記事一覧

Harvard Business Review 2017年 6月号 [雑誌] (ビジネスエコシステム 協働と競争の戦略)

まぁ、読んでも読んでも答えはないものです。

自分が社会にとって必要だと感じる何か、あるいは他人が必要と感じる何かを察知し、他人に必要性を訴え・・・という何か腹の底からわきあがるものがないと厳しいのではないかなと思う。

正直、異文化交流とか、ハッカソンとかいろいろあるけど、私はその効果については若干疑問ももっている。イベント-勉強会が、常に行われていることは、とても助かると思う。何かのアイディアのきっかけを得るかもしれない。会いたい人がスピーチするなら、そこにいけばいい。問題意識をプレゼンして、仲間を増やしたり、自分のやりたいことを宣伝するのも効果的かも。でも、イベントがイノベーションを起こすわけではないと思うのです。

そして、ひとつだけ、「なぜ人は昇進すると横柄になるのか」というアーティクルは印象的でした。こんな小さな世界でと日々思いつつ、どうして人々は...と思っておりました。どんな小さなことでも、既得権ってなかなか手放せないもののようです。それを平気で口に出す人もよくおみかけします。自分が享受できないそういった権利については感じるけど、自分が享受し始めたらわからなくなるのだろうか?と、自分をいましめるために。色々社会的な立場で人格が壊れていくのってこわいなと日々感じています。私は、アウトローのはずなのに(笑)。マインドフルネスがきくということで、実践できるようにしてみようかしら。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム