な地域を指すのですね)

また、フス戦争なんて習ったかなぁというかすかな記憶も残っていなかったのですが。世界史ではかなり重要らしいです。キリスト教改革派のフス派(プロテスタントの先駆)のと、それを異端としたカトリック、神聖ローマ帝国の間で戦いだそうです。

これらは、親チェコ派のアメリカ人チャールズ・クレイン(Charles R. Crane 1858-1939)の支援で書かれているそうです。なぜ、アメリカ人?ここはまだ謎なので、そのうち調べてみようと思います。

そのあとは、パリのアールヌーボーの時代。展示が時代順には並んでなかったのですが、サラ・ベルナールのポスターからはじまっていること、ロスチャイルド家がパトロンだった作品があることを知りました。我々が、どこぞの出版社だか、本屋のしおりとして手にしていたミュシャの「四つの花」や「四芸術」はサラ・ベルナールのポスターで成功したあとの作品でした。あんなに、いっぱいコピーが出ていた理由は、リトグラフに版権とかなかったのかな・・・なんて悩んじゃいますけど。ほんと、色彩も、デザイン性の高さも、よいなぁ。

20170507 (1)_mini
ちなみに、この青年は、自画像なんですって。彼、意外とカッコイイ。息子と娘も画中にでてくるんですが、とってもうつくしいです。

そして、プラハの市民会館。いつか、みにいきた~い!あ、ことし、ウィーン→プラハなんていう夏休みにしちゃおうかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム