記事一覧

京都-節分祭

吉田神社に、節分祭というのにやってまいりました。

どうやら2月3日の土曜日が、本番の午前8時 節分当日祭 本宮・大元宮というものらしいのですが。

その前夜祭2月2日の金曜日はこんな風に進行するようです。
午前8時    節分前日祭         本宮・大元宮
         疫神祭            大元宮中門
午後6時    追儺式(鬼やらい神事)  本宮前 舞殿

追儺式(ついなしき)は午後6時本宮で行われるそうです。「鬼やらい」と呼ばれるそうです。

平安朝の初期より毎年宮中にて執行されていたものを、古式に則って厳修に伝承・継承されており、古の趣を現在に伝える数少ない神事の一つ。

その儀式は、大舎人が黄金四つ目の仮面を被り、玄衣朱裳を着装し、盾矛をとりて方相氏(ほうそうし)となります。侲子(しんし※人偏に辰)という小童を多数従えます。陰陽師が祭文を奏し終えれると、方相氏大声を発し盾を打つこと3度、群臣呼応して舞殿を巡ります。最後に上卿以下殿上人が桃弓で葦矢を放ち、疫鬼を追い払うというお祭りだそうです。 平安京鎮護の神として、また全国の神を祀る社として、鬼すなわち悪神を追い払い諸人の不幸を除いて、人々の幸福と平和な生活を願います。

私たちは前夜祭ということすら理解しないまま、どこにいてよいかわからない状態でした。とりあえず、本宮でお参りをしてから、おみくじを引いて、先輩方のいうベストポジュションであるという坂の途中にまいります。5時半くらいから立ちます。坂には、ロープが張られ、その両側に人がたくさん連なっております。あまり山の上に人が連なると、そこには上らないでくださいと、例年は怒られるとか言うご説明をうけながら。

6時を過ぎるとなんとなく、お祭りの関係者が坂の上から降りてまいります。
20180202-0204-kyoto (13)_mini

そして、うだうだと待っていると、ほら貝の音が聞こえてきます。
20180202-0204-kyoto (16)_mini

松明を持った人々
20180202-0204-kyoto (19)_mini

そして、これが方相氏なんですね。四つの眼は、方角を示しているんでしょうかね。そして、彼は、鬼ではなく、鬼を退治する方なのだそうです。
20180202-0204-kyoto (20)_mini

松明の後ろを消防係や、京都府警もたくさんいらっしゃいました。笑えますね!
20180202-0204-kyoto (21)_mini

赤鬼、青鬼、黄鬼さんが順番に吠えながらおりていらっしゃいます。この金棒をふりまわし、ガオォ~と言うので、泣き叫ぶ子供たちもいますよ。私たちの横にいた子供もあとずさりしていました。
20180202-0204-kyoto (22)_mini20180202-0204-kyoto (26)_mini20180202-0204-kyoto (28)_mini

しばらくは、このまま・・・待ちます。この位置からは、鬼がしばらく暴れているのを除き、何も見えません。方相氏大声を発し盾を打つこと3度、群臣呼応して舞殿を巡るということが行われているそうですが。最後に上卿以下殿上人が桃弓で葦矢を放つ、ということを、るというのを、本宮のほうでやっているようです。
20180202-0204-kyoto (32)_mini

疫鬼を追い払われるようで、最初は元気だった鬼も、すごすごと帰っていきます。帰りは、ほら貝は女性が吹いていました。ここ数年は帰りは女性だったね、というのが先輩のお言葉です。
20180202-0204-kyoto (33)_mini

これで、全員が通り過ぎると、ロープが取り払われ、終わりだそうです。やれやれ、コミコミの道を歩きます。

タクシーに乗り込むと、タクシーの運転手さんが、この豆まきのくじびきについてお話してくれました。車が一等なんですけれど、買いましたか?とか。このあたりじゃ、一番すごいくじなんだよって話だけれど、だれかあたったってきいたことないよねとか言うお話。

豆をまくお祭りしか知らないので、とってもたのしうございました。

年に5回は京都に来ていてもお寺に籠っていると思っていたけれど、よく考えると、時代まつりとか、なんやかんや体験しているのに、メモしてないですね。時代まつりは、少なくとも2回は見ているのに、2回ともメモしていない。不思議。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム