記事一覧

初高知&松山 4,5日目 - 道後温泉

あまりにふなやのお湯が良かったので、朝晩はいっており、道後温泉本館のお湯は頂かなかったのですが。

やっぱり、これはみないとね・・・

そういえば、道後温泉本館は長年にわたり公衆浴場と親しまれてきたのですが、基礎部分が劣化しているため、大規模な耐震補修改修工事されるようです。観光の足が遠のくということで部分閉鎖にして順次工事をすることが決定らしいです。何年間なんでしょうか。

というわけで、道後温泉本館にある日本唯一の皇室専用浴室と黄金の間を拝見。明治32年(1899)築、皇室専用の東側の御成門があります。おもしろいですね。正面から入ると、一段上にあるようなお部屋が、実は東側は坂の上なので皇室専用門なんですって。
20170905_10.jpg 20170905_11.jpg

ぐるっとまわると、ここが皇室専用門です!
20170905_8.jpg

そして、桃山風の豪華な金箔が張り巡らされたお付きの方の控えの間(御居間)、一段高い玉間があり、奥に皇室専用の浴場があるのでした。

皇室専用の浴場は石で作られており、その中にヒノキを組んではいられたとのこと。どこまでお水を入れられたかわかるんですよと色が変わっているところを指さして、解説員さんが教えてくださいます。

また、とても深いお風呂なんですが、階段状になっていて、ここを下っていかれたのだなと思います。お風呂の前には小さなお庭があるのですが、お風呂に入るとご覧になれないのでしょうか。はたしてここでリラックスできるのでしょうか、私には皇室の気持ちはとてもわかりません。たしか、過去2回しかお風呂は利用されていないとか言うお話だったと思います。記憶不鮮明。

最後に、砂を敷いたお手洗い拝見。過去使われたことがないからきれいですよって(笑)。

ちなみに、ふなやさんに、今の皇太子さまと雅子さまのいらしたお写真がありましたよ。
20170905_6.jpg

お風呂がいろいろなところにひけるようになったからですかね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム