今村ひとみ著「教育はよくなっているのか?: 現職教師が語る"不都合な真実”」

教育は、未来の子供たちに影響することだから、とても重要な話題だし、課題だと考えます。

貧困家庭、学習障害、目次にあるどの項目も、少なくとも自分の児童だった頃には起こっていたと感じています。当時長時間労働はあったかわかりませんけれども。ようやく、学校の問題が、表に出始めたというのが真実のような気もいたします。

また、教員という観点で現れてくる奥底に、日本の社会の問題の本質が潜んでいるような気がいたしました。ニュースでは、ここまでまとめて目にすることはないので、本のような形で読むのはよいと思いました。

少しずつこうして現場から問題解決しようという声があがるのはいいですね。また提言があるのも。

民間企業に勤めていますが、変えたいと思わないことが怖いと思うわたくしです。

毎週NHKは、朝から、暗い特集。お墓のこと、老人の生活。ボケてしまったら、病気になってしまったら、先の不安ばかり考えて生きていたら、生産的な発想が生まれてこないような気がします。

60才まで毎日必死に働いて、身体も弱って、病気がちな余生。親の介護で、自分の老後の貯蓄が残るかもわからない。子供はいない。いくらためても、いつ死ぬかわからない、恐怖におびえて、必死にお金ためて・・・。っていうなんとなく利己主義を促進するような・・・。社会がそうなれば、その影響を学校もうける。

できれば、60才超えても健康で、できるだけ最期まで自分の生活を支えるような生産をできるような生き方をできないかなぁ・・・と願いますが~。

日本の未来をポジティブに考えるのは楽しいですね。

ブリア サヴァラン著 「美味礼讃」 岩波文庫

最近読んだ本に引用されていたので手に取りました。

岩波文庫、翻訳は1962年くらいなんですかね。もう少し新しいものを買えばよかったでしょうか。

出だしの「本を書くにあたっての経緯」を読むだけで、微笑んでしまう私です。高校時代は、倫理の資料集に出てくる引用書籍を片っ端から読むというわけのわからないことを楽しんでいましたが。しばし忘れていた、あのとき感じた愉快な気分を思い出しました。あの時もう少しまじめに世界史を学んでいれば、もっと違う世界が広がっていたのにね、というのはさておき。長いこと忘れていた世界観です。

サヴァラン氏は、1755-1826年の方らしい。名前は、あのケーキのサヴァランの名前の由来も彼にあるらしいですね。最近、アルコールヒタヒタのケーキをみかけることが少なくなりました。

フランス革命前後にこんなことを書いていたり、ニューヨークをぶらぶらしていた理由はなんなのだろうと、Wiki Pediaをみてみました。「革命末期、自分の首に賞金がかけられたことを知ったブリア=サヴァランは、まずスイスに亡命。後にオランダ、生まれたばかりの東部アメリカへと亡命。アメリカには3年間滞在。その間、フランス語とヴァイオリンの教師としてボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、ハートフォードを渡り歩く。ニューヨークのパーク・シアターでは第一バイオリンを務めたこともある。」とありました。なるほど。そのあと、パリに帰って亡くなる直前、1825年くらいに本著作を書いているようです。

取り扱う内容は、栄養学のようなもの、食材についての説明、健康-もちろん肥満と拒食、歴史、多岐に渡ります。自分の経験に基づく話がはしはしに挿入され、エッセイとしても面白いです。「世間には、生まれつき鋭敏な器官ないし持続的な注意力を持たない人がいる。・・・」なんて書いちゃっているその感覚ももちろん楽しいです。

そして、あとがきを見てびっくり。花森安治さんに勧められて翻訳されていたのですね。普段みていない朝ドラですが、「とと姉ちゃん」だけは、当時夜の再放送を見ておりました。ふぅん、花森氏、こんなのも読まれていたんですね。

池田理代子 「ベルサイユのばら」 11-13

友人が貸してくれました。中学生以来はじめてあったのに、借りるなんて!またすぐあわなきゃ~(笑)。

とりあえず、この11-13巻はエピソード編ということになっているらしく、読みきりの物語です。

11巻エピソード1は・・・少女漫画の歴史的名作『ベルサイユのばら』が連載終了から40年余の時を経て、ついに蘇る! アンドレ、ジェローデル、フェルゼン、アラン…オスカルを巡る人々のその後や、知られざる過去を描いた新作エピソード4編を収録。

12巻エピソード2は・・・約40年の時を経て、再び動き出した「ベルサイユのばら」エピソード編の2冊目となる今巻には、ジェローデルの瞳に映った革命までの日々、そしてオスカル誕生にまつわる秘話を描いた大長編エピソードを収録。

13巻エピソード3は・・・約40年の時を経て、再び動き出した「ベルサイユのばら」エピソード編の3冊目となる今巻には、ファン待望の「オスカル編」「マリー・アントワネット編」の2大長編エピソードを収録。

13巻のオスカル編には、一番目が点になりました。けど、まぁ、わかるようなわからないような。いえ、ネタバレするのでこれ以上は書けませんが。オスカル像がいっきに崩れました。

最後のアントワネット編はブレゲ “No.1160 マリー・アントワネット”にまつわるお話です。そんな時計があったことすら知りませんでしたので大変興味深く拝見いたしました。

これらはみんな池田さんの中で温まっていたのでしょうか。やっぱり、1-9巻をもう一度読みたくなりました。だって、隠れた物語、今なら読めそうですもの。復刻版だの、Kindle版だの、文庫本版だのいろいろあるんですね。ううう。悩みます。

池田理代子 デビュー50周年記念展 -べるばらと共に-

20170422_takashimaya_mini.jpg



著者のビデオを最後に拝聴して、もう一度読みたくなりました。どうしましょう・・・。でも、漫画って場所を取るんですよね。

そのビデオで、ベルバラに込められたメッセージを知ったためです。自立ということ。また、2つの大きなテーマがあるということ。ひとつのテーマはアントワネットの自分に目覚める最期。

驚きでした。小学生の私にとっては、ただの漫画としか受け止めていなかったので、そんな情熱で取り組んでいらしたとは。オルフェイスの窓も高1で読みましたが、そんなメッセージも入っていたのかしら。

池田さんのとてつもない人生も語られました。親に勉強などしなくてよいと言われても進学、学生運動、自立のために親の仕送りを断ち切って漫画を描き始めるたそうです。我々の親の世代なのですね。父も、どうやら、学生運動のさなかに大学にいたようです。私がそんな彼の話を聞くこともなく、彼はこの世を去ってしまいましたが...。我が家は貧乏でしたが、私の世代としてはいかにめぐまれているかを考えさせられちゃいました。こういう方たちのおかげなのですね。

また、池田さんが成功して、長期連載の権利を得たとき、ベルバラの企画をだしたそうです。「少女コミックに、歴史物は流行らない」と反対されたそうです。それでも、「流行らせてみせる」という風に言い切って、この企画を実現したというお話。だって、こんなに自分が面白いと思うことを書くんだからっておっしゃるのは、やはり熱い思いあってこそなのかなと。

原画を拝見しながら、記憶より絵がきれいだったと感じました。時代にあった絵を描かれているというのが流れでわかるような、ごく最近までの絵が順序良く展示されていましたよ~。

ベルバラを知らなくても、池田理代子さんを知りたい方、観る価値ありです。混んではいましたが、見えないほどではなかったです。割と皆様列をなして、ゆっくりごらんになっていました。

宮本直美著「コンサートという文化装置」

宮本直美著「コンサートという文化装置

クラシックファン必見。

いやぁ、私って、うんちく苦手なもので。ワインも、音楽も、好きだけど、苦手意識高いんですよね。うんちくおぼえられない。おいしかったり、楽しかったり、感動するだけじゃダメですか?あの各楽章の間に咳をゴホゴホするのもなんか変な感じでしょう(笑)。

本では、19Cくらいからあとを中心に語られています。当時、オペラ、交響曲がどのように演奏されていたかかかれています。今のように交響曲が全部続けて演奏されることはなかったこと。もっと騒がしく聴いていたこと。そもそも、一番よく聞こえるわけでもないボックス席は、聞く場所ではなく、見せる場所だったこと。モーツワルトが神童というのも、ある意味「見世物」的な意味で神童と呼ばれたなんていうお話は、今までの理解をかえてくださいました。バッハの公共強を書いていない理由なんて、てっきりまだ交響曲がないからと思っていたら違いました。

観客が沈黙するようになった理由、交響曲が通しで演奏されるようになった理由、繰り返し聞かれることの意味、教養・ステイタスとしての位置づけへの変化する理由などが個人的には面白く感じました。当時の演目や、パンフレットに記載されている内容や、その他の論文の引用などから検証していきます。

これから先、ネットワークやコンピュータを通して発されるオーディオや映像の質-いわゆるヴァーチャルリアリティの質が上がった時、何が起こるんでしょうね。舞台とか、存在しうるのでしょうかね。

でも、そうやって変化するのが面白いなと、最近思います。文化遺産とタグをつけても、お金がなければやはり手放さざるを得ないです。その時代にあった位置づけをうみださなければ、ただの荷物になってしまい、最後は捨てざるを得ないのだろうと思います。

歌舞伎も、大衆芸能から、明治時代に高級化されました。繰り返し演じられる古典と、新作と。新作は、繰り返されるうちに、きっと古典になります。私はやっぱり古典が好きです。浄瑠璃の中に(昭和生まれの私から)観る江戸時代理不尽とか、正義とか、それが私には面白いですし。見目麗しかったり、美しい衣装だったりも、楽しいですけどね。一方、新作は、歌舞伎である必要性・・・現代劇ではダメな理由がわからなくて。これから先どうあるべきかなんていうのも、まだまだ楽しみですぅ。
プロフィール

M

  • Author:M
  • Yogi目指して、ほへ~っと。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク