染織史2

上代の染織
上代とは、Wikiによれば奈良時代より前という記載がありますね。そんな意味でいいのかしら。

飛鳥時代(AC6末-7C前半)
・法隆寺裂 上代の染織を伝えるうえで世界的にも貴重な文化財。
        明治10年頃東京に移送された法隆寺の献納品。
・仏教と共に、仏殿を飾る染織が伝来。
・技法
 (1).織
   絣 経絣(太子間道、太子広東ともよばれる。)
   錦 経錦(経糸に色を入れて織る。江戸時代くらいからは蜀江錦と呼ばれる)
      連珠円文 玉を重ねた紋様を連珠文、円文の縁に連珠文をめぐらせた文様を連珠円文
   羅 生糸や半練糸を用いる捩織(もじりおり)、経糸を絡み合わせた間に緯糸を通す織り方をする薄く透き通った織物
 (2).染
   纐纈 纐纈絞、鳴海絞 糸を括りつけ、染料につけて、糸を外すと、糸のついていた部分は染ま邸ない原理
   夾纈 2枚の薄板の間に幾重かに折った長い布をはさんで固く締め、板の穴から染料をつぎ掛けて染める原理
   赤い染料 茜が使われるようになる。紅より退色しにくい。
 (3)刺繍
   返し繍
   鎖繍
・具体的な文化財
 - 幡 寺の柱に掛ける組みひものようなもの。極楽のイメージ。翻ってもおかしくないような両側からみても模様が美しい
 -袈裟 罪(執着)を生ぜしめない服
      形・着用方法は、従来仏陀が着用していた衣服。インドの普段着。
      外道のものが着用する城以外の色でつなぎ合わせて方形の形を作った衣服
      一枚の布もばらばらに裁断されれば価値はなくなり人間の思惑を断ち切ることもできる。
      はぎ合わせる方法は田んぼのような形が良い
 -糞掃衣 今朝の中でも最高もの
      不浄とされている廃棄物を拾い、使える部分を洗い、はぎ合わせて作った袈裟
 -中宮寺「天寿国繍帳」 推古30年(699)、妃の橘太郎女が、聖徳太子の追善のために采女に作成させたもの
      下絵は、朝鮮・中国の渡来人によって書かれる。
      技法:返し繍
      極楽浄土の模様が描かれている。白いひだスカート(裳)や、頭陀袋、たすきのようなものなどの衣服が当時の様子を表す。
 
天平時代(-8C末)
・正倉院裂
・技法 
 (1).織
 緯錦 従来の経錦から比べると、模様の輪郭をはっきりさせ、細かい表現が可能
 複様緯錦 羅と呼ばれる技法に似ている。この表現ができたことで、錦の表現が変化。
        細い糸を使い、地を作る経糸と、模様を前に出す経糸を使うことで、輪郭をはっきりさせる。
        緯糸は変えられる。
 複様経錦 はたに経錦を取り付けるところで色を付ける
 Note:用語  経糸(たていと)=織物を織る際にタテになる糸。/ 緯糸(よこいと)=抜き糸(ぬきいと)とも言う。
 綾   従来の平地綾文綾から、綾地綾文綾へ
 綾地綾文綾
 綴織   
 (2).染
 﨟纈
 夾纈
 纐纈
 (3)刺繍
 継針刺繍 裏表両方からみても刺繍らしくなっている。
        幡(お寺の天井からつるす)のようにひるがえってみられるようなものに利用する。
 刺し繍  模様の輪郭線上に針足を揃え、内側へ刺し込む時に一針ずつ長短をつける
        鎖繍(チェーンステッチ)から変化。
 金糸の利用 当時は絹糸にコイル状に金属片を巻きつけていた。弱いので刺繍のみ使用可能。
        織物にするには弱い。現代は、糸の周りに和紙を撒いて、その上に金属を巻く。
・具体的な文化財
 -舞楽装束 襖子(あおし)・布衫(ふさん 麻などで作った単衣。襦袢の類)・半臂(はんぴ)・袍・脛裳・接腰
        伎楽(仮面劇)は、平安時代以降はすたれてしまう
        舞楽(仮面劇)は、平安時代以降も宮廷貴族の年中行事に取り入れられ、残る
 -仏教文化 幡・褥(しとね 靴下)・袈裟・調度品の袋や内張
        緯錦・三纈など、華やかな線食品が見られる。琵琶袋などがみられる
 -高松塚古墳の絵画
       裳 ひだスカート、袖が短い。下にひだがある。


平安時代
遣唐使の廃止による国風文化。伝存品なく、謎の時代

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク