呉座勇一著「応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 」(中公新書)

人気だということなので、とりあえず読んでみましたぁ。

読み終わってみると、やっぱり理解できてない。

とりあえず、大乗院の門主から、興福寺別当となった、経覚によって書かれた日記、「経覚私要」や、そのあとに別当となる尋尊の『大乗院寺社雑事記』を中心に色々分析されているようです。

興福寺の時代的位置づけを理解するところで、おなかいっぱいになり、その周辺の守護たちの関係とか、まったくだめでした(笑)

しかし、あとがきを読むと、意図しなかった大反乱になってしまったというのが描かれているようで・・・。うーん、そうなんだという感じでした。

さて、いつかまた読むかしら。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク