記事一覧

映画「ハロルド&リリアン」

http://www.harold-lillian.com/

1950年代よりハリウッドで活躍をした、絵コンテ作家のハロルドと、映画リサーチャーのリリアンの物語。ドキュメンタリー風。

ビラには、ラブストーリと書いてあります。たしかに彼女たちの、恋愛、そして障がいを抱えた長男とのはじまり、そのあとの人生の支え合いも素敵でした。

それだけではなく、ハロルドの絵コンテの話はとても面白いです。そして、最初のころは監督にもあったことがないような地位から、監督が一緒に仕事をしたがるようになったこと。こんな風に、アングル・ショットを順番に絵コンテで全部決めていたとは~。もう映画のビジュアルは、絵コンテでほぼできてるんですね。セットにかかるコストも彼の絵コンテから計算するなんて素敵。彼の空間認識能力は、空軍での飛行機操縦の経験による、というのは、ちょっぴり皮肉なお話ではありますが。

リリアンのリサーチのお話も、ハリウッド映画界の人間層の厚さを改めて実感をいたしました。映画をリアルにする。たしかに、ちょっとした時代の統一感で、観客の映画へののめりこみ方もちがいますよ。そういった時代考証するためのエキスパートがいるなんて。大学の先生がチョコチョコと意見するようなものではなく、映画界で、映画を愛し、その世界観を作るためにどうあるべきか・・・という観点での調査をする人。

そして、彼らがペアで動くことによる相乗効果。時代に合った建物や衣裳で、絵コンテを書いていくなんて!

あぁ面白かった。ちょっとした博物館に入ったような気分でした。
スポンサーサイト

コメント

No title

うわ、これ、面白い。トレイラーだけで面白い。(^^;

絶対見ます。ありがとうございます。

No title

ハロルド&リリーが関わった作品群を見たら、どれも映像的にも印象的で素晴らしい名作ばかりでさらに感動。

Re: No title

> ハロルド&リリーが関わった作品群を見たら、どれも映像的にも印象的で素晴らしい名作ばかりでさらに感動。

ぜったいみてください!Jack and bettyでやってます。多くの側面で面白かったです。もうハロルドさんはいらっしゃらないみたいなので、インタビューがリリーがメインなのがさみしいですが。

今、ファウンダーというマクドナルドの初期立ち上げのころの映画が気になってます。いけるかな、いかないかな。三菱一号館美術館にも行きたいし、本もあれこれみんな読みかけで読み終わらない私です...。どうなってるんだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム