FC2ブログ

記事一覧

コンセルトヘボウ @ サントリーホール

今年最後のオーケストラ。

指揮:
ダニエレ・ガッティ  
ヴァイオリン:
フランク・ペーター・ツィンマーマン 
曲目・演目:
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.61
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 op.68


先日と同じ、二階席の左の隅の一番奥。なぜかくる、ここまで弦の波動が。なぜなの。新しい座席配置のせいなのか。それとも?

ツィマーマンさん、アンコールのバッハなんて、バッハというより、なんだか自由な感じがして、とても楽しかったでした・・・。もっと近くで聴けたら!と思いましたよぉ。振動を肌で感じたい。

個人的に、音についてはカヴァコスさんの音のほうが好きな気がしましたが。カヴァコスさんの方が音が柔らかいというのでしょうか。

でも、エナジーが違うんです。コンサートの後、ツィマーマンさんは、挑発的(笑)という言葉をどなたかからお伺いしましたけれども。テクニックがとてつもなく完璧で、演奏にもチャレンジしたい方なのだとか。私には、テクニックは分かりませんが。ただ、伸びて迫りくる感じと、とっても楽しそうな感覚がありました。

そして、ブラームス。ガッティさんの指揮、私には面白い。

オーソドックスなブラ1とは、呼吸が違うんですよねぇ。テンポも、間合いも、少しずつ自分の感覚とずれる。聴いていて、え、え、え~って感じです。不快ではないのだけれど、そうなの!?。シートの位置のせいで、ビジュアルが早く来て、音が来る感じがするので、そのせいも若干あったのかもしれません。

シャイー様から、ヤンソンスさんのときも、あまりの違いに慣れるまであれこれかかったのですが。また、ヤンソンスさんから、ガッティさんも・・・、もう全然違うので、びっくりです。

オーケストラがこんなに、指揮者で変わるというのも、驚きです。何が違うかなんて語れないですけどね。

私は音楽ファンとは言えなくて、ちょこちょこ聴くだけだけなので、のろまな私ですが・・・同じオケをずっと聴くって面白いことなんだな、とようやくわかる今日この頃。歴史学も同じ、ちょこちょこ聞き続けることで、学問の進化をじわじわと感じるって楽しいなと感じています。若いころ、もっと勉強しておけばな、というのはさておき。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム