記事一覧

西尾道徳著 「有機栽培の基礎知識」 農文協

我ながら、流行が来る予兆を無意識に察知しているのかと思います。

きてますね、有機農法。新聞にも記事増えてますし。

この本は、日本がいかに有機農法の作付面積が少ないとか、日本の有機/オーガニックの定義のあいまいさとか説明しています。やはり、日本の農業の仕組みによるところが多いのでしょうか。

文化財のデータ化のこと、有機農業のこと。きっとちょっとくすぶっている流行あたりに、無意識にのっていくのは、私の性分なのかもしれません。しかし、どうしてか流れと違うところに着眼してしまうという、悩ましさ。要するに、業界の仕組みの中に自分がいないだけに、こういうことできたらいいなってシンプルに思っちゃうんでしょうね。会社員ですから、今できている仕組みを壊すのがどれだけ大変かっていうのを理解していて、そこを切り抜ける革命を自ら率いるなんて考えられない、甘い甘い私です。誰かやってくれたらついていきたい。。。(もちろん、文化財の方もですけれど)

有機農法のようなものほど、よりデータが役に立つような気がします。大規模農業はシステム化されています。有機農法は、大規模化されていない可能性もあり、露地栽培も多そうだからこそ、ノウハウが重要そうだなぁと、常々思っておりました。

この本を読んで、ここまで学問として研究されているのであこれをノウハウ化したりするもう一歩。おもしろそうです。Rasberry Pieをもう一回インストールしなおしたいですわぁ。やることがたくさんありすぎて、悩みます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム