FC2ブログ

記事一覧

物見遊山好き

ここ数年、年何回か、京都でボランティアをしております。

文化財の調査というか、お掃除と、データ化という感じのことをします。私は学がないので、あまり役に立たないのですが、私たちは、箱を開けてきれいにして、わかる情報を文字化したり、サイズを測ったり、写真撮ったりして、またしまうというような。

調査させて頂いているいくつかの場所のうち、お気に入りの場所があります。

明治以降のものが多いのですが、とにかく美しく、鑑賞するのが楽しいのです。勿論、緊張も致します。今回は、陶器もあるということで、かなり緊張しました。台風のおかげで延伸。

そして、私が好きな理由のもうひとつは、その所有者の方におあいすること。今までひとりで整理なさってきたけれど、これから先この財産を後世に残すにはどうすべきなのかという思いがおありだと、私は理解いたしました。生まれながらに背負ってきたたくさんのモノ。そして、そのモノにまつわる、ご両親やそのまたご両親から聞いた記憶、残っているお手紙や文書からひもといた歴史を、お話しくださいます。その工芸品がどうしてそこにあるのか考えさせられるのでした。自分が見聞きしたことを、書き残せないことが、とても残念です。もちろん、"正確に"は覚えていることができませんし、取材となったら、ご説明いただけないことなのでしょうけれども。とても裕福な家庭に育たれていたであろう老紳士で、飾ることもなく、サバサバしていらっしゃる感じが、とても素敵です。

彼のお話を伺っていると、文化財は、文化財になるために作られたわけではないのだなぁと改めて思わされるのです。でも、それらに少し近づこうとしたら、これを維持するには大変なお金のかかることだと学ぶことになりました。そして、さらには、もっとさかのぼることになろうとは・・・。

たまたま最近の読書の好みは近現代あたりなのです。奈良・平安・鎌倉・・・くらいまでの残っているものとは違う理由で生まれてきたもの。そして、今まで守られずとも引き継がれてきたが、丁度100年くらいたって、だんだんそれらを守る手段を講じなければならないころになってきたということなど、新しい取り組みなのかなという気がいたします。

本当に、こういう営みって、素直に面白く、関わらせていただけることに感謝しております。でも、本当は、もっと、私は、これを維持するお金に変えることをやってみたいな・・・と思うことがあります。私の信じる価値というのが、世の中にはどうおもわれるかわかりませんが。

あぁ、関東でもやってみたいですねぇ。でも、京都だからこそあるのかしら。お金がなくて、手のつかない色々なもの、あるんじゃないかしらって思うんです。

わたしという人間のかかわる価値がどれだけあるのかはわかりませんが。物見遊山好きなだけで、あまり学がない私ですからね。

何を勉強しようかな。色々悩みながら、やはりもっと勉強しなければ。

55歳までにやりたい候補、やっぱり、ヨガ、農業、そして、文化財に関わる何かの活動。でも、生活の糧はやっぱりITなのかな。どういきていきましょう。最近、55歳時点の預金額を試算して・・・まだ引退というわけにはいかなさそうだなと思うわたくし、生きる糧も考えつつ・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム